モチノキ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モチノキ科
Ilex Crenata2.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
: モチノキ目 Aquifoliales
: モチノキ科 Aquifoliaceae
学名
Aquifoliaceae
A.Rich. (1828)
英名
Holly

モチノキ科 (Aquifoliaceae) は被子植物で、2約600木本からなり、世界各地に分散して分布する。日本にはモチノキ属のみがあり23種ほどある。

は互生。は両性または単性で、放射相称、花弁がくは4-5枚。小形で目立たない花が集散花序をつくる。子房上位、果実は数個の核を含む核果で、赤いものが多いが、イヌツゲなどは黒く熟す。

樹皮は粘り気の強いゴム状の粘着質の物質を含んでおり、かつてはこれを精製することで天然の鳥黐の素材としていた。

分類[編集]

[編集]

モチノキ属 Ilex[編集]

モチノキ属(Ilex L.)の主な種は以下である[1]

日本の種
  • シイモチ I. buergeri
  • ナナミノキ I. chinensis
  • イヌツゲ I. crenata
    • ツクシイヌツゲ I. crenata var. fukasawana
    • ハイイヌツゲ I. crenata var. radicans
    • オオバイヌツゲ I. crenata var. rugosa
  • アマミヒイラギモチ I. dimorphophylla - 奄美大島固有種
  • フウリンウメモドキ I. geniculata
    • オクノフウリンウメモドキ I. geniculata var. glabra
  • ツゲモチ I. goshiensis
  • モチノキ I. integra
  • タラヨウ I. latifolia
  • ヒメモチ I. leucoclada
  • リュウキュウモチ I. liukiuensis
  • ヒロハタマミズキ I. macrocarpa
  • アオハダ I. macropoda
  • ムニンイヌツゲ I. matanoana
  • ナガバイヌツゲ I. maximowicziana
    • ムッチャガラ I. maximowicziana var. kanehirae - 別名が「シマイヌツゲ」
  • シマモチ I. mertensii
  • タマミズキ I. micrococca
  • ミヤマウメモドキ I. nipponica
  • ソヨゴ I. pedunculosa
  • クロガネモチ I. rotunda
  • ツルツゲ I. rugosa
    • エゾツルツゲ I. rugosa var. rugosa
    • ホソバツルツゲ I. rugosa var. stenophylla
  • ウメモドキ I. serrata
  • クロソヨゴ I. sugerokii
  • オオシイバモチ I. warburgii
  • ナリヒラモチ I. × kiusiana -モチノキとシイモチの雑種
  • オオツルツゲ I. × makinoi -ヒメモチとツルルゲの雑種
その他

Nemopanthus[編集]

  • Nemopanthus mucronatus ただ1種からなるが、モチノキ属に含める考えもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大場秀章 『植物分類表』 アボック社、2009年11月、219頁。ISBN 978-4900358614。

関連項目[編集]