モーリス・プレンダーガスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モーリス・プレンダーガスト

モーリス・プレンダーガストMaurice Brazil Prendergast1858年10月10日 - 1924年2月1日)はアメリカ合衆国の画家。

略歴[編集]

カナダニューファンドランド・ラブラドール州セント・ジョンズで生まれた。弟のチャールズ・プレンダーガスト(Charles Prendergast:1863–1948)もポスト印象派の画家となった。1868年に家族とボストンに移った。ボストンで商業美術の画家の見習いとして働き、ポスターなどの製作をした[1]。プレンダーガストの単純で明るい色使いはポスター製作の経験からきているとする研究者もいる[2]

1880年に絵を学ぶために弟のチャールズとパリに渡った。1891年から1895年までパリに滞在し、アカデミー・コラロッシクルトワ(Gustave-Claude-Etienne Courtois)に学び、アカデミー・ジュリアンバンジャマン=コンスタン(Jean-Joseph Benjamin-Constant)に学んだ[3]。パリではカナダ出身のジェームズ・モーリス(James Morrice)と知り合い、モーリスからイギリスの前衛画家たちウォルター・シッカートオーブリー・ビアズリーを紹介された。フランスのポスト印象派の画家エドゥアール・ヴュイヤールピエール・ボナールの作品から強い影響を受けた。ゴッホジョルジュ・スーラの作品も学んだ[4]

1895年にボストンに戻り、水彩画やモノタイプ 版画を製作した。1898年にヴェネツィアを訪れ、15世紀の画家、ヴィットーレ・カルパッチョの風俗画からヒントを得て、プレンダーガスト固有の風俗画のスタイルを作り上げた。1900年にシカゴやニューヨークの画廊で個展を開いたが批評家の批判も受けた[5]。1908年ロバート・ヘンライらが作った「The Eight」のグループ展に出展した。「The Eight」のメンバーではウィリアム・グラッケンズと生涯を通じての友人となった。プレンダーガストのスタイルは後に「アシュカン派」を創ることになる「The Eight」のメンバーと共通する点は少なく、「The Eight」のグループ展が審査員もなく、賞を争わない開かれた展覧会という趣旨に賛同して参加したものである。その後もいろいろな展覧会に出展し、有力なコレクターのコレクションに加えられることになった。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Biographical information for this entry is taken from Mathews and Roberts.
  2. ^ Roberts, p. 54.
  3. ^ nytimes.com, Russel, An Art School That Also Taught Life, March 19, 1989
  4. ^ Mathews, pp. 12–20, 23–24.
  5. ^ Kennedy, p. 110.

参考文献[編集]

  • Kennedy, Elizabeth. "Maurice B. Prendergast: The Modern Spirit" (pp. 109–119) in Elizabeth Kennedy (ed.), The Eight and American Modernisms (Chicago: University of Chicago Press, 2009).
  • Mathews, Nancy Mowll. Maurice Prendergast. New York: Prestel/Williams College Museum of Art, 1990.
  • Roberts, Norma J. (ed.). The American Collections. Columbus, OH: Columbus Museum of Art, 1988.