モルディビアン航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Maldivian
Maldivianlogo.png
IATA
Q2
ICAO
DQA
コールサイン
SKYSURFER
設立 2000年
ハブ空港 ヴェラナ国際空港
航空連合
保有機材数 23
就航地 23
スローガン Bridging the gap
親会社 Island Aviation Services
本拠地 マレ
外部リンク www.maldivian.aero
テンプレートを表示

モルディビアン航空は、モルディブマレを拠点とするアイランド・アビエーション・サービス社の航空部門であり、モルディブのフラッグ・キャリア[1]。 離島間サービスだけでなく、国際線も運行している。ハブ空港ヴェラナ国際空港[1]

歴史[編集]

2009年4月23日、政府はアイランド・アビエーション・サービス株式会社を大統領令により設立した。株式はモルディブ政府が100パーセントを保有していた。この航空会社は 航空会社はデ・ハビランド・カナダ DHC-8ドルニエ228の2週類の航空機を国内線で使用して事業を開始した。2008年1月26日にインドティルヴァナンタプラムへの定期便で国際線の運航を開始した[1]。 2008年8月25日、アイランド航空サービスの航空会社部門はモルディビアン航空に変更された。 [2]

就航都市[編集]

国際線[編集]

2019年7月時点でのモルディビアン航空の就航地は以下の通り [3]。 ただしコードシェア便による就航路線は含まない。 自社国際路線を開設しているモルディブ国内の空港はヴェラナ国際空港(マレ)、ガン国際空港ガン島)である。

国内線[編集]

  • マレ - ヴェラナ国際空港 ハブ
  • アッドゥ環礁 - ガン国際空港
  • バー環礁 - ダーラヴァンドゥー空港
  • ガーフアリフ環礁 - クッドゥー空港
  • ガーフダール環礁 - Kaadedhdhoo空港
  • グナビヤニ環礁 - フヴァムラ 空港
  • ハアダール環礁 - ハニマドゥ国際空港
  • ラーム環礁 - カドゥー空港
  • ラー環礁 - イフル空港 [8]
  • ター環礁 - ティマラフシ空港 [9]
  • ダール環礁 - クダフワドゥ空港
運営するリゾート - モルディブ水上飛行機
  • Raa Atoll - クダフシアイランドリゾート
  • バー環礁 - アナターラ・キハヴァフラヴァリ
  • バー環礁 - フォーシーズンズプライベートアイランド
  • バー環礁 - バッカルアイランドリゾート (2017年12月に営業開始)
  • バー環礁 - Hirundu Isand Resort (2018年半ばに操業開始)
  • ヌーヌ環礁 - ロビンソンクラブヌーヌ (2017年12月に営業開始)
  • ダール環礁 - Niyaama Private Isands
  • ダール環礁 - カンディマアイランドリゾート
  • ダール環礁 - ドアーズアイランドリトリート
  • ダール環礁 - マーガウアイランドリゾート (2018年半ばに操業開始)
  • ター環礁 - マリフシアイランドリゾート

航空機[編集]

2019年7月時点でモルディビアン航空が保有する航空機は以下の通り [10]

モルディビアン航空の航空機
航空機 機材数 発注数 コンフィグ 備考
C Y 合計
エアバス A320-200 1 - 14 138 152
エアバス A321-200 1 1 6 194 200
エアバス A330-200 - 1 - - 335
ボンバルディア ダッシュ 8 Q200 2 - 0 37 37
ボンバルディア ダッシュ 8 Q300 8 0 0 50 50
デ・ハビランド・カナダ

DHC-6 ツイン・オッターシリーズ 300

11 0 0 15 15
合計 23 3

機体デザイン[編集]

尾翼にイルカが描かれているモルディビアン航空機

最初の機体デザイン(アイランド・アビエーション)は、2匹のイルカと2匹のマグロが描かれた波模様であった。ロゴは尾翼の中央に配置された。現在はデザインが変更され、無地の胴体への波模様の廃止、そして2匹のイルカが尾翼から飛び出すように描かれた青い波模様の追加が行われた。ロゴにイルカが選ばれたのは、イルカがモルディブの海でよく見かけられる動物であり、その親しみやすさが会社の理念と一致していたからである[1]

その他の業務[編集]

2019年7月現在、アイランド・アビエーション・サービス社はモルディブのすべての商用空港で次の業務を提供している。[11]

ラウンジ[編集]

アイランド・アビエーション・サービス社はモルディブで3つのラウンジを運営している。マレのムーニママラウンジと、ハニマードゥとダラヴァンドゥーにある、カシマーラウンジである。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d About Maldivian”. maldivian.aero. 2019年7月13日閲覧。
  2. ^ a b c d Maldivian - Our Company”. Airline Route. 2015年1月8日閲覧。
  3. ^ Destinations Maldivian”. 2019年7月12日閲覧。
  4. ^ Maldivian Adds Chengdu Service from July 2016”. routesonline. 2016年7月1日閲覧。
  5. ^ Media | 15th Jul 2013 | First flight to Chongqing China”. maldivian.aero. 2016年7月21日閲覧。
  6. ^ Media | 7th Feb 2016 | First Flight to Fuzhou, China”. maldivian.aero. 2016年7月21日閲覧。
  7. ^ Maldivian Plans to Start Wuhan Service from June 2014”. Airline Route (2014年4月21日). 2014年4月21日閲覧。
  8. ^ Media | 29th May 2015 | First Commercial Flight to Ifuru”. maldivian.aero. 2016年7月21日閲覧。
  9. ^ Media | 8th Sep 2013 | First Commercial Flight to Thimarafushi”. maldivian.aero. 2016年7月21日閲覧。
  10. ^ Business Services”. maldivian.aero. 2019年7月13日閲覧。
  11. ^ Our Company”. maldivian.aero. 2019年7月13日閲覧。