モニク・ド・ラ・ブリュショルリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

モニク・ド・ラ・ブリュショルリまたはブルショルリMonique de la Bruchollerie, 1915年4月20日 パリ - 1972年12月14日 ブカレスト)はフランスのピアニスト。ブリュッショルリと表記されることもある。

ド・ラ・ブリュショルリ家は音楽家の家系であり、フランソワ=アドリアン・ボイエルデューアンドレ・メサジェが祖先にいる。7歳でパリ音楽院に入学し、両親の親友イシドール・フィリップに師事。1928年に音楽院を首席で卒業する。その後はパリでアルフレッド・コルトーに、ウィーンエミール・フォン・ザウアーに、ベルリンでラウル・コチャルスキに入門。1932年シャルル・ミュンシュの指揮で協奏曲を演奏して、ピアニストとしての突破口を開く。1936年から1938年まで数々のコンクールで成功を収めており、1937年にはワルシャワショパン国際コンクールに入選した。

第2次世界大戦後に米国ポーランドなどで国際的な活躍を始め、オイゲン・ヨッフムエルネスト・アンセルメヤン・クレンツヘルベルト・フォン・カラヤンセルジュ・チェリビダッケらの著名な指揮者と共演するも、1966年12月にルーマニア自動車事故により左手の機能を失い、演奏活動から引退を余儀なくされる。晩年は教育活動に献身し、ジャン=マルク・サヴェリ、Jean-Marc Savelli, シプリアン・カツァリスらを育成した。