モーレツ!!しごき教室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モーレツ!!しごき教室
ジャンル バラエティ番組
放送時間 水曜 23:00 - 23:50
土曜 11:00 - 11:55
土曜 14:00 - 14:55
日曜深夜 0:00
ほか(50 → 55分)
放送期間 1973年10月 - 1984年9月
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
吉本興業
出演者 横山やすし
西川きよし
木村進
間寛平
オール阪神・巨人
ほか
テンプレートを表示

モーレツ!!しごき教室』(モーレツ しごききょうしつ)は、1973年(昭和48年)10月3日から1984年(昭和59年)9月の11年間にわたって放送された、毎日放送MBSテレビ)のテレビ番組。吉本興業との共同制作で、旧うめだ花月劇場からの中継録画。テレビネットワークの腸捻転時代から放送されており、一部の地方放送局へもネットされた。放送時間は水曜23時台、土曜11時台、14時台、日曜深夜0時台など放送時期によって変わった。

番組概要[編集]

司会に横山やすし西川きよしを迎え、吉本興業に所属する若手芸人(漫才落語新喜劇など。番組内では生徒と称した)が出演し、スポーツや芸能の第一線で活躍する著名人の妙技に体当たりで挑戦する番組。番組は主にうめだ花月で公開収録されていた。

やすしは常時片手にハリセン(当番組の講師としても多数出演したチャンバラトリオの必須アイテム)を持っており、間寛平ら生徒がボケたりすると容赦なくハリセンチョップをかますシーンも番組名物となった。

中期のころから番組冒頭で生徒の紹介をする時に客席からひいきの芸人に対してプレゼントを渡すのが恒例となっていた。

講義としては殺陣トランポリン日舞少林寺拳法など多彩で、生徒たちは1回の放送につき2本の講義に挑戦する。講義終了後講師の独断により“最優秀生徒”が1名選出され、番組エンディングでメダル授与・胴上げが行われた。また、ステージ上には生徒の獲得メダル数を記載したボードが掲げられており、いずれかの生徒の獲得メダルが8枚に達すると舞台天井にくす玉(ヒモ付き)が用意され、達成者出現と同時にやすし・きよしの手によって割られ、大量の紙吹雪と紙テープが降った。ちなみに達成者には毎日放送から豪華賞品(内容は不明)の目録が手渡されていた。その点に関しては、『笑点』(日本テレビ系)の大喜利の座布団10枚達成の部分と共通する点がある。なお、メダル10枚獲得達成者が出た翌週からは、全生徒のメダル獲得数は“0”にリセットされた。

2002年以降、なんばグランド花月のイベントとして復活した。司会は2002年にはケツカッチンが、その後は中川家が務めた。また、2012年1月4日放送の『春一番!笑売繁盛』(生放送)の中でも復活した。司会は西川きよしとハイヒールリンゴが、生徒役はたむらけんじ千鳥ほかが務めた。

主な生徒[編集]

ネット局[編集]

東西激突!!しごき教室[編集]

1981年元日の15:30 - 16:45(JST)、当番組の新春特番である『東西激突!!しごき教室』がJNN加盟全25局ネット(当時)で放送された。司会及び西軍メンバーはレギュラー版と同じ横山やすし・西川きよし、木村進、間寛平、オール阪神・巨人、楠本見江子、室谷信雄で、彼らに加え東軍メンバーとしてせんだみつお角川博香坂みゆきゆーとぴあ(城後光義・帆足新一)、鈴々舎馬風が出演した。なお、MBSとネット関係にある在京キー局(NETテレビ[現・テレビ朝日]/東京12チャンネル[現・テレビ東京]→TBS)で「しごき教室」が放映されたのはこの1例のみである。

復活!モーレツ!!しごき教室[編集]

映像外部リンク
吉本興業創業100周年記念SPライブ「復活!モーレツ!!しごき教室」PR映像

2012年7月25日、吉本興業創業100周年記念SPライブとして、当番組のリメイク企画である『復活!モーレツ!!しごき教室』がルミネtheよしもとにて行われた。司会は東野幸治。講師役として元K-1ファイターの武蔵、兄弟ジャグラー桔梗ブラザーズが登場した。

出演した芸人[1]

備考[編集]

札幌すすきのの風俗店にこの番組タイトルの名前を使った店がある。オールザッツ漫才200777すっちー風俗漫談ネタにしていた。「加減が必要や」と突っ込んでいた。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ lumineseisaku (2012年7月25日). “この後19:30 - 20:45「復活!モーレツ!!しごき教室」”. ルミネtheよしもと スタッフ. Twitter. 2015年8月26日閲覧。