ヤングコミック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤングコミック
ジャンル 青年漫画
読者対象 男性
刊行頻度 月刊(毎月10日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 少年画報社
刊行期間 刊行中
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

ヤングコミック』は、少年画報社が発行する日本月刊漫画雑誌

現行の『ヤングコミック』は1990年8月に創刊された。毎月10日発売。略称はYC

概要[編集]

同社刊の『ヤングコミック』には、1967年から1984年にかけて発行された劇画雑誌と[1][2]1990年から現在まで発行されている成人向け漫画雑誌(非指定)との[1]、ふたつの雑誌が存在する。 本項ではこの両者を便宜上同一線上の雑誌として解説する。

最初に創刊された『ヤングコミック』は、劇画が誌面の大半を占め、小学館の『ビッグコミック』や秋田書店の『プレイコミック』などと並ぶ硬派な青年漫画雑誌であったが、部数が低迷し一時休刊。その後、誌名を同じくして成年向け漫画雑誌として復刊されたため、厳密に言えば現行の『ヤングコミック』は創刊時との連続性はない。また、その影響から雑誌の通巻も途中でリセットされている[2]。新人漫画家としては、かわぐちかいじ松森正末永史谷口ジロー神江里見ほんまりう勝川克志らを送り出している。

現在発行中の『ヤングコミック』は1990年に新創刊された。成年向け漫画雑誌として再スタートした『ヤングコミック』は、2013年にリニューアルのため同誌名での刊行を終了することとなった。同年4月10日発売の5月号をもって掲載作品のほとんどが連載を終了し[3]2013年5月10日発売の同年6月号より『ヤングコミックチェリー』として新装刊された[4][5]。この全面的なリニューアルにより、極一部を除いてラインナップが一新され、「童貞」をテーマとした諸作品の新連載が開始される。2013年12月10日発売の2014年1月号より、誌名から「チェリー」が外され『ヤングコミック』に戻り[6][7]、ロゴも新デザインに変更された[6](ロゴに関しては、『ヤングコミックチェリー』時代でも、6月号-8月号[4][8][9]と9月号-12月号[10][11][12][13]ではデザインが違う)。

単行本レーベル[編集]

1990年頃の最初期にはヒットコミックスより刊行され、後にヤングキングコミックスより刊行されていた。2003年頃より専用レーベルの「ヤングコミック コミックスYCコミックス)」より刊行されていたが、『ヤングコミックチェリー』へのリニューアル直後の2013年6月を最後に刊行を停止している。なお、『5時から本番!』[14]・『誘う妹』[15]・『ナカ良くシテね』[16]が、現時点までの同レーベルの最新刊である。

2014年以降は、同社の青年雑誌『ヤングキング』系列の総合レーベル「ヤングキングコミックスYKコミックス)」より刊行されており、2013年12月9日発売の『あまあま*パフュメ』が“『ヤングコミック』掲載「ヤングキングコミックス」レーベル刊行”の初回作品となる[17]。ただし『ヤングコミック』掲載作品でも、『ヤングキング』より移籍の『パピィラバーズ』、『月刊ヤングキング』より移籍の『ハッピーネガティブマリッジ』などは、継続して「ヤングキングコミックス」より刊行されているため、この限りに非ず。

このほかに、廉価版レーベルとして「ヤングコミック コミックス ベストYCベスト)」がある。同レーベルについてもYCコミックス同様に刊行を停止している。なお、現時点までの同レーベルの最新刊は、2013年8月に刊行された『新Oh!透明人間』上下巻となっている(同作は日本ジャーナル出版週刊実話』掲載作であり、実写化作品『Oh!透明人間 インビジブルガール登場!?』連動企画として刊行された)。

歴史[編集]

