ヤロスラフ・プラシル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤロスラフ・プラシル Football pictogram.svg
Jaroslav Plašil.jpg
名前
ラテン文字 Jaroslav Plašil
基本情報
国籍  チェコ
生年月日 (1982-01-05) 1982年1月5日(37歳)
出身地 オポチノチェコ語版
身長 182cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1987-1992 チェコの旗 ソコル・チェルニーコヴィツェ
1992-1993 チェコの旗 スパルタク・リフノフチェコ語版
1993-1998 チェコの旗 フラデツ・クラーロヴェー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2000 チェコの旗 フラデツ・クラーロヴェー 4 (0)
2000-2007 モナコの旗 モナコ 122 (5)
2002-2003 フランスの旗 クレテイユ (loan) 14 (0)
2007-2009 スペインの旗 オサスナ 66 (8)
2009-2019 フランスの旗 ボルドー 290 (15)
2013-2014 イタリアの旗 カターニア (loan) 28 (1)
代表歴
2002-2003  チェコ U-21 16 (1)
2004-2016 チェコの旗 チェコ[1] 103 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヤロスラフ・プラシルJaroslav Plašil, 1982年1月5日 - )はチェコフラデツ・クラーロヴェー州オポチノ出身の元サッカー選手。元チェコ代表。現役時代のポジションはMF

経歴[編集]

クラブ[編集]

18歳の時に、リーグ・アンASモナコに移籍。しかし、2シーズンでわずか8試合の出場にとどまり、2002年にはリーグ・ドゥUSクレテイユ=リュシタノへレンタル移籍。クレテイユでは十分なパフォーマンスを披露し、2003-04シーズン開幕前にモナコに復帰。以後の4シーズンはスタメンに定着。なお、モナコは03-04シーズンにチャンピオンズリーグ決勝まで駒を進めている(FCポルトに敗れ準優勝)。

2007年、4年契約でリーガ・エスパニョーラCAオサスナへ移籍。1年目からレギュラーとなり、2007-08シーズンは35試合に出場して4得点、2008-09シーズンは31試合に出場し4得点を記録した。2009年7月にボルドーへ4年契約で移籍し、リーグ・アンへ復帰した。移籍金は300万ユーロ(約4億円)前後と見られている。2009年9月15日、UEFAチャンピオンズリーググループリーグ第1節ユヴェントス戦で75分に同点弾を決め、アウェーでの試合を引き分けに持ち込んだ[2]

2013年9月セリエAカルチョ・カターニアに期限付きで移籍した。

代表[編集]

チェコ代表にも選出され、2004年2008年ユーロ、そして2006年のワールドカップドイツ大会に出場している。ユーロ2008では、グループリーグ最終戦のトルコ戦で2点目を決めた(この時点で2-0)ものの、15分で3点を決めたトルコの猛攻に敗れ、チームはグループリーグ敗退に終わっている。

プレースタイル[編集]

両足での正確なキックが持ち味の万能型のミッドフィールダーであり[3]、チェコ代表ではパベル・ネドベドの後継者と評されている[3]

タイトル[編集]

クラブ
ボルドー

脚注[編集]

  1. ^ Jaroslav Plašil - STATISTIKY REPREZENTANTŮ”. FOTBAL.CZ. 2015年8月20日閲覧。
  2. ^ プラシルがユーベの勝利を阻止”. uefa.com (2009年9月15日). 2009年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年9月15日閲覧。
  3. ^ a b Jaroslav Plašil”. uefa.com. 2013年11月23日閲覧。