モハマド・ハクプール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モハマド・ハクプール Football pictogram.svg
Mohammad Khakpour.jpg
名前
本名 モハマド・ハクプール
ラテン文字 Mohammad Khakpour
ペルシャ語 محمد خاکپور
基本情報
国籍 イランの旗 イラン
生年月日 (1969-02-20) 1969年2月20日(50歳)
出身地 テヘラン
身長 181cm
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1990 イランの旗 パス・テヘラン
1990-1995 イランの旗 ヒルズィ
1995-1996 シンガポールの旗 ゲイランI/ゲイランU
1996-1997 トルコの旗 ヴァンスポル 13 (0)
1997-1999 イランの旗 バフマン
1999-2000 アメリカ合衆国の旗 メトロスターズ 19 (0)
代表歴
1989-2000  イラン 52 (1)
監督歴
2006-2007 イランの旗 フーラード(アシスタント)
2010-2011 イランの旗 スティール・アジン
2014-2016  イラン U-23
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

モハマド・ハクプールペルシア語: محمد خاکپور‎、1969年2月20日 - )は、イランの元サッカー選手、現サッカー指導者。元イラン代表。現役時代のポジションはDFU-23サッカーイラン代表監督を務めた。

選手歴[編集]

クラブ歴[編集]

パス・テヘランFCで選手となった後、ヒルズィに所属した。1995年にはシンガポールのゲイラン・インターナショナルFCに移籍し、1996年にトルコのヴァン・ビュユクシェヒル・ベレディイェスポルに移籍した。1997年から1999年にかけてはイランに戻りバフマンFCに所属、その後ニューヨークに渡りメトロスターズに所属して選手を引退した。

代表歴[編集]

イラン代表として1989年に初出場して以来、選手引退の2000年まで出場した。また、1998 FIFAワールドカップに参加した。

監督歴[編集]

監督以前[編集]

選手引退後はカリフォルニア州に居住し、MKサッカークラブと云うクラブを興した。

2006年8月には国家A級ライセンスを取得し、フーラードFCのアシスタントコーチとしてモハマド・マイェリ・コハン監督の下働いた。しかしマイェリ・コハンがクラブを去ると彼も失職した。因みにマイェリ・コハンと彼の間にはAFCアジアカップ1996で監督と選手と云う関係で共に戦った過去がある。

スティール・アジンFC[編集]

2010年12月1日にはスティール・アジンFCの監督に就任するも、2011年3月3日付で辞職した。

U-23代表[編集]

その後イランU-23代表のテクニカルマネージャーに就任した彼は2014年12月16日に監督に昇格した[1]。彼はU-23西アジアサッカー選手権2015でチームを優勝に導いた[2]。2016年1月24日、AFC U-23選手権2016終了をもって契約が満了したが、アリ・カファシアンがこの契約を更新する意向が協会には無い事を発表した[3]

個人成績[編集]

監督[編集]

2016年1月22日現在
クラブ 就任日 退任日 戦績
特失 勝率
 イラン U-23代表 2014年12月 2016年1月 23 17 3 3 60 18 +42 073.91

タイトル[編集]

監督[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Mohammad Khakpour Appointed As Coach of Iran U-23”. persianfootball.com. 2016年4月22日閲覧。
  2. ^ Cheetahs crown WAFF U-23 Championship”. Mehr News Agency (2015年10月15日). 2016年4月22日閲覧。
  3. ^ Iran Football Federation Not to Renew Khakpour’s Contract”. tasnimnews.com. 2016年4月22日閲覧。