モザンビーク女性機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

モザンビーク女性機構(ポルトガル語: Organizaçao de Mulheres de Mozambique英語: Organization of Mozambican Women,OMM)はモザンビーク政府内部の組織。女性権利に関する事項や職業教育について取り扱っている[1]モザンビーク独立戦争中の1973年モザンビーク解放戦線(FRELIMO)の内部組織として発足し、独立後の1990年与党となったモザンビーク解放戦線から分裂して新たな組織として結成されたが、1996年に財政的な理由により政府機構の中に吸収された[2]。吸収されたことによって組織の財政的な問題は解決したが、その独立性が失われ政府に対する批判的な論調を表すことについて大きな足枷となっている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Culture of Mazombique,2010-01-17閲覧。
  2. ^ a b ニッキ・ファンケ、フセイン・ソロモン著・藤本義彦訳「アフリカの「影の国家」:国家主義から市民社会へ」、『アフリカ国家を再考する』所収、2006年、晃洋書房、pp155-170