モノチス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
モノチス Monotis
Monotis ochotica.jpg
モノチス(Monotis ochotica)の化石。岡山県高梁市成羽町産出。国立科学博物館の展示。
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
亜綱 : 翼形亜綱 Pteriomorphia
: モノチス科 Monotidae
: モノチス属 Monotis
亜属
  • モノチス亜属 Monotis
  • エントモノチス亜属 Entomonotis

モノチスあるいはモノティスMonotis)は中生代三畳紀後期ノーリアンに海中に生息していた斧足類の絶滅分類群。二枚貝の形をしている。

目次

概要

モノチスは、普通二枚貝の形をしているが、二枚の殻は対称ではなく、左殻は凸、右殻は平らになっている。

大きさは、5cmから10cm程度のものが多い。

本体の性質

モノチスは、標本が得やすいにもかかわらず、生態は不明な点が多い。殻が大変薄いこと、ほとんど同一種が大量に産出すること、現地性の産状が知られていないこと、現生種にこれと似た種がいないことなどから、その生態を示す、直接的な証拠は少ない。足糸によって海草などの固形物に付着して生活をしていたと考えられている。

殻の構造

殻は0.5mm程度と、大変薄く、放射状の筋を有するのが特徴である。足糸孔は小さいが深い。小耳は斜め前方に出ている。

示準化石

広く大量に産出するため、三畳紀後期の示準化石としてよく利用される。


参考文献

  • 藤山家徳・浜田隆士・山際延夫監修 『学生版 日本古生物図鑑 再版』 北隆館、1986年、ISBN 4-8326-0043-5。