ヤバイTシャツ屋さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ヤバイTシャツ屋さん
出身地 日本の旗 日本 大阪府南河内郡河南町[1]
ジャンル メロディック・ハードコア
インディー・ロック
エモ
コミックソング
活動期間 2012年
2013年
2014年 -
レーベル ユニバーサルシグマ2016年 - )
事務所 BADASS(2016年 - )
公式サイト http://yabaitshirtsyasan.com/
メンバー こやまたくや(ボーカルギター
しばたありぼぼ(ボーカル・ベース
もりもりもと(ドラムスコーラス

ヤバイTシャツ屋さん(Yabai T-shirts yasan やばいてぃーしゃつやさん)は、日本スリーピースロックバンドである。略称はヤバT(ヤバティー)。所属事務所はBADASS、レーベルはユニバーサルミュージックグループ傘下のユニバーサルシグマ

来歴[編集]

バンド名は、こやまたくやが大阪芸術大学時代に、先輩が発した「今度、ヤバイTシャツ屋さん行きまぁーす」の言葉の語感が良く「これをバンド名にしバンドを組みたい」[2][3]と思ったことに由来する。こやまの下、大阪芸術大学に在学していた軽音楽サークルのメンバーによって2012年5月に招集・結成されるが、わずか1ヶ月で活動を休止。翌2013年10月に活動を再開するが、その時も1ヶ月で休止。

2014年7月に再び活動を再開する。関西を拠点にライブ活動を行い、自主制作でCDをリリースしながら「出れんの!?サマソニ!?」を勝ち抜き、SUMMER SONIC TOKYOに出演。

2015年11月、関西最大級の音楽コンテスト「eo Music Try 2015」でグランプリを獲得。

2016年 京都大作戦、牛若ノ舞台に初出演。同年11月2日、ユニバーサル・ミュージックからメジャーデビュー。事務所は10-FEETG-FREAK FACTORY、NUBOらが所属するBADASS。

2018年3月、こやまポリープのため手術を行い、一時ライブ活動休止。

2019年6月8.9日サンリオピューロランドにてワンマンライブを開催

記載内容以外にも数々のロック・フェスティバルに出演、ツアーを開催している。

NHK紅白歌合戦に出演することを2015年より目標に掲げ活動している。

メンバー[編集]

こやまたくやボーカルギター): (1992-10-23) 1992年10月23日(27歳) -

  • 本名:小山 拓也。京都府京都市中京区で生まれ、5歳の時に京都府宇治市に引っ越し、高校3年までを過ごす。大学のため大阪府富田林市に引っ越した。2017年現在は京都府京都市右京区に在住。
  • 宇治市立菟道第二小学校宇治市立宇治中学校京都府立莵道高等学校出身。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。「無線LANばり便利」のPV終盤で京都府在住であることが明かされた。その時PV終盤にて、こやま宅のWi-FiパスワードYouTube上で公開された[4]
  • 本名や寿司くん名義で映像作家として自主アニメ制作やMV監督などの制作活動をしている。
  • ヤバイTシャツ屋さんの公式Twitterはこやまが手動で行なっており、「ヤバT」や「ヤバイTシャツ屋さん」などでエゴサーチをして毎日いいねを押している。また、ツイートを躊躇なく消すことが多い。
  • 靴のサイズは24.5cmである[5]
  • 中学時代にマキシマム ザ ホルモンを好きになったことがきっかけでマキシマムザ亮君に憧れ、レスポールを手にし、ギターを独学ではじめた。
  • 地元宇治の太陽が丘(京都府立山城総合運動公園)で毎年開催されている10-FEET主催の野外フェス・京都大作戦にマキシマム ザ ホルモンが出演することをきっかけに初回の2007年(中止)から参加していた。そして、2016年からはヤバイTシャツ屋さんで出演アーティスト側として参加している。
  • 京都大作戦をきっかけに10-FEETを知り、2008年にはじめて10-FEETのライブを見て衝撃を受け、一緒に行った友達とバンドを組み、高校の文化祭で披露した。そして大学でヤバイTシャツ屋さんを組み、最初は10-FEETのコピーなどもしていた[6]
  • 2019年の源氏ノ舞台のライブ中のMCでは、「2008年に10-FEETのライブを見たせいで人生を狂わされました。おかげで今めちゃくちゃ幸せです!」と発言している[7]
  • すぐに「しにたい」と言う。

