ヤナギブソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ヤナギブソン
本名 柳谷 学(やなぎたに まなぶ)
生年月日 (1976-03-25) 1976年3月25日(45歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市阿倍野区
血液型 A型
身長 168cm
言語 日本語
方言 大阪弁
最終学歴 追手門学院大学卒業
出身 NSC大阪校17期
コンビ名 君と僕(2001年解散)
グループ名 ザ・プラン9
相方 お〜い!久馬
浅越ゴエ
コヴァンサン
きょうくん
爆ノ介
芸風 コント漫談フリップ芸
事務所 吉本興業
活動時期 1997年 -
同期 バイきんぐ
レイザーラモン
佐久間一行
青空 など
配偶者 既婚(2006年)
受賞歴
ザ・プラン9として>
・「E-1グランプリ2002」準グランプリ
・「第34回NHK上方漫才コンテスト」優秀賞 (2003年)
・「NHK上方漫才コンテスト」優秀賞(2004年)
・「BGO上方笑演芸大賞」審査員特別賞(2005年)
・「第2回BGO上方笑演芸大賞」大賞(2006年)
・「第6回オートバックスM-1グランプリ」決勝進出(2006年)
<ピン芸人として>
・「R-1ぐらんぷり」決勝進出(2004年)
・「R-1ぐらんぷり」決勝進出(2012年)
・「R-1ぐらんぷり」決勝進出(2013年)
テンプレートを表示

ヤナギブソン(本名:柳谷 学(やなぎたに まなぶ)[1]1976年3月25日 - )は、日本お笑いタレント漫談家。吉本興業所属。お笑いユニットザ・プラン9のメンバーで担当はツッコミピン芸人としても活動している。愛称は「ギブソン(さん)」、「ギブちゃん」、「ザ」。

経歴[編集]

1976年3月25日生まれ。出身は大阪府大阪市阿倍野区大阪府立住吉高等学校追手門学院大学卒業[2][3]

大学卒業後NSC大阪校17期生として入学。同期にはバイきんぐ(のちに他事務所へ移籍)や青空ゴリけん等がいる。NSC時代に漫才コンビ「君と僕」を結成、のち2001年に解散。コンビ解散後の2002年4月、元スミス夫人なだぎ武と共にザ・プラン9に加入。元々トリオだったザ・プラン9はここから5人体制のユニットとして本格活動を開始。加入当初は他のメンバーより芸歴が短いせいで吉本側から正式加入を認められず、サポートメンバーと言う扱いだった[4]

ザ・プラン9としては、2004年第34回NHK上方漫才コンテストにて優秀賞を受賞し[5]、2006年には『M-1グランプリ2006』の決勝戦に進出して9組中7位(597点)となる[6]。また、ピン芸人としてはR-1ぐらんぷりに出場し3度の決勝進出を果たす(2004年、2012年、2013年)。

芸風[編集]

主なスタイルはツッコミ及びツッコミボケ漫談フリップ芸大喜利等も得意とする[7][8]

どうでもいい話題(妻との馴れ初め等)を振られた際に、真面目に長々と語り「……って、こんな話誰が興味あんねん!」と一人ツッコミをすることを持ちギャグとしている。更にその話題に共演者が興味ある素振りを見せると「いや、この話興味を持ってたらダメなんですよ!」と被せる発展形もある。

音楽洋楽や日本語ラップ)や将棋などに造詣が深く、他にも政治哲学パンけん玉など守備範囲が広い。そのためバラエティ番組以外にもコメンテーターリポーターとしても出演することも多い。本人は「知識は浅く、幅広くやらせてもらってます。幅です。羽場裕一です」と語っている[9][10][11][12][13]

人物[編集]

趣味・特技[編集]

家族[編集]

エピソード[編集]

