モミジチャルメルソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モミジチャルメルソウ
Mitella acerina 1.JPG
福井県嶺南地区 2018年4月
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ上類 Superrosids
: ユキノシタ目 Saxifragales
: ユキノシタ科 Saxifragaceae
: チャルメルソウ属 Mitella
: モミジチャルメルソウ
M. acerina
学名
Mitella acerina Makino[1]
和名
モミジチャルメルソウ(紅葉哨吶草)[2]

モミジチャルメルソウ(紅葉哨吶草、学名:Mitella acerina)は、ユキノシタ科チャルメルソウ属多年草[2][3][4]。チャルメルソウ属で唯一の雌雄異株性の種である[4]

特徴[編集]

チャルメルソウ属に特徴的な植物体にある毛は、葉の表面と花茎の短腺毛以外にほとんど無く、この属の中では雌雄異株であることとともに特異的である。地中の根茎は長く斜上して、地上または地表近くに細長い走出枝を出し、鱗片葉または普通葉をつける。根出葉はやや束生し、葉柄は長さ15-30cmになる。葉身は長さ4-10cm、幅4-9cmになる広卵形または卵円形で、基部は深い心形、先は鋭形または鋭尖形で、縁は5-7裂する。の表面は鮮緑色で、表面のみにあらい毛が散生する[3][5][6]

花期は4-5月。花茎は高さ20-40cmになり、短い腺毛が密生する。先に総状花序をつけ、多数のがやや密につく。花柄は長さ1-3mmになり、短腺毛がつく。筒は浅い倒円錐形で、短腺毛が密生する。萼裂片は5個あり、三角状卵形で、長さ約1mmになり、花時に斜開する。花弁は5個で平開し、ふつう紅紫色をおびた黄緑色で、長さ3-4mmになり、3裂まれに5裂し、裂片は針状線形になる。雄蕊は5個あり、花弁と対生し、花糸は葯より明らかに短い。雄花は、裂開直前の葯は淡黄色になり、開花後すぐに裂開する。雌花は、葯は発達せず、中に花粉が無く、開花しても裂開することもない。子房は下位で花盤が平らによく発達し、花柱はごく短く、柱頭は2裂してやや肥厚する。種子をつけるのは雌株のみ。果実蒴果で、種子は長卵形で長さ約1mmになり、熟しても種皮は緑色または淡赤褐色でやや柔らかく、水に浮く。種子に乳頭状突起はなく平滑である[3][5][6]

分布と生育環境[編集]

日本固有種[4]。本州の福井県滋賀県京都府の日本海側に分布し、山地の渓流沿いの斜面や岩上に生育する[3]。渓流の水のしたたり落ちる苔むした岩場に多く、しばしば群落を形成する[5]。また、チャルメルソウ属の中でも特に水際に特殊化した種であり、沢が増水した場合に水没するくらいの水際に生える[6]

名前の由来[編集]

和名モミジチャルメルソウは「紅葉哨吶草」の意で、「紅葉」は、葉が中裂したようすがモミジの葉に似ていることによる[5]

種小名(種形容語)acerina は、「カエデの葉の」の意味[7]

種の保全状況評価[編集]

準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト

Status jenv NT.svg

(2017年、環境省)2007年レッドリストまでは、絶滅危惧II類(VU)。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ モミジチャルメルソウ 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ a b 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.278
  3. ^ a b c d 『改訂新版 日本の野生植物2』p.208
  4. ^ a b c 『日本の固有植物』p.70
  5. ^ a b c d 『絶滅危惧植物図鑑 レッドデータプランツ 増補改訂新版』p.320
  6. ^ a b c 奥山雄大「日本産チャルメルソウ属および近縁種(ユキノシタ科)の自然史」『分類』Vol.15, No.2, p.115
  7. ^ 『新牧野日本植物圖鑑』p.1316

参考文献[編集]