モダン・エレクトリックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
モダン・エレクトリックス
Modern Electrics
ModernElectrics1912-02.jpg
1912年2月号の表紙
ジャンル アマチュア無線
刊行頻度 月刊
発売国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
出版社 モダン・エレクトリックス出版
発行人 ヒューゴー・ガーンズバック
刊行期間 1908年4月 - 1914年(1913年12月)
発行部数 52000部(1911年)
テンプレートを表示

モダン・エレクトリックス』(Modern Electrics)は、かつてアメリカ合衆国で発行されていた、アマチュア無線の実験家向けの技術雑誌である。1908年4月にヒューゴー・ガーンズバックによって創刊され、1914年まで刊行された[1][2]

概要[編集]

ヒューゴー・ガーンズバックが刊行した最初の技術雑誌である。当初は、ガーンズバックが経営するエレクトロ・インポーティング社が扱う無線部品の情報の提供や、アマチュア無線の普及を目的とした雑誌であったが、後に技術を主題とした小説も掲載されるようになった。1911年4月号の「埋め草」としてガーンズバックが執筆した小説が好評となって1年(12回)に渡る連載となり、後にSF小説『ラルフ124C41+』として出版された。

発行部数は2,000部から急激に増加し、1911年には52,000部まで増加した[1]。1908年、同誌は無線機の所有者とそのコールレター、所有している機器の種類や運用方法などを一覧にした"wireless registry"(無線台帳)を発表した[3]

この雑誌は1913年に売却され、1913年末で休刊した[1]。その後、『エレクトリシャン・アンド・メカニック』 (Electrician and Mechanic) と合併して『モダン・エレクトリックス・アンド・メカニクス』 (Modern Electrics and Mechanics) になった[1]

ガーンズバックは『モダン・エレクトリックス』で得た経験から、1913年に『エレクトリカル・エクスペリメンター』 (Electrical Experimenter) を、1926年にSFに特化したパルプマガジンである『アメージング・ストーリーズ』を刊行した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Modern Electrics, the first Gernsback popular technical magazine”. MagazineArt. 2016年10月29日閲覧。
  2. ^ Everett Franklin Bleiler; o Bleiler (January 1998). Science-fiction: The Gernsback Years: a Complete Coverage of the Genre Magazines ... from 1926 Through 1936. Kent State University Press. p. 143. ISBN 978-0-87338-604-3. https://books.google.com/books?id=PbMdeizaCNcC&pg=PA143 2016年10月29日閲覧。 
  3. ^ Modern Electrics: April 1909 - Page 34”. 2016年11月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年6月16日閲覧。