  • 芸名の由来はギターメーカーのギブソンからではなく、「本名の柳谷(やなぎたに)を俳優のメル・ギブソンっぽい名前に変えた」と語っている[19]
  • 2018年5月2日に「ギターメーカー“ギブソン”の経営破綻」のニュースが報じられた際にTwitter上では「ヤナギブソンは大丈夫か?」や「ヤナギブソンはこの件に関してまだコメントしていない」などの声があがった。それに対しては「僕は大丈夫です」とツイートしたと語っている[19]
  • ゆりやんレトリィバァがデビューする前から交流があり、ゆりやんはヤナギブソンのことを「産みの親」と慕っている[20]
  • 茨木市で開催されたお笑いライブにヤナギブソンが特別審査員として参加。そこにゆりやん(当時養成所所属中)が出演したものの何の賞にもひっからなかったが、ヤナギブソンが「ゆりやんにどうしても賞をあげたい」と急遽「ヤナギブソン賞」を贈呈し高く評価した[21]
  • 30年間共に暮らした祖母には名前(本名=まなぶ)をなかなか覚えてもらえず、ずっと「まさる」と呼ばれていた。更に4年に一度「みのる」と呼ばれ、30年のうち2度「まさのぶ」と呼ばれたこともある[22]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ [編集]

ネット番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Inc, Natasha. “ヤナギブソン” (日本語). お笑いナタリー. 2021年5月24日閲覧。
  2. ^ 住吉高等学校(大阪府)出身の有名人” (日本語). みんなの高校情報. 2021年5月24日閲覧。
  3. ^ 卒業生のヤナギブソンも出演!中高大一体でイベント開催 |追手門学院大学” (日本語). 追手門学院大学. 2021年5月24日閲覧。
  4. ^ 『お笑いtyphoon! Japan』エンターブレイン、2004/1/1 20014。
  5. ^ 第34回NHK上方漫才コンテストで浅越ゴエさんのザ・プラン9が優秀賞!! | 立命館大学校友会”. 2021年5月24日閲覧。
  6. ^ オートバックス M-1グランプリ2006”. www.asahi.co.jp. 2021年5月24日閲覧。
  7. ^ (日本語) 『問題』 ザ・プラン9 ヤナギブソン, https://www.youtube.com/watch?v=srcrrFWFyWU 2021年5月24日閲覧。 
  8. ^ (日本語) 【芸人】連発! 誰が興味あんねん! 〜ヤナギブソン YouTube大喜利ダイジェスト〜, https://www.youtube.com/watch?v=hx-iojruUjo 2021年5月24日閲覧。 
  9. ^ アルキモッテFREESTYLE - YouTube”. www.youtube.com. 2021年5月24日閲覧。
  10. ^ よしもと部活動プロジェクト ブカツ!” (日本語). よしもと部活動プロジェクト ブカツ!. 2021年5月24日閲覧。
  11. ^ ヤナギブソン 野党の国会追及に苦言 週刊誌報道発端「絶対正しいと限らない」(デイリースポーツ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年5月24日閲覧。
  12. ^ 本の感想 「最強哲学入門 東洋哲学編」 - ヤナギブソンの誰が興味あんねんLIFE” (日本語). stand.fm. 2021年5月24日閲覧。
  13. ^ ヤナギブソンはInstagramを利用しています:「拒否」” (日本語). Instagram. 2021年5月24日閲覧。
  14. ^ a b ザ・プラン9 プロフィール|吉本興業株式会社”. profile.yoshimoto.co.jp. 2021年5月24日閲覧。
  15. ^ Facebookにログイン” (日本語). Facebook. 2021年5月24日閲覧。
  16. ^ ヤナギブソン、放送500回記念で家族旅行「申し訳ない」 » Lmaga.jp”. Lmaga.jp (2020年10月19日). 2021年5月24日閲覧。
  17. ^ (日本語) ヤナギブソンの(ザ・プラン9)すべらない話 【おばあちゃん】, https://www.youtube.com/watch?v=qhnFze5uMnE 2021年5月24日閲覧。 
  18. ^ 人志松本のすべらない話”. www.fujitv.co.jp. 2021年5月24日閲覧。
  19. ^ a b MBSトピックス”. MBSラジオ AM1179 FM90.6. 2021年5月24日閲覧。
  20. ^ 「新しい環境が本当に嫌だった…」ゆりやんレトリィバァを変えた“以心伝心”の意識 (1)” (日本語). マイナビニュース (2021年4月2日). 2021年5月24日閲覧。
  21. ^ ゆりやんレトリィバァ、肩書は“MC”ではなく“いらんことしい” 「先輩がしてくれたように…」と本音も<インタビュー>(ザテレビジョン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年5月24日閲覧。
  22. ^ (日本語) ヤナギブソンの(ザ・プラン9)すべらない話 【おばあちゃん】, https://www.youtube.com/watch?v=qhnFze5uMnE 2021年5月24日閲覧。