モントレー・ポップ・フェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

モントレーモンタレー・ポップ・フェスティバルMonterey Pop Festival)は、1967年6月16日から18日までの3日間、アメリカ合衆国カリフォルニア州モントレーモンタレー)で開かれた、ロックがメインで行われた大規模な野外コンサート。

概要[編集]

テレビ番組でのザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの演奏(1967年)
ジョプリンとビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニー、1966/1967年頃。

30組以上のミュージシャンが出演し、今日のロック・フェスティバルの源流とされる。ただし出演者はロック系に限定されてはおらず、ブルース、ブルースロック系、フォーク系、インドのシタール演奏など民族音楽系のミュージシャンも出演している。当時はロックンロールからロックミュージックへの転換期であり、ヒッピーの多様な文化を受け入れようという多文化主義も影響した可能性もある。

コンサートのプロモーターのアラン・パリザーが、1966年に行われたモントルー・ジャズ・フェスティバルを観て思いついたのが発端である。そのアイデアをもとにママス&パパス[1]ジョン・フィリップス[2]と、彼らのアルバムのプロデューサーのルー・アドラーが中心となって開催された。

サマー・オブ・ラブ」と呼ばれたヒッピー・ムーブメントの真っ只中で行われ、20万人以上の観客を動員した。ジャニス・ジョプリン[3]ジミ・ヘンドリックス[4]、オーティス・レディング[5]など、このフェスティバルで知名度を高め人気を上昇させたミュージシャンも多い。

モンタレーは、その後の1969年のウッドストック、70年のワイト島、71年のバングラデシュ救済、75年のSNACKコンサート、76年のラスト・ワルツ、79年のノー・ニュークスなどの大規模ロック・フェスティバルの先がけとなった。そういう意味でも歴史的なロック・フェスティバルだったといってよい。

関連楽曲・映画[編集]

出演者[編集]

6月16日(金)夜の部[編集]

6月17日(土)昼の部[編集]

  • キャンド・ヒート 『Rollin' And Tumblin'』、『Dust My Broom』、『Bullfrog Blues
  • ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー featuring ジャニス・ジョプリン *6月18日にも出演 『Down On Me』、『Combination Of The Two』、『Harry』、『Road Block』、『Ball And Chain
  • カントリー・ジョー・アンド・ザ・フィッシュ 『Section43』、『Not So Sweet Martha Lorraine』、『The Fish Cheer』、『I Feel Like I'm Fixin' to Die Rag』、『The Bomb Song
  • アル・クーパー 『Wake Me, Shake Me
  • ザ・バターフィールド・ブルース・バンド *夜の部にも出演 昼の部の『Driftin' Blues』以外それぞれどちらの部の演奏か不明 『Born in Chicago』、『Driftin' Blues』、『Mary Ann』、『Look Over Yonder Wall』、『Droppin' Out』、『One More Heartache』、『Mystery Train』、『Double Trouble
  • クイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィス 『All I Ever Wanted To Do (a/k/a/ Dino's Song)
  • スティーヴ・ミラー・ブルース・バンド 『Mercury Blues
  • エレクトリック・フラッグ 『The Nighttime Is The Right Time』、『Drinkin' Wine』、『Groovin' Is Easy

6月17日(土)夜の部[編集]

  • モビー・グレイプ 『Indifference』、『Mr Blues』、『Sittin' by the Window』、『Omaha
  • ヒュー・マセケラ 『Bajabula Bonke (Healing Song)
  • バーズ 『Renaissance Fair』、『Have You Seen Her』、『He Was a Friend of Mine』、『Hey Joe』、『Lady Friend』、『Chimes of Freedom』、『So You Wanna Be a Rock'n Roll Star
  • バターフィールド・ブルース・バンド 上記
  • ローラ・ニーロ 『Wedding Bell Blues』、『Eli's Comin'』、『Poverty Train
  • ジェファーソン・エアプレイン 『Somebody to Love』、『The Other Side of This Life』、『White Rabbit』、『High Flying Bird』、『Today』、『She Has Funny Cars』、『Young Girl Sunday Blues』、『Ballad Of You And Me And Pooneil
  • ブッカー・T&ザ・MG's 『Booker Loo』、『Hip Hug Her
  • ザ・M.G.'s・アンド・ザ・マーキース 『Philly Dog
  • オーティス・レディング 『Shake』、『Respect』、『I've Been Loving You Too Long』、『Try a Little Tenderness』、『Satisfaction

6月18日(日)昼の部[編集]

6月18日(日)夜の部[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「夢のカリフォルニア」「マンデー、マンデー」などがヒット
  2. ^ 「花のサンフランシスコ」「夢のカリフォルニア」の作曲者
  3. ^ 「ボール&チェイン」などのライブ演奏が話題になった。
  4. ^ 「ヘイ・ジョー」「紫の煙」などの曲が有名
  5. ^ http://www.allmusic.com/album/at-monterey-mw0000311724
  6. ^ Music: Top 100 Songs | Billboard Hot 100 Chart | THE WEEK OF JULY 1, 1967

関連項目[編集]