モクセイ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モクセイ属
Osmanthus × fortunei 6.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: ゴマノハグサ目 Scrophulariales
: モクセイ科 Oleaceae
: モクセイ属 Osmanthus
学名
Osmanthus Lour.
  • 本文参照

モクセイ属(モクセイぞく、学名:Osmanthus、和名漢字表記:木犀属)はモクセイ科の一つ。

特徴[編集]

常緑高木または低木雌雄異株は対生し、単葉で革質、縁は鋸歯があるか全縁になり、葉柄がある。は小型で葉腋に束生または短い総状花序につき、秋に開花し香気があるものが多い。花冠は4裂し、短い筒部をもつ。雄蘂は2個まれに4個。子房は上位で2室。果実は楕円形の核果となり、果皮は厚く、ふつう種子は1個ある。

アメリカに2種、アジアに20数種が知られる。日本には6種が自生し、いくつかの栽培種がある。

[編集]

日本の自生種[編集]

  • ヒイラギ Osmanthus heterophyllus (G.Don) P.S.Green
  • リュウキュウモクセイ Osmanthus marginatus (Champ. ex Benth.) Hemsl.
  • シマモクセイ Osmanthus insularis Koidz.
    • ヤナギバモクセイ Osmanthus insularis Koidz. var. okinawensis T.Yamaz. -絶滅危惧IB類(EN)
  • オオモクセイ Osmanthus rigidus Nakai -絶滅危惧IB類(EN)
  • ヤエヤマヒイラギ Osmanthus iriomotensis T.Yamaz.
  • ナンゴクモクセイ Osmanthus enervius Masam. et K.Mori -絶滅危惧II類(VU)

栽培種[編集]

  • アメリカヒイラギ Osmanthus americanus (L.) Knobl.
  • モクセイ(別名:ギンモクセイ) Osmanthus fragrans Lour. var. fragrans
    • キンモクセイ Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino
    • シロモクセイ Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino f. leucanthus T.Yamaz.
    • ウスギモクセイ Osmanthus fragrans Lour. var. aurantiacus Makino f. thunbergii (Makino) T.Yamaz. -準絶滅危惧(NT)
  • ヒイラギモクセイ Osmanthus × fortunei Carrière

参考文献[編集]