モートン・シャンバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モートン・シャンバーグ
"God" by Baroness Elsa von Freytag-Loringhoven and Morton Schamberg MET DP137411.jpg
Telephone (1916)

モートン・リヴィングストン・シャンバーグ(Morton Livingston Schamberg, 1881年10月15日 - 1918年10月13日)とは、アメリカのキュビスムダダイスム美術家。アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアに生まれ、同じくフィラデルフィアに没する。

来歴・人物[編集]

父はドイツ出身のユダヤ系。当初は建築を学んだが、美術に転向。1900年代後半のパリで、セザンヌらの美術に触れ、その後キュビスムにも傾倒。

1913年、アーモリーショーに参加。その後、ウオルター・アレンズバーグの紹介で、マルセル・デュシャンフランシス・ピカビアと親交をもち、ニューヨーク・ダダのグループに加わる。もっとも早い「アメリカで活躍したアメリカ人のダダイスト」といえる。

1918年、フィラデルフィアのホテルに滞在中、父と共にスペイン風邪に罹患し、死亡した。埋葬されたのは、37歳の誕生日の日のことであった。

キュビスムの作品として、カラフルな色彩の作品を残している。

また、ダダの作品としては、水道管のジョイント部分をそのまま作品とした「レディ・メイド」の作品が有名。(以下の「主要な作品」のリンクを参照)

主要な作品[編集]

  • 作品図版 God, 1917年頃
    • 曲がりくねった水道管の接続部とその付近(いずれも金属)をコンクリート製または木製の台の上に置いて固定しただけのレディ・メイドの作品。タイトル「God」の意味と作品そのものとの関係も判然としない(Baroness Elsa von Freytag-Loringhovenとの共作とも言われる)[1]
  • 作品図版Telephone, 1916年
  • 作品図版カラフルなキュビスム風の風景画
  • art-net(図版あり)

関連文献[編集]

モートン・シャンバーグに言及した日本語の文献として次の文献が存在する。