モンスター (2003年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モンスター
Monster
監督 パティ・ジェンキンス
脚本 パティ・ジェンキンス
製作 クラーク・ピーターソン英語版
シャーリーズ・セロン
マーク・ダモン
ドナルド・カシュナー英語版
ブラッド・ワイマン英語版
製作総指揮 アンドレアス・グロッシュ
スチュワート・ホール
サミー・リー
ミーガン・ライリー=グラント
アンドレアス・シュミット
出演者 シャーリーズ・セロン
クリスティーナ・リッチ
音楽 BT
撮影 スティーヴン・バーンスタイン英語版
編集 アーサー・コバーン
ジェーン・カーソン
製作会社 デンヴァー・アンド・デリラ・プロダクションズ英語版
K/Wプロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニューマーケット・フィルムズ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年12月17日
日本の旗 2004年9月25日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $8,000,000[1]
興行収入 $60,378,584[1]
テンプレートを表示

モンスター』(Monster)は、2003年アメリカ合衆国犯罪伝記映画パティ・ジェンキンス監督・脚本。シャーリーズ・セロン主演。実在した元娼婦連続殺人犯、アイリーン・ウォーノスの生涯を映画化した。

それまでステレオタイプな美人女性役が多かったセロンの演技は好評を博し、アカデミー主演女優賞第54回ベルリン国際映画祭銀熊賞、ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門) などを受賞した。彼女は役のために体重を13キロ増やし、メイクには毎回1時間半から2時間かかったという[要出典]セルビーに当たる人物が了承しなかったため、その人物の実名は映画では使われていない[要出典]

ストーリー[編集]

娼婦のアイリーン(シャーリーズ・セロン)は、バーで同性愛者のセルビー(クリスティーナ・リッチ)と出会う。セルビーは彼女のことが好きになり、やがて彼女たちは愛し合うようになる。二人で一夜を過ごす為のホテル代を稼ぐ為にアイリーンは客をとるが、客から暴行を受けたことで、逆に殺してしまう。その後、二人の生活のためにアイリーンは合法的な収入源を得ようとするが、彼女の気性のせいもあり、そのうえ、職業訓練を受けておらず世間的な常識もない彼女が職に就くのは難しいことだった。金銭的に窮し、社会に受け入れられないことに絶望した彼女は売春に戻ることにするが、そこでまた衝動的に殺人を犯してしまうのであった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

出典[編集]

  1. ^ a b Monster”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年2月6日閲覧。