モノラウリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モノラウリン
識別情報
CAS登録番号 27215-38-9 チェック
PubChem 14871
ChemSpider 14181 チェック
UNII Y98611C087 チェック
ChEMBL CHEMBL510533 チェック
特性
化学式 C15H30O4
モル質量 274.4 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

モノラウリン(: Monolaurin)は、別名モノラウリン酸グリセロール(glycerol monolaurate、glyceryl laurate、1-Lauroyl-rac-glycerol)としても知られるモノグリセリド()である。 グリセリンラウリン酸から形成されるモノ-エステルで、化学式はC15H30O4

利用[編集]

デオドラントなどの化粧品界面活性剤としてよく利用されている。食品添加物としては、乳化剤として利用される。

存在[編集]

体内ではラウリン酸が変換されてモノラウリンになる。モノラウリンはココナッツオイルや人間の母乳中に存在する。 [1]

薬理学[編集]

モノラウリンには抗菌抗ウィルス作用があることがin vitroで確認されている。[2][3][4][5][6][7] このためさまざまな感染症の予防や治療に役立つ可能性があるが、臨床における有用性はまだ確認されていない。

脚注[編集]

  1. ^ Hegde, BM (2006年). “View Point: Coconut Oil – Ideal Fat next only to Mother's Milk (Scanning Coconut's Horoscope)” (pdf). JIACM 7: 16–19. http://medind.nic.in/jac/t06/i1/jact06i1p16.pdf. 
  2. ^ “Minimum inhibitory concentrations of herbal essential oils and monolaurin for gram-positive and gram-negative bacteria”. Mol. Cell. Biochem. 272 (1-2): 29–34. (2005年4月). PMID 16010969. https://www.springerlink.com/openurl.asp?genre=article&issn=0300-8177&volume=272&issue=1-2&spage=29. 
  3. ^ “Novel antibacterial activity of monolaurin compared with conventional antibiotics against organisms from skin infections: an in vitro study”. J Drugs Dermatol 6 (10): 991–8. (2007年10月). PMID 17966176. 
  4. ^ “The antimicrobial function of milk lipids”. Adv Nutr Res 10: 271–85. (2001年). PMID 11795045. 
  5. ^ Lieberman, Shari; Enig, Mary G.; Preuss, Harry G. (2006年). “A Review of Monolaurin and Lauric Acid:Natural Virucidal and Bactericidal Agents”. Alternative and Complementary Therapies 12 (6): 310. doi:10.1089/act.2006.12.310. 
  6. ^ “Glycerol monolaurate inhibits the production of beta-lactamase, toxic shock toxin-1, and other staphylococcal exoproteins by interfering with signal transduction”. J. Bacteriol. 176 (14): 4204–9. (1994年7月). PMC 205630. PMID 8021206. http://jb.asm.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=8021206. 
  7. ^ Microbicide protects monkeys from HIV-like virus”. Nature (2009年3月4日). doi:10.1038/news.2009.135. 2012年12月30日閲覧。