モンロー郡 (オハイオ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オハイオ州モンロー郡
Monroe County Courthouse, Woodsfield.jpg
ウッズフィールド村にあるモンロー郡庁舎
モンロー郡の位置を示したオハイオ州の地図
郡のオハイオ州内の位置
オハイオ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1813年[1]
郡名の由来 ジェームズ・モンロー
郡庁所在地 ウッズフィールド
最大の村 ウッズフィールド
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,185 km2 (457.46 mi2)
1,180 km2 (455.72 mi2)
5 km2 (1.74 mi2), 0.38%
人口
 - (2010年)
 - 密度

14,642人
12人/km2 (32.1人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4

モンロー郡: Monroe County)は、アメリカ合衆国オハイオ州の東部に位置するである。2010年国勢調査での人口は14,642人であり、2000年の15,180人から3.5%減少した[2]郡庁所在地はウッズフィールド村(人口2,384人[3])であり、同郡で人口最大の村でもある。

歴史[編集]

モンロー郡は1813年1月28日にベルモント郡ガーンジー郡ワシントン郡の一部を合わせて設立された。郡名は当時アメリカ合衆国国務長官を務めており、後に第5代アメリカ合衆国大統領になったジェームズ・モンローに因んで名付けられた。

2011年12月20日頃、ニュージャージー州の石油会社エクソン・モービル社が、子会社のXTOエナジーを通じて、ベック・エナジー社からモンロー郡ユーティカ・シェイルガス田、広さ20,056エーカー (80.2 km2) のリース契約を受けた[4]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は457.46平方マイル (1,184.8 km2)であり、このうち陸地455.72平方マイル (1,180.3 km2)、水域は15.74平方マイル (4.5 km2)で水域率は0.38%である[5]

隣接する郡[編集]

国立保護地域[編集]

  • ウェイン国立の森(部分)

人口動態[編集]

人口推移
人口
1820 4,645
1830 8,768 88.8%
1840 18,521 111.2%
1850 28,351 53.1%
1860 25,741 −9.2%
1870 25,779 0.1%
1880 26,496 2.8%
1890 25,175 −5.0%
1900 27,031 7.4%
1910 24,244 −10.3%
1920 20,660 −14.8%
1930 18,426 −10.8%
1940 18,641 1.2%
1950 15,362 −17.6%
1960 15,268 −0.6%
1970 15,739 3.1%
1980 17,382 10.4%
1990 15,497 −10.8%
2000 15,180 −2.0%
2010 14,642 −3.5%
quickfacts[6]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 15,180人
  • 世帯数: 6,021 世帯
  • 家族数: 4,4132 家族
  • 人口密度: 13人/km2(33人/mi2
  • 住居数: 7,212軒
  • 住居密度: 6軒/km2(16軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 23.6%
  • 18-24歳: 7.1%
  • 25-44歳: 25.9%
  • 45-64歳: 27.2%
  • 65歳以上: 16.3%
  • 年齢の中央値: 41歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 97.5
    • 18歳以上: 96.1

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 29.5%
  • 結婚・同居している夫婦: 61.7%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 8.1%
  • 非家族世帯: 26.7%
  • 単身世帯: 24.0%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.5%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.50人
    • 家族: 2.96人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 30,467米ドル
    • 家族: 36,297米ドル
    • 性別
      • 男性: 33,308米ドル
      • 女性: 19,628米ドル
  • 人口1人あたり収入: 15,096米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 13.9%
    • 対家族数: 11.0%
    • 18歳未満: 18.3%
    • 65歳以上: 11.4%


郡政府[編集]

モンロー郡政府は3人の委員による郡政委員会があり、州内88郡の内の85郡と同様に、郡の様々な部門を監督している。現在の郡政委員は3人とも民主党員で占められている[7]

郡内の図書館は、ウッズフィールド村にある管理事務所がモンロー郡図書館地区を管轄している。移動図書館も運営している。

2005年、この図書館は6,000人の利用者に141,000件以上の貸し出しを行った。蔵書数は64,000冊以上、定期刊行物は140種保有している[8]。この図書館はSOLO地域図書館システムのメンバーである。

モンロー郡図

郡区[編集]

モンロー郡は下記18の郡区に分割されている。

  • アダムズ
  • ベントン
  • ベセル
  • センター
  • フランクリン
  • グリーン
  • ジャクソン
  • リー
  • マラガ
  • オハイオ
  • ペリー
  • セイラム
  • セネカ
  • サミット
  • サンズベリー
  • スウィッツァランド
  • ワシントン
  • ウェイン

[編集]

  • アンティオック
  • ビールスビル
  • クラリントン
  • グレイズビル
  • ジェルサレム
  • ルイスビル
  • ミルトンバーグ
  • スタッフォード

未編入の町[編集]

  • キャメロン
  • ハンニバル
  • レイングス
  • マラガ
  • ライナードミルズ
  • サーディス
  • シカモアバレー

教育[編集]

郡内ではスウィッツァランド・オブ・オハイオ・ローカル教育学区により、以下の学校が管理されている。

  • 小学校
    • ビールスビル
    • ハンニバル
    • サーディス
    • スカイビュー、グレイズビル
    • ウッズフィールド
    • セントシルベスター・セントラル、ウッズフィールド
  • 高校
    • ビールスビル
    • モンロー・セントラル、ウッズフィールド
    • リバー、ハンニバル
  • 職業訓練センター
    • スイスヒルズ職業訓練センター、ウッズフィールド

脚注[編集]

  1. ^ Ohio County Profiles: Monroe County (PDF)”. Ohio Department of Development. 2007年4月28日閲覧。
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Monroe County Archived 2011年7月15日, at WebCite - accessed 2011-12-06.
  3. ^ American FactFinder - Woodsfield, Ohio - accessed 2011-12-06.
  4. ^ http://marcellusdrilling.com/2012/01/correction-exxon-buys-25k-acres-of-utica-shale-leases-in-oh/
  5. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  6. ^ quickfacts Archived 2011年7月15日, at WebCite
  7. ^ “County Offices-County Commissioners”. Monroe County Ohio Homepage. http://www.monroecountyohio.net/countyoffices/commissioners.html 2012年10月22日閲覧。 
  8. ^ 2005 Ohio Public Library Statistics:Statistics by County and Town”. State Library of Ohio. 2006年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年10月3日閲覧。

座標: 北緯39度44分 西経81度05分 / 北緯39.73度 西経81.08度 / 39.73; -81.08