しばたありぼぼボーカルベース): (1994-03-31) 1994年3月31日(26歳) A型

  • 大阪府高槻市出身。
  • 0歳から5歳まで、アメリカ合衆国メリーランド州にて育った帰国子女[8]英語に精通しており、楽曲「ヤバみ」の英語詩部分の英訳などもしている。
  • 大阪薫英女学院高等学校出身。こやまたくやと同じく、大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。
  • 8歳離れた兄の影響でORANGE RANGEHIGH and MIGHTY COLORなどをよく聴いていた。
  • 芸大時代の友人アサクラチエコと「ニューロン」と言うヒップポップ(HIPHOPではない)コンビを組んでいる。
  • 靴のサイズは22.5cmである。[5]
  • スペースシャワーTVで放送中のSiM MAHらが手掛けるゲーミングプロジェクト「THE REBEL’S eMPIRE」のPLAYeRSに2020年4月30日加入。

もりもりもとドラムスコーラス): (1993-10-19) 1993年10月19日(26歳) -

  • 本名:森本 啓太(もりもと けいた)。静岡県浜松市出身。
  • 浜松学芸高等学校出身。こやま、しばたと同じ大阪芸術大学出身だが学科は違い、芸術計画学科卒業
  • 身長169cm(700m)
  • 楽曲によってはドラム以外の音源も担当する。「肩 have a good day」では口笛ソロ、「君はクプアス」ではハーモニカソロ、「大人の事情」ではトランペットソロをするなど多彩。
  • 好きな色は黒。Dr.Martensのブーツを愛用している。足のサイズはUK7。
  • ライブ中、こやまに突然自身のLINE IDを発表され、ドラムの音でかき消そうとしたが、間に合わなかった[9]。その後も、ツアーや「COUNTDOWN JAPAN17/18」、『オールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)出演時など、事あるごとにLINE IDが流出している。
  • 靴のサイズは26.5cmである。[5]
  • 浜松市のやらまいか大使を務めている。

ディスコグラフィー[編集]

ヤバイTシャツ屋さんのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 3
ミュージック・ビデオ 24
インディーズ・自主制作盤シングル 4
メジャーシングル 6

インディーズ・自主制作盤[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 収録曲 規格品番 備考
1st 2015年5月5日 そこまでヤバくない YABA-001
2nd 2015年10月29日 ピアノロックバンド YABA-002 ヤバイTシャツ屋さんはピアノロックバンドではない。
2.5th 2016年6月22日 そこまでレアじゃない NCS-10119 タワーレコード限定販売。
期間限定販売(2016年6月22日10:00~7月29日3:00の881時間)。
オリコンインディーズチャート週間2位。
タワーレコード全店舗総合デイリーチャート1位。
#3はカバー曲。
3rd 2016年7月2日 ポップコーンパーティー YABA-003

メジャー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 収録曲 規格品番 順位 備考
4th

(1st)

2017年4月5日 どうぶつえんツアー UMCK-9903(初回限定盤)
UMCK-5626(通常盤)
11位 初回盤にはDVD付属。
5th

(2nd)

2017年9月20日 パイナップルせんぱい UMCK-9922(初回限定盤)
UMCK-5636(通常盤)
2位 初回盤にはDVD付属。
6th

(3rd)

2018年5月16日 げんきいっぱい UMCK-9942(完全生産限定盤)
UMCK-9941(初回限定盤)
UMCK-5649(通常盤)
4位 初回限定盤にはDVDが付属、完全生産限定盤にはDVD+タオルが付属。
7th

(4th)

2018年9月19日 とってもうれしいたけ UMCK-9949(初回限定盤)
UMCK-5657(通常盤)
6位 初回限定盤にはDVDが付属。
8th

(5th)

2019年7月10日 スペインのひみつ UMCK-7012(初回限定盤)
UMCK-5672(通常盤)
4位 初回限定盤にはDVDが付属。
9th

(6th)

2020年3月18日 うなぎのぼり UMCK-7047(初回限定盤)
UMCK-5687(通常盤)
9位 初回限定盤にはDVDが付属。

デジタル配信[編集]

