ヤコブス・ヴァン・コートランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤコブス・ヴァン・コートランド
第30、33代ニューヨーク市長
任期
1710年 – 1711年
前任者 エビニーザー・ウィルソン英語版
後任者 カレブ・ヒースコート英語版
任期
1719年 – 1720年
前任者 ジョン・ジョンストン
後任者 ロバート・ウォルターズ英語版
個人情報
生誕 1658
死没 1739
ニュージャージー州バーゲン英語版

ヤコブス・ヴァン・コートランド(Jacobus Van Cortlandt, 1658年 - 1739年)は、アメリカの商人。1710年から1711年まで、および1719年から1720年までニューヨーク市長を務めた。

1691年頃、現在のブロンクス区ヴァン・コートランド公園英語版に当たる地区をジョン・バレットから購入した。

1739年に死亡した。[1]

孫の一人ジョン・ジェイは「アメリカ合衆国建国の父」の一人で、初代アメリカ合衆国最高裁判所長官である。そして、孫の一人オーガスタス・ヴァン・コートランドは市の職員だった。

脚注[編集]