モザンビークの音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

モザンビーク音楽この国の文化にとって重要な位置を占めている。伝統音楽はバントゥーの特徴を持ち、主に北部ではアラブの影響を受け、通常は社会的な儀式に伴うために行われ、ダンスのバック音・音楽グラウンドとしても使用される。

概要[編集]

モザンビークのポピュラー音楽は伝統音楽にルーツを持っているが、外国文化から導入されたリズムとテクノロジーが用いられることも多い。ポピュラーのジャンルの中でよく知られたものは、国土南部起源のマラベンタ[1]であり、ダンス音楽としてだけではなく、しばしば社会性が含まれた歌詞を持つ。ショペ人の伝統楽器ンビラは、2005年にUNESCOによって人類無形遺産と看做された。70年代にもアフリク・シモーネのような人気歌手が存在した。

モザンビークの若者向け音楽の幾つかの音楽様式の中には、マラベンタヒップホップ、パサーダ、R&B、ドズクータなどが挙げられる。国内で人気のあるアーティストはアザガイア、MCロジェールネイマ、ダマ・ド・ブリング、デニー・OG、エスタカ・ゼロ、グプロ、マエル、リージャ・ジャメス、トリオ・ファン、イズロ・H、ドリフタ、イヴェス、ドパス、エルミニオなどである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Prisco, Jacopo (2015年1月27日). “Dance 'til you break: exploring Mozambique's Marrabenta”. CNN. 2020年1月7日閲覧。