  発売日 タイトル 収録曲 規格 備考
1st 2020年1月13日 はたちのうた 配信 成人の日に配信開始

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 収録曲 規格品番 順位 備考
1st 2016年11月2日 We love Tank-top UMCK-9882(初回限定盤(DVD))
UMCK-9883(通常盤初回プレス)
PROS-1906
(ヴィレッジヴァンガード盤
(DVD+タンクトップ))
7位
2nd 2018年1月10日 Galaxy of the Tank-top UMCK-9929(初回限定盤(DVD))
UMCK-9934(通常盤初回プレス)
UMCK-1588(通常盤)
4位
3rd 2018年12月19日 Tank-top Festival in JAPAN UMCK-9980(初回限定盤(DVD))
UMCK-1613(通常盤)
6位
4th 2020年9月30日 We need the Tank-top 癒着☆NIGHT、sweet memories、泡 Our Music、はたちのうたに加え、新曲9曲の計13曲を収録予定 UMCK-7075(初回限定盤(DVD))
UMCK-1670(通常盤)
7/29配信の無観客スタジオワンマンライブより24時間限定に購入するとメンバー全員の直筆サイン入りアナザージャケットが手に入る。

DVD・Blu-ray[編集]

  発売日 タイトル 収録曲 規格品番 順位 備考
1st 2017年9月20日 Tank-top of the DVD UMBK-1253 3位
2nd 2018年9月19日 Tank-top of the DVD II UMBK-1264 2位 デジパック仕様
3rd 2020年3月18日 Tank-top of the DVD III UMBK-1284(DVD盤)
UMXK-1077(Blu-ray盤)
(DVD)8位
(Blu-ray)19位

(音楽DVD)3位

(音楽Blu-ray)7位

タイトルには「DVD」とあるが、DVD盤・Blu-ray版の二形態

楽曲提供[編集]

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
寿司くん
(こやまたくや)
あつまれ!パーティーピーポー(インディーズ版/メジャー版)」
Tank-top of the world(インディーズ版)」
ウェイウェイ大学生
ヤバみ
無線LANばり便利
ハッピーウェディング前ソング
Tank-top in your heart
かわE」(SHOWMOVのShohei Ogawaとの共同制作)
癒着☆NIGHT
鬼POP激キャッチー最強ハイパーウルトラミュージック
KOKYAKU満足度1位
肩 have a good day(2018 ver.)
Tank-top Festival 2019
泡 Our Music
Universal Serial Bus
sweet memories
しばたありぼぼ 肩 have a good day

受賞[編集]

  • 「出れんの!?サマソニ!? 2015」大谷ノブ彦賞
  • 「eo Music Try 2015」グランプリ
  • 「ワン!チャン!!~ビクターロック祭り2016への挑戦~」グランプリ
  • 2017年「文化庁メディア芸術祭」エンターテインメント部門新人賞受賞(岡崎体育『MUSIC VIDEO』寿司くん(こやまたくや)監督)
  • SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018」BEST CONCEPTUAL VIDEO(『ヤバみ』、寿司くん(こやまたくや)監督)

出演[編集]

テレビ[編集]

  • よなよなラボ(2020年4月18日- 、毎月第1または第2土曜日深夜、NHK総合)
    • テンゴちゃん~土曜深夜の辺境レボリューション~(2018年8月15日 -2020年3月8日、毎月第1または第2土曜日深夜、NHK総合) - 下記の単発と同様、岡崎体育と共に司会を務めた。「土曜深夜の辺境レボリューション」をテーマに番組を進行していった[10]。2020年3月8日に最終回を迎え『よなよなラボ』(2020年4月18日-)に改題しリニューアル。[11]
    • テンゴちゃん(2018年5月13日、NHK総合[12])‐ 当時は定期放送化するのかが未定で、インターネット上の反応によって今後が決定するとの事だったが、無事レギュラーに昇格。
  • タモリ倶楽部(2019年5月24日、テレビ朝日)- 「石積みはコミュニケーションツール!?」
  • ちちんぷいぷい(2019年10月、毎日放送
    • 「メンバー全員が関西地方で生活していた時期に視聴者として馴染みの深かった番組」という縁から、関西ローカルでの番組開始から20周年を記念して、「はたちのうた」というオリジナルソングを制作。『ちちんぷいぷい おかげさまで20歳 ~やりたいことつめこんだらヤバイ10日間になりましたスペシャル~』期間中のテーマソングに使われたほか、期間初日の放送(10月14日)には、同曲の発表を兼ねてライブ会場からの生中継で出演した。
    • 「はたちのうた」については、レギュラー放送の再開(2019年10月28日)後も、番組のテーマソングとして使用を継続。同年11月には、『+ music』(毎日放送)のマンスリーテーマソングにも採用されている。当初はYouTubeの同局公式チャンネルからPV動画(ショートバージョン)を1ヶ月限定で配信していたが、ワンマンライブなどでの披露を経て、翌2020年の成人の日(1月13日)12:00からフルバージョンを正式にデジタル配信。同年3月18日リリースのメジャーシングル第9弾「うなぎのぼり」にも、カップリング曲として収録された。

