モネ劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

モネ劇場(モネげきじょう、:Théâtre Royal de la Monnaie (La Monnaie) 、:De Koninklijke Muntschouwburg (De Muntschouwburg) )は、ベルギーブリュッセルにある歌劇場ベルギー王立歌劇場とも呼ばれる。

スペイン統治時代1700年に開場した。歴代の音楽監督は、ジョン・プリッチャードシルヴァン・カンブルランアントニオ・パッパーノ大野和士らが務めた。2008年から現在までマーク・ウィッグルスワースが音楽監督を務めている。2012年9月よりリュドヴィク・モルロー (Ludovic Morlotが音楽監督に就任する予定である。

主な録音には、パッパーノ指揮でブリテンの『ねじの回転』やマスネの『マノン』、カンブルラン指揮でギュスターヴ・シャルパンティエの『ルイーズ』などがある。

付属のオーケストラは、劇場での演奏だけでなくシンフォニー・コンサートも行い、その時はモネ交響楽団(仏:Orchestre Symphonique de la Monnaie, 蘭:Symfonieorkest van de Munt)と称する。オーケストラ単独での録音には、大野指揮でマーラー交響曲第2番「復活」やエル・バシャ独奏でプロコフィエフのピアノ協奏曲全集などがある。

主な世界初演オペラ[編集]

参考文献[編集]

  • 『新グローヴ オペラ事典』 白水社(ISBN 978-4560026632)
  • 『ラルース世界音楽事典』福武書店
  • 『オックスフォードオペラ大事典』ジョン・ウォラック、ユアン・ウエスト(編集)、大崎滋生、西原稔(翻訳)、平凡社(ISBN 978-4582125214)
  • 『歌劇大事典』大田黒元雄 著、音楽之友社(ISBN 978-4276001558)