モズカッチャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モズカッチャン
Mozu-Katchan (JPN) IMG 8715-1 20180211.jpg
第111回京都記念スタンド前
(2018年2月11日)
欧字表記 Mozu Katchan
香港表記 魔族之鳥
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2014年2月27日(5歳)
抹消日 2019年3月21日[1]
ハービンジャー
サイトディーラー
母の父 キングカメハメハ
生国 日本の旗 日本北海道日高町
生産 目黒牧場
馬主 (株)キャピタル・システム
調教師 鮫島一歩栗東
競走成績
生涯成績 15戦4勝
中央:14戦4勝
海外:1戦0勝
獲得賞金 中央:2億8837万4000円
海外:1350万8300円
 
勝ち鞍
GI エリザベス女王杯 2017年
GII フローラステークス 2017年
テンプレートを表示

モズカッチャンMozu Katchan)は、日本競走馬2017年エリザベス女王杯の勝ち馬である。馬名の由来は冠名(モズ)+人名。カッチャンの由来になった人物は馬主の知人男性だが、誤って牝馬につけられてしまった[2]

戦績[編集]

2歳[編集]

2016年12月24日阪神の新馬戦でデビューしたが、6着に終わる。

3歳[編集]

年が明けて2017年1月17日京都の未勝利戦は13番人気ながらもサトノクロニクルの3着と健闘する。2月12日小倉の未勝利戦で3戦目にして初勝利を挙げる。3月26日中山の500万下を制し連勝すると、4月23日東京のフローラステークスに出走。12番人気と低評価だったが、レースでは内埒沿いを回ると直線で一気の末脚を爆発させ先頭でゴールし重賞初制覇を果たす[3]。そして5月21日東京のオークスでは前走同様内埒沿いを進み、最後の直線では一旦先頭に立つもソウルスターリングにかわされて2着に敗れる。 秋に入り、9月17日阪神のローズステークスで復帰、前目でレースを進めたが直線伸び切れず7着と惨敗する[4]。10月15日京都の秋華賞は好位から脚を伸ばすものの1〜2コーナーでの落鉄が響いて3着という結果となる[5]。11月12日京都のエリザベス女王杯は道中好位の5・6番手でレースを進め直線で鋭く脚を伸ばすと粘るクロコスミアをゴール前でかわして悲願のGI初制覇を飾るとともに管理する鮫島一歩調教師にとっても初のGI制覇となった[6]

4歳[編集]

5歳[編集]

