ヤマハ・NMAX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

NMAX(エヌマックス)は、ヤマハ発動機が発売しているスクータータイプのオートバイである。

概要[編集]

スクーターの『MAX』シリーズとして、トップクラスのTMAX、ミドルクラスのXMAX・SMAXに次ぐグローバル車種として開発され、2015年1月に生産国であるインドネシアの現地仕様として155cc版が発表された[1]。同年10月の東京モーターショーでは125cc版も発表されている[2]

NMAX[編集]

NMAX125[編集]

NMAX
NMAX125
基本情報
排気量クラス 小型自動二輪車
メーカー 日本の旗ヤマハ発動機
車体型式 EBL-SE86J
エンジン E3P8E型 124cm3 4サイクル
水冷SOHC単気筒4バルブ
内径x行程 / 圧縮比 52.0mm x 58.7mm / 11.2:1
最高出力 9.0kW 12PS/7,500rpm
最大トルク 12Nm 1.2kgf・m/7,250rpm
車両重量 127kg
2017年 2BJ-SED6J E31AE型エンジン
燃費 - (WMTC)43.6km/L
本体価格 - 325,000円(税抜)
テンプレートを表示

日本仕様の NMAX2016年3月18日より125が先行して発売された[3]。エンジンはヤマハ発動機が新たに開発した『BLUE CORE』(ブルーコア)エンジン[4] が搭載されているが、NMAXのものは高回転域への対応として可変バルブ機構の『VVA』を装備した4バルブの水冷仕様となっている。なお排気量は155cc版のエンジン(内径58mm)を52mmにボアダウンして対応した。

フレームはスポーツスクータータイプの構造とし、足回りは前後輪とも13インチのホイールでABS付きのディスクブレーキを標準で装備している。

灯火類はヘッドライトテールLEDを採用しており、ヘッドライトは両端に配置したロービーム2灯に中心部のハイビーム1灯を組み合わせた3灯式となっている。

2017年8月21日よりマイナーチェンジを受け車名は NMAX ABS に変更となる。エンジンを平成28年環境規制に適合させるが、主な諸元に変更はない[5]


NMAX155[編集]

NMAX155
NMAX150[6]
Yamaha NMAX 155.jpg
基本情報
排気量クラス 軽二輪
メーカー 日本の旗ヤマハ発動機
車体型式 2BK-SG50J
エンジン G3J4E型 155cm3 4サイクル
水冷SOHC単気筒4バルブ
内径x行程 / 圧縮比 58.0mm x 58.7mm / 10.5:1
最高出力 11kW 15PS/8000rpm
最大トルク 14N・m 1.4kgf・m/6000rpm
車両重量 128kg
テンプレートを表示

2017年4月25日より NMAX155 も日本仕様が発売された。エンジンが平成28年環境規制対応の155ccとなったほかは125cc版と共通だが、座席シートは専用品に変更されている[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]