モノネガウイルス目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モノネガウイルス目
分類(ウイルス)
レルム : リボウィリア Riboviria
: 第5群(1本鎖RNA -鎖)
: オルトルナウイルス界 Orthornavirae
: ネガルナウイルス門 Negarnaviricota
亜門 : ハプロウイルス亜門 Haploviricotina
: モンイウイルス綱 Monjiviricetes
: モノネガウイルス目

パラミクソウイルス科
ラブドウイルス科
フィロウイルス科
ボルナウイルス科
ニューモウイルス科

モノネガウイルス目(Order Mononegavirales)とはウイルスの分類における一目であり、非分節マイナス鎖RNAをゲノムに持つウイルスが含まれる。モノネガウイルス目には11の科が含まれる[1]

モノネガウイルス目に属するウイルスを原因とする感染症にはヒトにおいて重要な感染症が多く含まれ、従来から知られている感染症(流行性耳下腺炎麻疹狂犬病)と新興感染症エボラ出血熱ボルナ病ヘンドラウイルス感染症ニパウイルス感染症)の両方が知られている。

脚注[編集]

  1. ^ Virus Taxonomy: 2019 Release”. 国際ウイルス分類委員会 (ICTV). 2020年5月10日閲覧。