モノレール・サスペンション・ブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
モノレール吊り橋
Monorail Suspension Bridge-1.jpg
マレーシアの旗 マレーシア
所在地 プトラジャヤ
交差 プトラジャヤ湖
座標 北緯2度54分58.2秒 東経101度40分44.7秒 / 北緯2.916167度 東経101.679083度 / 2.916167; 101.679083座標: 北緯2度54分58.2秒 東経101度40分44.7秒 / 北緯2.916167度 東経101.679083度 / 2.916167; 101.679083
用途 鉄道橋(プトラジャヤ・モノレール
形式 吊り橋
全長 240 m
10 m
施工者 プトラジャヤ開発公社
管理者 プトラジャヤ開発公社
開通 2003年
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

モノレール・サスペンション・ブリッジモノレール吊り橋英語: Monorail Suspension Bridgeマレー語: Jambatan Gantung Monorel)は、マレーシアプトラジャヤにある数あるの一つである。

当橋は、プトラジャヤ・コンベンション・センター英語版プトラ・モスクおよび区画Eの政府管理総合ビルのような、プトラジャヤ地域にあるいくつかの重要なランドマークを結ぶために建造された。

当橋の主桁スパンは、延長約240m、幅員10mとなっている。当橋は、プトラジャヤ・ホールディングス社が所有しており、PJSインターナショナル社によって設計された。

マレーシア政府が更なる資金提供を承認しなかったため、プロジェクトが2004年に中断された。プロジェクトの頓挫は、連邦政府の行政新首都のために設計された公共交通機関システムのミッシングリンクとしてたびたび言われた。

連邦直轄領省英語版は、プロジェクトの成立可能性に関する研究を実施するための独立系コンサルタントを指名するよう、プトラジャヤ開発公社に指示した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Putrajaya project now an eyesore (asp)”. 2008年4月28日閲覧。

関連項目[編集]