2019年3月10日の金鯱賞で始動したが、ダノンプレミアムの9着に終わる。その後、右前浅屈腱炎を発症したため、現役を引退。引退後は生まれ故郷の目黒牧場で繁殖入りする[1][7]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2016.12.24 阪神 2歳新馬 芝1800m(稍) 13 6 9 075.5(10人) 06着 R1:50.9(35.7) -1.5 藤岡康太 54kg インウィスパーズ
2017.01.17 京都 3歳未勝利 芝1800m(稍) 16 8 15 131.5(13人) 03着 R1:50.8(35.8) -0.3 和田竜二 54kg サトノクロニクル
0000.02.12 小倉 3歳未勝利 芝1800m(良) 16 6 12 004.40(2人) 01着 R1:48.9(34.2) -0.4 藤岡康太 54kg (ジャーミネイト)
0000.03.26 中山 3歳500万下 芝1800m(良) 13 5 7 003.60(2人) 01着 R1:51.8(36.6) -0.0 和田竜二 54kg (ビービーガウディ)
0000.04.23 東京 フローラS GII 芝2000m(良) 18 1 1 037.2(12人) 01着 R2:01.3(33.9) -0.0 和田竜二 54kg (ヤマカツグレース)
0000.05.21 東京 優駿牝馬 GI 芝2400m(良) 18 1 1 015.00(6人) 02着 R2:24.4(34.1) -0.3 和田竜二 55kg ソウルスターリング
0000.09.17 阪神 ローズS GII 芝1800m(良) 18 1 2 004.30(2人) 07着 R1:46.2(34.6) -0.7 M.デムーロ 54kg ラビットラン
0000.10.15 京都 秋華賞 GI 芝2000m(重) 18 2 4 008.60(5人) 03着 R2:00.4(36.6) -0.2 M.デムーロ 55kg ディアドラ
0000.11.12 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m(良) 18 3 5 007.70(5人) 01着 R2:14.3(34.1) -0.0 M.デムーロ 54kg クロコスミア
2018.02.11 京都 京都記念 GII 芝2200m(重) 10 5 5 005.20(2人) 04着 R2:16.5(35.9) -0.2 M.デムーロ 54kg クリンチャー
0000.03.31 メイダン ドバイシーマC G1 芝2410m(良) 10 1 1 06着 C.デムーロ 54.5kg Hawkbill
0000.08.19 札幌 札幌記念 GII 芝2000m(稍) 16 8 15 006.90(4人) 03着 R2:01.1(36.0) -0.0 M.デムーロ 55kg サングレーザー
0000.11.11 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m(良) 17 4 7 003.60(1人) 03着 R2:13.6(34.7) -0.5 M.デムーロ 56kg リスグラシュー
0000.12.23 中山 有馬記念 GI 芝2500m(稍) 16 2 3 009.10(4人) 08着 R2:33.0(36.7) -0.8 M.デムーロ 55kg ブラストワンピース
2019.03.10 中京 金鯱賞 GII 芝2000m(稍) 13 8 12 020.50(7人) 09着 R2:01.5(35.0) -1.4 和田竜二 54kg ダノンプレミアム

血統表[編集]

モズカッチャン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ダンジグ系
[§ 2]

ハービンジャー
Harbinger(英)
2006 鹿毛
父の父
Dansili
1996 鹿毛
*デインヒル Danzig
Razyana
Hasili Kahyasi
Kerali
父の母
Penang Pearl
1996 鹿毛
Bering Arctic Tern
Beaune
Guapa Shareef Dancer
Sauceboat

サイトディーラー
2006 黒鹿毛
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
*マンファス *ラストタイクーン
Pilot Bird
母の母
ベストブート
Best Boot(米)
1999 栗毛
Storm Boot Storm Cat
Aliata
Bright Tiara Chief's Crown
Expressive Dance
母系(F-No.) 10号族(FN:10-a) [§ 3]
5代内の近親交配 Mr. Prospector4×5=9.38%、Danzig4×5=9.38%、Northern Dancer5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ モズカッチャン 5代血統表2017年11月21日閲覧
  2. ^ モズカッチャン 5代血統表2017年11月21日閲覧
  3. ^ モズカッチャン 5代血統表2017年11月21日閲覧
  4. ^ モズカッチャン 5代血統表2017年11月21日閲覧


出典[編集]

  1. ^ a b モズカッチャン号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2019年3月21日). 2019年3月21日閲覧。
  2. ^ 【エ女王杯】間違えて男名付けた…カッチャンは馬主の知り合いスポニチアネックス、2017年11月13日閲覧
  3. ^ 【フローラS】モズカッチャン、12番人気も波乱の重賞初V!オークスへ名乗りスポーツ報知、2017年11月12日閲覧
  4. ^ 【ローズS】樫2着モズカッチャンは7着、Mデムーロ「イレ込んでいた」スポーツ報知、2017年11月12日閲覧
  5. ^ 【秋華賞】モズカッチャン3着 Mデムーロ「1、2角で落鉄したのがわかった」スポーツ報知、2017年11月12日閲覧
  6. ^ モズカッチャン勝利 鮫島師18年目の「戴冠」 エリザベス女王杯スポーツ報知、2017年11月12日閲覧
  7. ^ 17年エリザベス女王杯覇者モズカッチャンが引退”. netkeiba.com (2019年3月21日). 2019年3月21日閲覧。
  8. ^ 競走成績:全競走成績|モズカッチャン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年11月13日閲覧。