モロッコ時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アフリカ標準時:
UTC-1: (CVT)- カーボベルデ時間
UTC+0: (WET)- 西ヨーロッパ時間 (GMT)- グリニッジ標準時
UTC+1: (CET)- 中央ヨーロッパ時間 (WAT)- 西アフリカ時間
(WEST)- 西ヨーロッパ夏時間
UTC+2: (CAT)- 中央アフリカ時間 (EET)- 東ヨーロッパ時間
(SAST)- 南アフリカ標準時 (WAST)- 西アフリカ夏時間
UTC+3: (EEST)- 東ヨーロッパ夏時間 (EAT)- 東アフリカ時間
UTC+4: (MUT)- モーリシャス時間 (SCT)- セーシェル時間
縞模様の色の地域は夏時間を採用している。

モロッコでは現在、中央ヨーロッパ時間(CET、UTC+1)が標準時に採用されている[1]。過去には夏時間が採用されていた期間もあったが、現在は実施されていない。

歴史[編集]

モロッコでは長年西ヨーロッパ時間(WET、UTC+0)が採用されてきた。1970年代には夏時間として西ヨーロッパ夏時間(WEST、UTC+1)が使用されたこともある。1984年に標準時は中央ヨーロッパ時間(CET、UTC+1)に変更されたが、1986年にはWETに戻されている[1]

2008年に夏時間が暫定的に再開され[2]、2008年は6月1日から9月1日まで、2009年は6月1日から8月21日まで、2010年5月2日から8月8日まで、2011年4月2日から7月31日まで、それぞれWESTが使用された。いずれの年の夏時間も、その終了日はラマダーン期間の開始直前である。

2012年3月に夏時間は恒久的に採用され、期間は4月最終日曜日から9月最終日曜日とすること、ラマダーン期間中は夏時間を適用しないことが定められた[3]。このため、モロッコは1年に4度の時間の変更が行われる国となった。2013年9月には開始と終了がそれぞれ3月最終日曜日と10月最終日曜日と変更され[4]、ヨーロッパの夏時間のスケジュールと合わせられた。

2018年10月、モロッコ政府は夏時間を廃止しCET(UTC+1)の通年使用に移行することを発表した[5]。しかし、ラマダーン期間に時計が1時間戻される慣例は残されたため、世界的に見ても珍しい「逆夏時間」とでも呼ぶべき状態となっている[6]

IANA time zone database[編集]

tz databasezone.tab英語版には、モロッコの標準時が1つ含まれている。

国コード 座標 TZ 注釈 協定世界時との差 夏時間 備考
MA +3339−00735 Africa/Casablanca +01:00 +00:00

脚注[編集]

[脚注の使い方]