ヤコブ・コーンフェール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤコブ・コーンフェール
国籍 チェコの旗 チェコ
現在のチーム オンガッタ・セントロ・セタ
ゼッケン 84
レースでの経歴
ロードレース世界選手権 Moto3クラス
活動期間 2012年–2015
マニファクチャラー FTR Honda, Kalex KTM, KTM
チャンピオン 0
2014年 順位 12位 (97 pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
68 0 1 0 2 299
ロードレース世界選手権 125ccクラス
活動期間 2009年2011年
マニファクチャラー リンカーン, Aprilia
チャンピオン 0
2011年 順位 12位 (72ポイント)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
39 0 0 0 0 100

ヤコブ・コーンフェール(Jakub Kornfeil、ヤクブ・コーンフェール、ヤコブ・コーンフェイルとも、1993年4月8日 - )は、チェコ南モラヴィア州ホドニーン郡キヨフ出身のオートバイレーサー。現在ロードレース世界選手権125ccクラスに参戦中。

経歴[編集]

キャリア初期[編集]

2001年、8歳の時からモトクロスレースを始めたコーンフェールは、翌2002年には65ccのミニモタードレースのチャンピオンとなった[1]。その後ミニバイクレース、125ccのロードレース国内選手権等を経て、2008年にはロードレース世界選手権のヨーロッパラウンドでのサポートレースであるレッドブルMotoGPルーキーズカップに参戦、年間ランキング9位を記録した[2]

翌2009年シーズンもルーキーズカップに参戦を継続、コーンフェールは全てのレースを8位以内で完走、最終戦の地元ブルノ・サーキットのレース2でシーズン3勝目を挙げ、ノルウェーのストゥーラ・ファーガーハウグを2ポイント差で逆転してチャンピオンに輝いた[3][4]

ロードレース世界選手権125ccクラス[編集]

ルーキーズカップの2009年シーズン閉幕後、コーンフェールはロードレース世界選手権125ccクラスにデビューを果たした。アレクシ・マスボーに代わりロンシンチームのレギュラーシートを確保し、小山知良をチームメイトに第13戦サンマリノGP以降の終盤5戦に出場した[5]。マシンのパフォーマンスが低かったこともあり、ベストリザルトは第16戦マレーシアGPでの19位に留まりポイント獲得は果たせなかった。

2010年シーズンは小山と共にレーシング・チーム・ジャーマニーに移籍、型落ちのアプリリア・RSW125を駆ることになった[6]。ベテランの小山ほどの活躍は残せなかったが、コーンフェールはウェットレースとなった第10戦・地元チェコGPでベストリザルトとなる5位に入賞、年間ランキングでは17位を記録した。

2011年はオンガッタ・セントロ・セタチームに移籍、引き続きRSW125を駆ってフル参戦2年目のシーズンに臨む。

ロードレース世界選手権 戦績[編集]

  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
シーズン クラス バイク 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
2009年 125cc ロンシン QAT JPN SPA FRA ITA CAT NED GER GBR CZE IND SMR
28
POR
25
AUS
23
MAL
19
VAL
Ret
NC 0
2010年 125cc アプリリア QAT
19
SPA
14
FRA
19
ITA
17
GBR
20
NED
15
CAT
16
GER
17
CZE
5
IND
14
SMR
16
ARA
14
JPN
Ret
MAL
14
AUS
14
POR
11
VAL
15
17位 28

脚注[編集]

  1. ^ #84 Jakub Kornfeil”. Red Bull MotoGP Rookie Cup. Red Bull. 2010年11月8日閲覧。
  2. ^ Red Bull Rookie Standings 2008”. Red Bull MotoGP Rookie Cup. Red Bull. 2011年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月8日閲覧。
  3. ^ Red Bull Rookie Standings 2009”. Red Bull MotoGP Rookie Cup. Red Bull. 2010年11月8日閲覧。
  4. ^ http://www.motogp.com/ja/news/2009/kornfeil+wins+the+brno+race+and+the+red+bull+rookie+cup+0
  5. ^ G.P. Cinzano di San Marino e Riviera di Rimini: 125cc Entry List (PDF)”. motogp.com. Dorna Sports. 2010年11月8日閲覧。
  6. ^ “Racing Team Germany present their 2010 line-up”. motogp.com (Dorna Sports). (2010年3月26日). http://www.motogp.com/en/news/2010/racing+team+germany+presentation 2010年11月8日閲覧。