ゲーム[編集]

  • jubeat
    • 「ハッピーウェディング前ソング」が収録されている。
  • 太鼓の達人
    • 「ハッピーウェディング前ソング」が収録されている。
  • SHOW BY ROCK!! Fes A Live(2020年4月 - 、iOS / Android
    • ゲーム内にヤバイTシャツ屋さんの楽曲が収録されるほか、メンバーそれぞれをモチーフとしたゲームキャラクター「ヤバイ洗濯屋さん」が登場する[13][14]

ラジオ[編集]

  • ヤバイTシャツ屋さん WEEKEND SHELTER(奇数月毎週日曜夜22時〜23時、エフエム京都
  • ヤバイラジオ屋さん 第1回(2018年8月18日、NHKラジオ第1
  • ヤバイラジオ屋さん 第2回(2019年1月6日、NHKラジオ第1)NHK編成局長特賞受賞
  • ヤバイラジオ屋さん 第3回(2019年8月22日、NHKラジオ第1
  • ヤバイラジオ屋さん 第4回(2020年1月3日、NHKラジオ第1
  • ヤバイラジオ屋さん 第5回(2020年4月29日、NHKラジオ第1

タイアップ[編集]

  • ロッテ キシリトールガム発売20周年記念プロジェクトコラボ楽曲(2017年)-「とりあえず噛む」
  • サントリー デカビタC コラボ楽曲(2017年)-「Tank-top in your heart」
  • NHKフレッシャーズキャンペーン(2018年) ‐ 「案外わるないNHK」(MVは、東京都渋谷区にあるNHK放送センターにて撮影[15][16]。)
  • 東京モード学園 TVCM(2018年)- 「鬼POP激キャッチー最強ハイパーウルトラミュージック」
  • SUUMO(スーモ)TVCM "スーモとヤバT篇"(2019年)-「スーモマーチ」
  • SUUMO(スーモ)TVCM "スーモとヤバT お宅訪問篇"(2019年)-「スーモマーチ」
  • サントリー デカビタC コラボ楽曲(2018年)-「Tank-top Festival 2019」
  • 映画「ニセコイ」主題歌 (2018年)-「かわE」
  • 映画「ニセコイ」挿入歌(2018年)-「KOKYAKU満足度1位」
  • auKDDI)TVCM "意識高すぎ!高杉くん 「ドラム」篇 "(2019年)-「かわE」
  • グリコ セブンティーンアイス ダンスコンテスト課題曲(2019年)-「DANCE ON TANSU」
  • 志摩スペイン村 TV・ラジオCM(2019年)-「きっとパルケエスパーニャ」
  • 日本コカ・コーラ スプライト (炭酸飲料) TVCM(2019年)-「癒着☆NIGHT」
  • QTnetTVCM(2019年)-「無線LANばり便利」
  • MBS ちちんぷいぷい テーマソング(2020年)-「はたちのうた」
  • クラシエ いち髪TVCM(2020年) -「泡 Our Music」

その他[編集]

  • 勇者ああああ(テレビ東京)- 「あつまれ!パーティーピーポー」をテーマソングとして使用
  • かみひとえ(テレビ朝日)-「癒着☆NIGHT」をテーマソングとして使用

