モササウルス族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モササウルス族
MosasaurMaastricht080910.JPG
正面から見たモササウルスの骨格。マーストリヒト自然史博物館
地質時代
後期白亜紀, 85.8–66 Ma
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Lacertilia
: モササウルス科 Mosasauridae
亜科 : モササウルス亜科 Mosasaurinae
: モササウルス族 Mosasaurini

モササウルス族 (Mosasaurini) は、後期白亜紀に繁栄した海生有鱗目モササウルス科モササウルス亜科の族。本族の属は北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、オセアニアから産出しており、本族の可能性がある化石はアジアからも産出している[1][2]。本族に含まれる属にはモササウルスエレミアサウルスプロトサウルスプレシオティロサウルスがいる。歴史的にはさらに包括的であり、プレシオティロサウルス [3]リオドンクリダステス[4]といった、一般的には基盤的モササウルス亜科に分類される属を含むこともある[5]

モササウルス族は高度に派生した肉食性のモササウルス科であり、そこに分類されるプロトサウルスは遊泳速度を向上させる特異的な適応を果たした属であり、モササウルスはモササウルス科の中で最大の属である。

形態[編集]

モササウルス族は派生的モササウルス亜科モササウルス科爬虫類である。本族には既知のモササウルス科で最大の種である全長12メートルを超すモササウルス・ホフマニが含まれるが、このような体格は本族はおろかモササウルス属の中でも異様であることに注意されたい。他の大型モササウルス族には全長約8メートルのもの(プロトサウルスエレミアサウルスおよびモアナサウルス・コノドン)や、小さいものでは全長5 - 6メートルのもの(モササウルス・ベアウゲイとモササウルス・ミズーリエンシスなど)がいる。

Russell (1967) では、尾椎が12本以下であること、橈骨尺骨が前腕孔の遠位境界において手根骨により広く分けられることでモササウルス族がまとめられている[4]。プロトサウルスがモササウルス族に分類された際、プロトサウルスが12本の尾椎を持ち、さらに頭骨と尺骨が前腕孔の遠位境界において手根骨の上でほぼ接していることから、この定義は機能しなくなった。ラッセルはプロトサウルスを自身の族であるプロトサウルス族に分類し、さらにティロサウルス族のタニファサウルスもそこへ分類した[4]。しかし近年の系統解析ではこれは支持されていない。

後に提唱された定義は、グロビデンス・ダコテンシスを含まないがモササウルス・ホフマニを含む最も包括的なモササウルス亜科の分類群、という系統に基づく定義である[6]

種と分類[編集]

モササウルス族

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Fossilworks: Mosasaurini”. fossilworks.org. 2017年9月22日閲覧。
  2. ^ Fossilworks: Plotosaurini”. fossilworks.org. 2017年9月22日閲覧。
  3. ^ Grigoriev D. V. (2013). “Redescription of Prognathodon lutugini (Squamata, Mosasauridae)”. Proceedings of the Zoological Institute RAS 317 (3): 246–261. 
  4. ^ a b c Russell, Dale. A. (6 November 1967). “Systematics and Morphology of American Mosasaurs” (PDF). Bulletin of the Peabody Museum of Natural History (Yale University). http://peabody.yale.edu/sites/default/files/documents/scientific-publications/ypmB23_1967.pdf. 
  5. ^ Simões, Tiago R.; Vernygora, Oksana; Paparella, Ilaria; Jimenez-Huidobro, Paulina; Caldwell, Michael W. (2017-05-03). “Mosasauroid phylogeny under multiple phylogenetic methods provides new insights on the evolution of aquatic adaptations in the group”. PLOS ONE 12 (5): e0176773. doi:10.1371/journal.pone.0176773. ISSN 1932-6203. PMC: 5415187. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5415187/. 
  6. ^ Madzia, D.; Cau, A. (2017). “Inferring "weak spots" in phylogenetic trees: application to mosasauroid nomenclature” (PDF). PeerJ (5): e3782. doi:10.7717/peerj.3782. PMC: 5602675. PMID 28929018. https://peerj.com/articles/3782.pdf.