モスボール (軍事)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
かつてサスーン湾にあった"幽霊艦隊" 。これらの実態は、モスボール中のアメリカ海軍予備艦隊であった。2008年撮影。
フィラデルフィア海軍工廠でモスポール中のアメリカ海軍予備艦隊の軍艦3隻。右から順に、戦艦アイオワ、戦艦ウィスコンシン空母シャングリラ。1978年撮影。
上に同じく、1982年撮影。

軍事分野等でいうところのモスボール: mothball [1])とは、兵器などの機器を予備役にすること[1]。具体的には、再使用を考慮して極力劣化を防ぐため、開口部を防水加工し保管すること。ドイツ語では "einmotten日本語音写例:アインモッテン)" がこれに当たる[2]

長期に亘って使用予定がなく、人の出入りもないと分かっている場合には、内部に窒素を充填して完全に密閉し、金属部材の腐食)を防ぐ処置を併せて行うこともある。

軍用機などを再使用を考慮して極力劣化を防いで保管することも指す。軍用機の保管にはレーダー無線機などの電子機器およびエンジンは取り外して別に保管する。

[編集]

"mothball" という英単語は、「を防ぐために布の間に保管されたナフタレンボール」を指す普通名詞として、[ en: moth-ball < moth ball < moth(蛾)+ ball(球)]という語構成でもって1891年初出している[3]。「使わずに保管しておく」「長期間使用しない」などといった意味をもつ比喩表現 "mothball" は、上記の普通名詞から派生して1901年に初出する[3]。また、「保管する」という動詞 "mothball" は1902年に初出している[3]。軍事分野における初出は1946年アメリカ合衆国にあり[3]、つまりは、第二次世界大戦の終わりになって軍艦戦後の扱い方について具体的に検討され始めた時期のことであった[3]。以上は、『オンライン・エティモロジー・ディクショナリー[3]に基づいて紐解いた。

他方、『英辞郎』では「(不用品などが)仕舞い込まれて」を意味する英語の "in mothballs" から派生した語[1]としている。"mothball" の原義は防虫剤であり[1]、日本語でも音写形「モスボール」がそのままの意味の外来語としても通用する[1]

船舶[編集]

アメリカ合衆国では、軍艦は海軍予備艦隊、民間船舶は国防予備船隊としてモスボール保管を行っている。これらは、必要に応じて現役復帰したり、海外に売却されたり、あるいは実艦標的として海没処分となる。例えば、第二次世界大戦終結時に日本の降伏文書調印式に使われた戦艦ミズーリ」は、朝鮮戦争後の1955年2月26日に退役した後、長らく記念艦として一般に公開されていたが、31年後の1986年5月10日に再就役している。

航空機[編集]

AMARGでモスボール中の軍用機。手前の1機はUH-1汎用ヘリコプター、奥は全てF-4ファントムII戦闘機。2005年撮影。
AMARGでモスボール中のF14トムキャット戦闘機。2007年撮影。

アメリカ合衆国アリゾナ州デビスモンサン空軍基地にあるAMARG英語版では、[いつ?]時点で4,400機に上る軍用機が保管されている。主な機体は、T-33練習機(1948年運用開始)、B-52爆撃機(1955年運用開始)、C-130輸送機(1956年運用開始)、UH-1汎用ヘリコプター(1959年運用開始)、F-5戦闘機(1959年初飛行)、F-4戦闘機(1960年運用開始)、F-16戦闘機(1978年運用開始)などである。

これらの機体は、スクラップとして解体または補修用の部品取りになるか、旧式機は新型の対空ミサイル電子戦装置などの自己防御システムのテスト用の標的機となることが多いが、保管状況のよい機体は損耗補充で復帰したり[4]、他国への供与、売却、民間への払い下げが行われることが多い。日本の海上自衛隊が平成23年度(2011年度)補正予算で購入したC-130R輸送機もモスボール保管されていたものである[5]。また、旧式のレシプロ機や練習機COIN機に改造されて売却されることもある。

航空自衛隊では、余剰機や試作機が予備機扱いとなってモスボール保管される場合が多い。F-4EJ戦闘機がモスボール保管され、その後、RF-4EJに改造されたこともある。T-2CCVは、岐阜基地にてモスボール保管中。そのほか、部品単体でモスボール保管されている場合もある。一方、陸上自衛隊海上自衛隊では余剰機のモスボール保管は基本的に行わず、部隊間のローテーションにて運用している。

銃器[編集]

軍の場合、生産数の多い銃器などは、一定数が保管されることはあっても保管や管理に関する費用が調達費用を上回る場合が多く、基本的には廃棄処分となる。

陸上自衛隊では退役した12.7mm高射機関砲M55などを予備装備として保管している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 英辞郎.
  2. ^ kb-P独和.
  3. ^ a b c d e f OED.
  4. ^ アメリカ空軍 砂漠でモスボール保管していたB-52戦略爆撃機を現役復帰」『乗りものニュース』株式会社メディア・ヴァーグ、2021年1月14日。2021年1月14日閲覧。
  5. ^ 防衛省 (2011年10月14日). “海上自衛隊YS-11後継機の機種決定について”. 防衛省・自衛隊. 防衛省. 2018年8月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年1月29日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

デビスモンサン空軍基地にあるAMARGにて、モスボール保管するべく処理を施されるC-27J スパルタン輸送機。2013年撮影。