モーニング国際新人漫画賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

モーニング国際新人漫画賞(モーニングこくさいしんじんまんがしょう)は、漫画作品を対象とする日本の賞。英文名称はMorning International Comic Competition(M.I.C.C.). 第3回まではMorning International MANGA Competition(M.I.M.C.)と称した。講談社が主催している。

概要[編集]

年1回、世界中から漫画作品の応募を募る。大賞に3,000USドル副賞に1,000USドルがそれぞれ贈られる。 大賞受賞作は、講談社の週刊漫画誌『モーニング』、増刊『モーニング・ツー』、公式サイトのいずれかに掲載される。大賞受賞者には講談社の編集者が担当として就き、漫画制作に協力するとしている。選考委員長は第1回から第3回まで島田英二郎が、第4回から田渕浩司が担当している。

応募者の国籍は問わない[1]。応募要項は日本語英語韓国語中国語簡体字繁体字)、イタリア語フランス語で提供されている。商業誌には未発表の50ページ以下の作品であることが条件である。作画に利用する画材などの指定はなく、紙以外のメディアでも受け付けているが、その場合は紙に印刷した原稿も提出しなければならない。応募した作品の原稿は返却されない[2]

2007年に創立され、第1回受賞作品が選ばれてから年1回の開催を経て現在に至る。

受賞作[編集]

第1回[編集]

  • 大賞 Bikkuri、Rem(作画)、『Kage no Matsuri(影の祭)』[3]
  • 副賞 LIOU MING LAW、『Nigiri Supahero(ニギリ スーパ ヒーロー)』[4]
  • 副賞 HWEI LIM、『Vefurrin(物語を紡ぐ者)』[5]

大賞受賞者の国籍はアメリカ、副賞受賞者の国籍はLAWがイギリス、LIMがマレーシアであった。

第2回[編集]

  • 大賞 余孟霖(Meng-Lin Yu)、『FAIRY TALE』[6]
  • 副賞 Kinono、『Joe's Teeth』[7]
  • 副賞 KATHRYN CHONG、『Puppet Eyes』[8]

大賞受賞者の国籍は台湾、副賞受賞者の国籍はKinonoが台湾、CHONGがマレーシアであった。

第3回[編集]

  • 大賞 黄俊璋、『Poor Knight』[9]
  • 副賞 林、『死神』[10]

大賞、副賞受賞者の国籍はともに台湾であった。

第4回[編集]

  • 大賞 金大珍(Kim Daejin)、『響かないこだま』[11]
  • 副賞 Michael Aubtin Madadi、『STARFIELDS』[12]
  • 副賞 小雷−little thunder−、『APPLE BABY CAT』[13]

大賞受賞者の国籍は韓国、副賞受賞者の国籍はMadadiがイギリス、小雷が香港であった。

第5回[編集]

  • 大賞 雅紳、『人魔共生』[14]
  • 副賞 Manguinha、『Over the Rainbow』[15]

大賞受賞者の国籍は台湾、副賞受賞者の国籍はブラジルであった。

脚注[編集]

  1. ^ 公式ウェブサイトの第5回応募要領
  2. ^ 公式ウェブサイトの第5回応募要領
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]
  5. ^ [3][リンク切れ]
  6. ^ [4]
  7. ^ [5]
  8. ^ [6]
  9. ^ [7]
  10. ^ [8]
  11. ^ [9]
  12. ^ [10]
  13. ^ [11]
  14. ^ [12]
  15. ^ [13]

参考文献[編集]

関連項目[編集]