モルガン・アベニュー駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モルガン・アベニュー駅
Morgan Avenue
NYCS-bull-trans-L.svg
ニューヨーク市地下鉄
Morgan Avenue BMT 001.JPG
マンハッタン方面ホーム
駅情報
住所 Morgan Avenue & Harrison Place
Brooklyn, NY 11237
ブルックリン区
地区 イーストウィリアムズバーグ英語版
座標 北緯40度42分23秒 西経73度55分55秒 / 北緯40.706279度 西経73.93198度 / 40.706279; -73.93198座標: 北緯40度42分23秒 西経73度55分55秒 / 北緯40.706279度 西経73.93198度 / 40.706279; -73.93198
ディビジョン BディビジョンBMT
路線 BMTカナーシー線
運行系統       L Stops all times (終日)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: B60
構造 地下駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1928年7月14日(90年前) (1928-07-14
利用状況
乗客数 (2015)2,453,723[1]減少 2.4%
順位 197位(422駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 モントローズ・アベニュー駅: L Stops all times
南側の隣駅 ジェファーソン・ストリート駅: L Stops all times

モルガン・アベニュー駅(Morgan Avenue)はブルックリン区イーストウィリアムズバーグ英語版のモルガン・アベニュー - ハリソン・プレイス交差点にあるニューヨーク市地下鉄BMTカナーシー線の駅で、終日L系統が停車する。

歴史[編集]

モルガン・アベニュー駅は1928年7月14日にBMTカナーシー線ブロードウェイ・ジャンクション駅 - モントローズ・アベニュー駅間延伸とともに開業した[2]

駅構造[編集]

G 地上階 出入口
M 改札階 改札、駅員詰所、メトロカード自動券売機
P
ホーム階
相対式ホーム、右側ドアが開く
北行線 NYCS-bull-trans-L.svg 8番街駅行きモントローズ・アベニュー駅
南行線 NYCS-bull-trans-L.svg カナーシー-ロッカウェイ・パークウェイ駅行きジェファーソン・ストリート駅
相対式ホーム、右側ドアが開く
タイルワーク

モルガン・アベニュー駅は相対式ホーム2面2線の地下駅である。ホーム壁面にはBMTスタイルのタイルモザイクの帯と駅名標が設けられている。 帯は茶色、タン、オレンジといったアースカラーを主体に白のアクセントが入っている[3] 。モルガン("Morgan")を表す "M" の銘板と、タイムズ・ニュー・ローマン体で "MORGAN AVE" とレタリングされた駅名標が等間隔で設けられている[3]。方向案内板の矢印も同じ様式になっている[3]

駅は歩道ではなく建物の下にあるので、ホーム上の柱は正方形断面の太いものになっており、白タイルが貼られている[3]。柱すべてに白いモザイクの地に黒のサンセリフ体で "MORGAN AVE" とレタリングした駅名標が取り付けられている[3]

出入口[編集]

モルガン・アベニュー駅には出入口が2か所ある。

  •  駅西端の入口は終日営業で、各ホームから長いスロープで待合所兼ホーム間連絡通路に出る。自動改札機を抜けるとトークン・ブースと通りへの階段があるメザニンに出る。階段は3本あり、それぞれモルガン・アベニュー - ハリソン・プレイス交差点の北東角・南東角・南西角に出ることができる。
  • ハリソン・プレイス突き当たりのボガート・ストリート西側にはレンガ造りの無人駅舎がある[4]。出場専用改札機2台とHEET自動改札機1台が設けられており、階段で各ホーム東端に下りることができる。

ポップカルチャーにて[編集]

1999年のMFドゥーム英語版のシングル I Hear Voices のミュージックビデオに当駅が登場する。また、音楽ゲームのロックバンドでもニューヨークの場面で当駅が登場する。

脚注[編集]