ヤクルト・スワローズ詩集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『ヤクルト・スワローズ詩集』(ヤクルトスワローズししゅう)とは、村上春樹自費出版したとしている作品。

概要[編集]

村上春樹と糸井重里の共筆である「夢で会いましょう」にヤクルト・スワローズ詩集からの引用として、「オイル・サーディン」「スクイズ」「スター・ウォーズ」「チャーリー・マニエル」「ビール」の五編が収録されており、東京ヤクルトスワローズの球団公式サイトに「ヤクルト・スワローズ詩集より」としてエッセイと共に「右翼手」が掲載されている。(CREAの2015年9月号に掲載された村上の旅エッセイにも熊本の朗読会で朗読したものとして書かれている。)

この「ヤクルト・スワローズ詩集」について、「スメルジャコフ対織田信長家臣団」では完全なジョークであるとし、存在を否定している。 だが、先述の「ヤクルト・スワローズ詩集より」には、1960年代から1980年代の初めにかけて神宮球場でノートに書いていた詩のようなものをまとめ、小説家としてデビューしてから三年後の1982年頃に自費出版したとしており、「村上さんのところ」では同名の短編小説を書いたとしている。[1]

withnewsでの取材によると、「ヤクルト・スワローズ詩集」は存在しておらず、その詩集をどのように出版したかということを「ヤクルト・スワローズ詩集より」という物語として書いたということを、「村上さんのところ」で言っているとしている。[2]

収録したとしている作品[編集]

  • オイル・サーディン
  • スクイズ
  • スター・ウォーズ
  • チャーリー・マニエル
  • ビール
  • 右翼手

脚注[編集]

[ヘルプ]