モニカ・ツェールト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル
東ドイツの旗 東ドイツ
陸上競技
オリンピック
1972 ミュンヘン 女子 400m
1972 ミュンヘン 女子 4×400mリレー
ヨーロッパ陸上選手権
1971 ヘルシンキ 女子 4×400mリレー

モニカ・ツェールト (Monika Zehrt、1952年9月29日- )は、東ドイツの陸上競技選手。1972年ミュンヘンオリンピックの金メダリストである。ザクセン州ドレスデン行政管区マイセン郡リーザ出身。

経歴[編集]

ツェールトは、1970年代の初頭に活躍した400mを得意とした選手である。1972年ミュンヘンオリンピックでは、51秒08で、西ドイツリタ・ウィルデンと接戦のうえ勝利し、金メダルを獲得。19歳での金メダル獲得は、現在でもこの種目での最年少記録である。さらに4×400mリレーにも出場。ダグマル・ケスリンク、リタ・キューネ、ヘルガ・サイドラーとともに東ドイツの金メダル獲得に貢献した。

ツェールトは1974年に現役を引退。外国貿易を学び、家具会社に勤務した。