モスクワ条約 (1921年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
モスクワ条約(1921年)
400
協議中の両代表団: ルザー・ヌール、ユースフ・ケマル (テンギルシェンク)、アリ・フアト (ジェベソイ)ゲオルギー・チチェーリン, ジェラール・コルクマゾフらが確認できる。
通称・略称 「ブラザーフット(兄弟分)条約」(Treaty of Brotherhood)
署名 1921年3月16日
締約国 トルコ大国民議会アンカラ政権)と、ウラジーミル・レーニン指導下のボリシェビキ政府
主な内容 友好条約
関連条約 カルス条約Treaty of Kars
テンプレートを表示

モスクワ条約(モスクワじょうやく、ロシア語: Московский договорトルコ語Moskova Antlaşması)は、1921年3月16日に、ムスタファ・ケマル・パシャ指導下のトルコ大国民議会アンカラ政権)と、ウラジーミル・レーニン指導下のボリシェビキ政府が締結した友好条約である。 締結の時は、トルコ共和国ソビエト連邦の両国が正式に成立する以前である。この条約は、1921年10月23日カルス条約Treaty of Kars)によって強化された。

別名「ブラザーフット(兄弟分)条約」(Treaty of Brotherhood)。

文献[編集]