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

日程 公演名 備考
2015 8月17日 ヤバイTシャツ屋さん
祝!ヤバイTシャツ屋さん サマソニ出演記念「YABER SONIC 2015」
2016 8月12日 ヤバイTシャツ屋さん
ワンマンライブ「まだ早い」
11月15日〜2017年2月7日 ヤバイTシャツ屋さん
"We love Tank-top" TOUR 2016-2017
出演 : バックドロップシンデレラ / 四星球 / 魔法少女になり隊 / dustbox / POT / いなむら / ドラマチックアラスカ / ヒステリックパニック / ラックライフ / 感覚ピエロ / 打首獄門同好会
2017 5月8日〜6月16日 ヤバイTシャツ屋さん
"どうぶつえんツアー" ツアー2017 ~ワンマン~
6月16日は追加公演(東京・新木場STUDIO COAST[17])。
10月8日 工学院大学 第55回 八王子祭
「ヤバイTシャツ屋さんによるヤバイLIVE 2017」
11月1日 明治学院大学 白金祭
「あつまれ!ヤバTピーポー~明学でばりおもろいライブやんねんけどちょっと寄っていかへん?~」
11月12日 愛媛大学 第67回学生祭
「ヤバイTシャツ屋さんのウェイウェイ愛大祭2017」
2018 1月9日 uP!!!NEXT ヤバイTシャツ屋さん
~大人が色々頑張ってくれたおかげで無料で出来るライブ~
1月13日〜3月16日 ヤバイTシャツ屋さん
"Galaxy of the Tank-top" TOUR 2018
出演 : BUZZ THE BEARS / Dizzy Sunfist / ENTH / GOOD4NOTHING / KANA-BOON / KEYTALK / NUBO / PAN / POT / ROTTENGRAFFTY / みそっかす / ゆるめるモ! / キュウソネコカミ / サンボマスター / ドラマチックアラスカ / バックドロップシンデレラ / ヒステリックパニック / 夜の本気ダンス / 感覚ピエロ / 打首獄門同好会 / 花団 / 魔法少女になり隊
6月14日〜8月29日 ヤバイTシャツ屋さん
"げんきいっぱい" TOUR 2018
出演 : 河内REDS / みるきーうぇい
6月18日高槻公演は大阪府北部地震の影響により延期
10月5日〜11月15日 ヤバイTシャツ屋さん
"とってもうれしいたけ" TOUR 2018
2019 1月27日〜4月16日 ヤバイTシャツ屋さん
"Tank-top Festival in JAPAN" TOUR 2019
10月7日〜12月7日 ヤバイTシャツ屋さん
"スペインのひみつ"

ONE-MAN TOUR 2019

2020 3月28日〜3月29日 ヤバイTシャツ屋さん
“スペインのひみつ解明 ONE-MAN SHOW” in 志摩スペイン村
3月28日、3月29日ともにコロナウイルスの感染拡大により延期[18]
2020 7月29日 ヤバイTシャツ屋さん
“無観客ワンマンライブ 「無料だから許して!低画質!低音質!5曲だけライブ!!!」
youtubeにて無料生配信

出演イベント[編集]

エピソード[編集]

