モンマート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

モンマートは、モンマートストアシステムズが運営する日本のコンビニエンスストアチェーン。

概要[編集]

サッポロビール出身の馬場貞男が立ち上げた、コーペラティブボランタリー・チェーンである。

メンバー全員が酒販店二世の経営塾「酒販店経営技術セミナー」の修了者であり、全国各地の地区本部が自主的共同活動を行っている。

特色[編集]

専門店的水準の酒販店経営を成立させる集客手段としてコンビニのノウハウを活用するのが最大の特色。酒類の特性を捨てて一般的なコンビニとなるのではなく、あくまでも酒販店の一業態たるコンビニエントリカーショップを確立するのが基本戦略。中でも、ワイン、PB清酒と手づくり弁当、惣菜の強化によって小売店の高付加価値戦略を推進している[1]。また、ロイヤリティーが無いのも特色となっている。

FCのような本部主導型チェーンシステム集団ではなく、師弟関係の学習グループとなっている。

標準店の売上構成は、加工食品48%、種類35%、ファーストフード2%、生鮮三品5%、雑貨など10%となっている(1984年)。

沿革[編集]

  • 1975年10月 - 東京都品川区にモンマート1号店を実験店舗してオープン
  • 1977年3月 - モンマートストアシステムズを設立
  • 1978年5月 - 酒販店経営技術セミナーを創設
  • 1997年7月 - ボランタリーマーチャンダイジングネットワーク(VMN)に加盟
  • 2006年 - 創業者の馬場貞男が逝去。

店舗数[編集]

1981年 169店
1982年 203店
1983年 218店
1984年 273店
1985年 301店
1986年 330店
1987年 366店
1988年 399店
1989年 409店
1990年 419店
1991年 428店
1992年 445店
1993年 452店
2004年 365店

[2]


脚注[編集]

  1. ^ アール・アイ・シー「コンビニ」、アール・アイ・シー、1999年10月。
  2. ^ 1981-1993:流通会社年鑑 1984年版-1994年版,日本経済新聞社 2004:日経流通新聞 2005年7月27日版 P2 (※2006年以降は回答無し)