ヤレック・ヤニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤレック・ヤニス

ヤレック・ヤニスJaroslav "Jarek" Janiš, 1983年7月8日 - )は、チェコオロモウツ出身のレーシングドライバー。血液型はO型。

経歴[編集]

10歳でカートレースデビュー。1999年、ドイツのフォーミュラ・フォードで4輪レースデビュー。

2001年にはドイツF3と国際F3000に参戦。

2003年にはジョーダン・グランプリF1テストドライバーを務める。

2004年、メルセデスのプライベートチームからドイツツーリングカー選手権(DTM)に参戦。

2005年に来日してKONDO Racingよりフォーミュラ・ニッポンに参戦。しかし、第4戦富士で、エントラントの都合で参加できず、代役参戦したロニー・クインタレッリが好走し好成績を挙げたことからシートを失う。

2006年はFIA GT選手権に参戦。

2006-2007A1グランプリにチェコチームから参戦し、第5戦インドネシアGP(スプリント17位・フィーチャー7位)と第9戦メキシコGP(スプリント12位・フィーチャー12位)その年のチームランキングは12位。

2007年と2009年にスパイカー・スコードロンからル・マン24時間レースに出場した。

レース戦績[編集]

フォーミュラ[編集]

ドイツ・フォーミュラ3選手権[編集]

チーム エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 DC ポイント
2001年 オペル・チームKMS オペル HOC
1

HOC
2

NÜR
1

NÜR
2

OSC
1

OSC
2

SAC
1

SAC
2

NOR
1

DNQ
NOR
2

16
HOC
1

17
HOC
2

16
LAU
1

12
LAU
2

Ret
NÜR
1

14
NÜR
2

9
A1R
1

11
A1R
2

Ret
HOC
1

5
HOC
2

11
22位 10

(key)

国際F3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2001年 コカコーラ・ノルディック・レーシング INT
IMO
CAT
A1R
MON
NÜR
MAG
SIL
HOC
HUN
SPA
MNZ
16
NC 0
2003年 スーパーファンドISR-チャロウズ IMO
DNS
CAT
4
A1R
9
MON
4
NÜR
6
MAG
Ret
SIL
10
HOC
8
HUN
5
MNZ
6
8位 20

(key)

ユーロ3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
2002年 チャロウズ・ISRレーシング VLL
Ret
NÜR
C
PER
2
MNZ
6
SPA
Ret
DON
1
BRN
5
DIJ
4
JER
3
CAG
1
3位 36
2005年 マ・コン・エンジニアリング ADR
VLL
2
BRN
Ret
IMO
3
MUG
6
UMB
3
MNZ
2
MIS
1
2位 43

フォーミュラ・ニッポン[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2005年 KONDO Racing Team TRM
12
SUZ
7
SGO
7
FSW SUZ MIN FSW TRM SUZ 14位 0

(key)

ドイツツーリングカー選手権[編集]

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
2004年 チーム・ロズベルグ メルセデス・ベンツ・CLK-DTM HOC
13
EST
Ret
ADR
Ret
LAU
15
NOR
16
NÜR
Ret
OSC
20
ZAN
16
BRN
Ret
HOC
Ret
21位 0
  • 印はリタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。

(key)

FIA GT選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
2006年 ザクスピード・レーシング サリーン・S7-R GT1 SIL
2
BRN
1
OSC
4
SPA
8
LEC
8
DIJ
4
MUG
4
HUN
1
ADR
11
2位 58
レース・アライアンス アストンマーティン・DBR9 DUB
5