  • 1967年 - 8月に月刊誌『ヤングコミック』として創刊[1]。創刊編集長は橘賢。創刊号の表紙は「あっかんべーをしている女性」だった。当初は成人向けではなく青年向けの漫画雑誌として創刊されたが、売れ行き不振のため創刊9ヶ月目に桑村誠二郎が新編集長となって以降、大きく部数を伸ばした[18]
  • 1968年 - 2月に月2回刊に変更[1]小池一夫神田たけ志による『御用牙』の連載が始まった頃から大きく売り上げが伸び始め、1971年の新年号では、発行部数が創刊以来初の20万部に達した[18]
  • 1975年 - 編集長が桑村誠二郎から多田三郎に交代する[18]
  • 1982年 - 2月10日号で休刊が発表される。同年4月、大塚章を編集長に迎え部数15万部で新創刊。その後、刊行ペースが隔週刊→月2回刊→月刊→隔週刊と変更され、編集長が大塚章→多田三郎(元編集長)→大塚章と変更されるなど、目まぐるしく改変を続けるも売り上げは伸びなかった[18]
  • 1984年 - 誌名を『まんが4DK』へと変更し、12月より4コマ漫画誌としてリニューアル[18]
  • 1987年 - 売れ行き不振により10月に『まんが4DK』の休刊が発表された[18]
  • 1990年 - 8月に月刊誌『ヤングコミック』として2度目の再創刊(新創刊)[1]
  • 2013年 - 5月に誌名を『ヤングコミックチェリー』へと変更してリニューアル(同年6月号)。同年12月(2014年1月号)にて誌名を再変更し『ヤングコミック』へと戻る。
  • 2017年 - 5月(同年6月号)よりグラビア「倉持由香のモティズム!」開始(同年8月号まで)。

現在の連載作品[編集]

  • BOX! パンドラデイズ(佐伯):2014年7月号 - 最終掲載2016年7月号
  • ふたりのおうち(艶々):2016年9月号 -
  • 従姉妹のお姉さんは家事ができない(カタセミナミ):2017年2月号 - ※隔月連載
  • イケナイ菜々子さん(あさぎ龍):2017年4月号 -
  • 弁天橋南商店街女子プロレス‼(タカスギコウ):2018年12月号 -
  • はめドル!(東雲龍):2019年1月号 -
  • ドツボの地味子ちゃん(吉沢雅):2019年2月号 -
  • ヴィーナスカント(佐野タカシ):2019年3月号 -
  • ヤンキー娘になつかれて今年も受験に失敗しそうです(ジェームスほたて):2019年4月号 -
  • 7こ差の事情(こうきくう):2019年5月号 -
  • 見たいもの見せましょう(ろくもんせん):2019年5月号 -
  • ろーかるーぬめりのレコンギスター(大見武士):2019年5月号 -

過去の連載作品[編集]

1967年から1984年まで[編集]

