ヤマハ・RX50

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ヤマハ・RX50(アールエックスごじゅう)は、クルーザー(アメリカン)タイプのオートバイである。

概要[編集]

本車種はアメリカンモデルであるが、7.0PS / 9,000rpm と比較的ハイパワーな空冷2ストローク単気筒49ccエンジンを搭載する。 1980年当時における出力のみの比較では、ロードスポーツであるRD50の6.3PSよりも勝っていた(ただし車重の比較では、RX50スペシャルの84kgに対し、RD50は74kgである)。

シリーズ車種としては原動機付自転車第一種原付)の「RX50スペシャル」と、その上位機種である小型自動二輪車第二種原付甲)の「RX80スペシャル」の2種類が存在する。バリエーションとして、車体外装を黒色で統一した特別仕様車の「RX50ミッドナイトスペシャル」が存在する。

原付クラスとしては大柄な車体にパワフルなエンジン、シートの後方には小物入れを装備しており、高い実用性を備えていた。なおRX80スペシャルでは、替わりにタンデム可能なダブルシートを装備している。