モンテーニュ通りのカフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モンテーニュ通りのカフェ
Fauteuils d'orchestre
監督 ダニエル・トンプソンフランス語版
脚本 ダニエル・トンプソン
クリストファー・トンプソンフランス語版
製作 クリスティーヌ・ゴズラン
製作総指揮 アラン・サルド
出演者 セシル・ドゥ・フランス
アルベール・デュポンテル
ヴァレリー・ルメルシェ
音楽 ニコラ・ピオヴァーニイタリア語版
撮影 ジャン=マルク・ファブルフランス語版
編集 シルヴィ・ランドラフランス語版
配給 ユーロスペース
公開 フランスの旗 2006年2月15日
日本の旗 2008年4月26日
上映時間 106分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
英語
テンプレートを表示

モンテーニュ通りのカフェ』 (: Fauteuils d'orchestre) は、2006年フランス映画パリ8区・モンテーニュ通りを舞台に、アートに携わる人々の人間模様を描く。

第32回(2006年度)セザール賞にて助演女優賞(ヴァレリー・ルメルシエ)を受賞し、他に主演女優(セシル・ドゥ・フランス)・助演女優(ダニ)・脚本・編集の4部門にノミネートされた。

公開前年に他界した大女優シュザンヌ・フロンフランス語版の遺作で、「シュザンヌへ」と追悼クレジットも記されている。

解説[編集]

日本語題にも掲げられた本作の舞台・モンテーニュ通り英語版フランス語版は、パリ8区にある街路である。本作において登場人物が交錯するカフェは、演奏会・オペラなどを公演するシャンゼリゼ劇場の向かいに位置している。シャンゼリゼ劇場正面入り口の向かって右側には芝居を上演するコメディ・デ・シャンゼリゼがあり、左側にはホテルが経営するオークション会場がある。音楽・演劇・絵画という、パリが世界に誇るアートが集結した場所で、この作品はそこに携わる人々(演奏家、演劇関係者、オークション関係者)の喜怒哀楽のを描く。

原題 Fauteuils d'orchestre は、土間の前の方にある劇中音楽を演奏する楽団に近い席を意味する。客にとってその席は細部が見えても全体が見わたせず、逆に演者は知人が見えるほど近い位置に座ると演じる事に集中できないこともある。日本で開催された2006年フランス映画祭では、原題をそのまま訳した『オーケストラ・シート』の日本語題で上映された。アメリカでもその題名では通じ難いので、舞台となった大通りの名称 Avenue Montaigne の題名で公開されたが、ポスターには通りの端から見えるエッフェル塔をフィーチャーし、フランスのイメージを押し出した。アカデミー賞の外国語映画部門のフランス代表となったが、惜しくも選外となった。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

ロケ地[編集]

シャンゼリゼ劇場。正面入り口の右手にコメディ・デ・シャンゼリゼ入り口、左手にオークション会場入り口がある。
ホテル・プラザ=アテネ
  • モンテーニュ通り (Avenue Montaigne)
    パリ8区にある大通り。ジョルジュ・サンク通りのアルマ広場(アルマ=マルソー駅そば)から始まり、シャンゼリゼ通りロータリーのロン=ポワン・デ・シャンゼリゼ(フランクラン・D・ルーズヴェルト駅そば)まで続いている。高級ブランド店が多数並んでいる。
  • バール・デ・テアトル (Bar des Théâtres)
    パリ8区に実在するカフェ。モンテーニュ通りに面している。1945年創業。
  • シャンゼリゼ劇場 (Théâtre des Champs-Élysées)
    パリ8区にある劇場。モンテーニュ通りに面している。劇中では管理人のクローディ(ダニ)の部屋がある。また、ジャン=フランソワ(アルベール・デュポンテル)のコンサートが催される。
  • コメディ・エ・スチュディオ・デ・シャンゼリゼ (Comédie et Studio des Champs-Elysées)
    シャンゼリゼ劇場に隣接する劇場。「コメディ・デ・シャンゼリゼ」と「ストゥディオ・デ・シャンゼリゼ」からなる。劇中ではカトリーヌ(ヴァレリー・ルメルシエ)主演によるジョルジュ・フェドー作の舞台が上演される。
  • ドルオ=モンテーニュ (Drouot-Montaigne)
    シャンゼリゼ劇場に隣接するオークション会場。劇中ではジャック(クロード・ブラッスール)が集めた美術品のオークションが開かれる。
  • ホテル・プラザ=アテネ (Hôtel Plaza-Athénée)
    パリ8区にあるホテル。モンテーニュ通り25番地。なお、ジェシカの祖母(シュザンヌ・フロンフランス語版)が以前働いていたのはホテル・リッツ (Hôtel Ritz Paris) 。

公開[編集]

フランスでは2006年1月21日にラルプ・デュエズ映画祭で上映された後、同年2月15日に公開された。日本では、2006年3月の第13回フランス映画祭2006と同年10月の第19回東京国際女性映画祭で『オーケストラ・シート』の題で上映された後、2008年4月26日にユーロスペースで公開後、全国順次公開している。