モデナ (F1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モデナ
参戦年度 1991
出走回数 6
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1991年アメリカGP
初勝利
最終勝利
最終戦 1991年オーストラリアGP
テンプレートを表示

モデナModena)は、1991年F1に参戦していたレーシングチームである。本拠地はイタリアにあった。ランボランボルギーニモデナ・ランボとも呼ばれる。

歴史[編集]

そもそもはランボルギーニが、メキシコ初のF1チーム参戦を計画したメキシコ人実業家フェルナンド・ゴンザレス・ルナのグラス(GLAS, Gonzalez Luna Associates[1])チームに全面協力してF1への参戦を支援するというもので、実際に1991年のF1世界選手権へのエントリーも完了し、参戦のための新マシン「291」のシェイクダウンテストも済んだ1990年7月、中心人物のルナがチーム資金を持ち逃げし失踪するという事態が発生する[2]

ランボルギーニはエントリー完了後のレース欠場による多額の罰金を避けるため、イタリア人資産家カルロ・パトルッコと組んでチーム本拠をイタリア・モデナへと移設、シーズン開幕直前には日本の土井産業が資本参加し「Central Park」ブランドでメインスポンサーを務めることも決定[3]しF1実戦へと突入した。

マシンは、マウロ・フォルギエリがすでに設計していたシャシー「291」にV型12気筒エンジンを搭載。シェイクダウンテストはマウロ・バルディが担当[4]し、開幕前合同テストでは若手のマルコ・アピチェラがテスト走行をしたが[5]、レースドライバーはイタリアの有望株とされF1経験を積んでいたニコラ・ラリーニと、前年の国際F3000選手権で3勝を挙げる活躍を見せたエリック・ヴァン・デ・ポールに決定した。

斜めになったサイドポンツーンが特徴的なマシンで、開幕戦のアメリカグランプリではラリーニが入賞一歩手前の7位で完走、第3戦サンマリノグランプリでは、雨天の混乱も味方しファイナルラップまでヴァン・デ・ポールが5位を走行する(ただし、ガス欠で最終的には9位完走扱い)シーンがあり、後半戦は予備予選の対象から外れた。

しかし、全体的には低調で、2ヶ月でチームを去ったフォルギエリに変わってナイジェル・コパースウェイトがウイングを変更、最終的には特徴的なサイドポンツーンを廃止したデザインのマシンを投入したが、決勝レースに出たのは2人合わせて6回、ヴァン・デ・ポールに至ってはサンマリノのみという結果で、このシーズン限りでチームは撤退した。

出典[編集]

  1. ^ Racing On』 496 [特集] F1最熱狂期 Part III、三栄書房、2018年、48頁。
  2. ^ どうなる? グラスのF1計画 - 山海堂GPX 1990年イギリスGP号 30頁中段
  3. ^ チーム・モデナに日本企業が資本参加 - 山海堂GPX 1991年プレシーズン号 7頁中段
  4. ^ Mini News グラスF1が初走行 - 山海堂GPX 1990年フランスGP号 31頁下段
  5. ^ エストリル合同テスト - 山海堂GPX 1991年カレンダー号 5頁

関連項目[編集]