  • ヤバイTシャツ屋さん」というバンド名はじめは軽音楽サークルにいたこやま含む男3人で結成されたバンドで使用されており、NHKの幼児番組のコピーなどをしていた。2012年6月5日に京都MOJOでライブをし、一度解散している。こやまはその後ニューフォーククラブに入り、しばたありぼぼ、もりもりもとと再結成。
  • しばたは大学時代に一つ上で仲の良かったこやまが「『ヤバイTシャツ屋さん』と言う名前のバンドをしたい。曲も決まっている。『ネコ飼いたい』と言う曲がある」と言っているのを見て、「それだけ言ってるなら、叶えてあげたい」と思い、もりもと共にヤバイTシャツ屋さんのメンバーとして参加した。
  • こやまは大学時代に、ももいろクローバーZのコピーバンドという活動スタイルを取り入れていた。こやまは当時を振り返り、「そこで吸収したポップな要素がヤバTの楽曲にも現れてると思います。いつだってももクロは俺の味方。そう思うと何でも乗り越えられる気がします」と述べている[20]
  • 学生時代、こやまはマキシマム ザ ホルモン10-FEET、ももいろクローバーZ。しばたはモーニング娘。Perfume。もりもとは洋楽を聴いていた。
  • バンド名に反して、バンドの公式マスコットはタンクトップくんで、「バンド名でハードルが上がりすぎた」という理由から結成以来長らくオフィシャルグッズでTシャツを販売していなかったが、2016年にようやく初のオフィシャルTシャツを販売した[21]。公式のグッズのイラストを描いているのは、メンバーと同じく大阪芸術大学出身のあさくらちさとである。
  • こやまが監督を手掛けた岡崎体育の「MUSIC VIDEO」のMV中、動画サイトの画面のカットに関連動画として名前が登場している。また、こやま本人も出演している。また、途中で岡崎体育が弾いているギターはこやまが初めて中学の時に買ったギターである。
  • シングルには収録曲のリード曲を、岡崎体育が手掛けたRemixバージョンが収録されている。
  • 「あつまれ!パーティーピーポー」は楽曲の一部がLMFAOの「Shots」のオマージュになっており、メジャーデビュー盤に再録するにあたり、LMFAOから許諾を得て、原曲の作詞・作曲者のクレジットが併記された。その後、LMFAOのメンバー、Redfooから「ヤバTまじでお気に入り!日本でツアー一緒に周りたいぜ!」という旨のメッセージ動画が公開された[22]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 大阪芸術大学の所在地。
  2. ^ memeonmusic (2016年6月2日). “大阪からのバンド「ヤバイTシャツ屋さん」ーインタビュー(1)” (中国語). MeMeOn 迷迷音. 2019年10月13日閲覧。
  3. ^ おはよう朝日です朝日放送)2017年1月26日放送インタビュー
  4. ^ 無線LANばり便利 PV
  5. ^ a b c 【#マイノリ職業図鑑 番外編】”. 6/24/2019閲覧。
  6. ^ memeonmusic (2016年6月2日). “大阪からのバンド「ヤバイTシャツ屋さん」ーインタビュー(2)” (中国語). MeMeOn 迷迷音. 2019年10月13日閲覧。
  7. ^ 【速レポ】<京都大作戦2019>ヤバイTシャツ屋さん「10-FEETのライブを見たせいで人生が狂いました」barks 2019年8月9日閲覧
  8. ^ 「OKAZAKI RADIO CHANNEL」(エフエム京都)2017年10月6日放送内ゲストにて
  9. ^ COUNTDOWN JAPAN16/17」にて。『Galaxy of the Tank-top』特典DVDにその模様が収録されている。
  10. ^ “岡崎体育とヤバTがMC務めるNHK「テンゴちゃん」が月1レギュラー化 -”. 音楽ナタリー. https://natalie.mu/music/news/294290 2018年8月6日閲覧。 
  11. ^ “岡崎体育とヤバT「テンゴちゃん」最終回、「最後の勇姿を“生”で見届けて」 -”. 音楽ナタリー. https://natalie.mu/music/news/370045 2020年3月8日閲覧。 
  12. ^ “岡崎体育&ヤバT、NHKの“辺境ネタ”番組で生放送MC「関西ローカルじゃないんです」 -”. 音楽ナタリー. https://natalie.mu/music/news/280562 2018年5月1日閲覧。 
  13. ^ “「SHOW BY ROCK!! Fes A Live」の配信開始は2020年3月12日。「ヤバイTシャツ屋さん」とのタイアップも明らかに”. 4Gamer.net. (2020年3月6日). https://www.4gamer.net/games/487/G048724/20200306072/ 2020年3月7日閲覧。 
  14. ^ 『SHOW BY ROCK!! Fes A Live』公式の2020年3月12日のツイート2020年3月14日閲覧。
  15. ^ ヤバTの“若者人気”にNHKが目を付けた フレッシャーズキャンペーンに抜てき”. ORICON NEWS. 株式会社oricon ME (2018年2月24日). 2018年6月10日閲覧。
  16. ^ ヤバT×NHK 〜公共放送のこと、知ってほしい!〜 「案外わるないNHK。」byヤバイTシャツ屋さん
  17. ^ ヤバイTシャツ屋さんツアーファイナルに3頭の動物と2800人の老若男女ナタリー、2017年6月18日
  18. ^ “ヤバT史上最大規模の野外ワンマン、志摩スペイン村公演が延期に -”. 音楽ナタリー. https://natalie.mu/music/news/368952 2020年3月11日閲覧。 
  19. ^ SUMMER SONIC 2019 大阪公演出演キャンセルのお知らせ おもしろ最新情報(2019年8月16日)
  20. ^ “無人島 ~俺の10枚~ 【ヤバイTシャツ屋さん:こやま 編】”. HMV&BOOKS online (HMV). (2017年4月5日). http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1704031007/ 2019年10月2日閲覧。 
  21. ^ “「ハードル上がりすぎた」ヤバイTシャツ屋さん、初の公式Tシャツは“くそデザイン””. 音楽ナタリー (ナタリー). (2016年8月2日). https://natalie.mu/music/news/196722 2019年10月2日閲覧。 
  22. ^ “ヤバイTシャツ屋さん、LMFAO・レッドフーに褒められる。「shirts!マジでお気に入り!」”. rockinon.com (ロッキング・オン). (2017年1月10日). https://rockinon.com/news/detail/154413 2019年10月2日閲覧。