以下は劇画誌時代の掲載作。1967年の創刊から、1982年の一時休刊をはさみ、1984年の実質的休刊(4コマ漫画誌『まんが4DK』へのリニューアル)までの作品。

  • 狂い犬シリーズ(M・ハスラー):1968年6月11日号 - 1970年9月23日号
  • 大江戸浮世絵異聞・アモン(上村一夫):1968年11月12日号 - 1969年12月23日号
  • 連作/はみだし野郎の子守唄真崎守):1969年7月8日号 - 1970年5月27日号(全18回)
  • くの一異聞(上村一夫):1970年1月13日号 - 8月12日号
  • 連作/はみだし野郎の挽歌(真崎守):1970年7月8日号 - 12月23日号(全13回)
  • 御用牙(原作 小池一夫、作画 神田たけ志):1970年10月 - 1976年12月
  • PUSSY CAT(M・ハスラー):1970年10月14日号 - 12月9日号
  • 怨獄紅(上村一夫):1970年12月9日号 - 1971年12月8日号
  • ピーマン野郎(M・ハスラー):1971年1月13日号 - 6月23日号
  • 連作/死春記(真崎守):1971年1月27日号 - 6月23日号(全6回)
  • 連作/ながれ者の系譜 股旅篇(真崎守):1971年8月11日号 - 11月10日号
  • 初恋物語(青柳裕介):1971年10月27日号 - 1972年6月28日号
  • けんか葉隠(原作 宮田雪、作画 かわぐちかいじ):1971年11月24日号 - 1972年4月12日号
  • 連作/ながれ者の系譜 地獄狼篇(真崎守):1972年1月12日号 - 3月22日号
  • おんな昆虫記(上村一夫):1972年1月12日号 - 6月14日号
  • 苦い旋律(上村一夫):1972年7月12日号 - 1973年1月24日号
  • 怨念(青柳裕介):1972年8月9日号 - 12月13日号
  • 黒い太陽(かわぐちかいじ):1972年10月 - 1974年10月
  • ヒモ(原作 小池一夫、作画 神江里見):1973年1月 - 6月
  • しなの川(上村一夫):1973年2月14日号 - 1974年4月10日号
  • 戯れ男(藤子不二雄):1973年5月9日号 - 11月14日号
  • 夢師アリス(上村一夫):1974年5月8日号 - 12月11日号
  • 醜聞交響楽(上村一夫):1975年1月8日号 - 4月23日号
  • 軍靴の響き(原作 半村良、作画 かわぐちかいじ):1975年2月 - 10月
  • 青春横丁(上村一夫):1975年5月14日号 - 1976年9月8日号
  • 関東平野(上村一夫):1976年10月13日号 - 1978年8月23日号
  • 夜叉神峠(原作 小池一夫、作画 政岡としや):1977年1月 - 1978年6月
  • 天使のはらわた(石井隆):1977年7月 - 1979年3月14日号
  • マッド・ドッグ狂い犬リターンズ(M・ハスラー名義):1977年11月21日号
  • リングの薔薇(望月三起也):1978年7月12日号 - 1979年1月10日号(全4回)
  • IRON HORSE(望月三起也):1979年8月8日号 - 8月22日号(全2回)
  • 二都物語(上村一夫):1979年10月10日号 - 1980年9月24日号
  • 捨身の男(原作 小池一夫、作画 坂本瓢作):1980年6月 - 1981年1月
  • ひょうたん(上村一夫):1981年1月14日号 - 7月22日号
  • メス猫(原作 あかね胡茄、作画 川崎三枝子):1981年 - 1982年
  • 蛮族警察(原作 セルジオ関、作画 かわぐちかいじ):1982年9月 - 11月

1990年の新創刊後[編集]

1990年から1999年まで[編集]

  • ちょっとだけよ(山田こうすけ
  • 早くちょうだい!!(坂本しゅうじ)
  • クライマックス(原作 武田正敏、作画 土山しげる

2000年から2009年まで[編集]

以下は2000年1月号から2009年12月号までに開始された作品。

  • OL診療所(かわもりみさき):2001年10月号 - 2002年11月号
  • ファミレス戦士プリン(ひのき一志):2001年12月号 - 2005年8月号
  • P-nuts(永野あかね):2002年3月号 - 2003年3月号
  • 乙女画報(タナカ☆コージ):2002年6月号 - 2003年2月号
  • パチンコ&パチスロコミック ドンキホーテの千両箱(谷村ひとし):2002年10月号 - 2007年9月号
  • ギリギリズム(大見武士):2002年12月号 - 2003年8月号
  • 怪盗ブルマー(北河トウタ):2003年1月号 - 同年9月号
  • 変わるわよッ☆(葉月京):2003年3月号 - 2007年12月号
  • モモ色 ♡クリニック(ジェームスほたて):2003年10月号 - 2006年1月号
  • 下町マドンナ食堂(中田ゆみ):2003年11月号 - 2007年2月号
  • OL生態図鑑(THE SEIJI):2003年12月号 - 2005年2月号 ※隔月掲載
  • 男の満天星(ポン貴花田):2004年1月号 - 2004年5月号
  • 絶頂!!パワフル女子寮(堀博昭):2004年6月号 - 2005年1月号
  • かえってくるひと(ポン貴花田):2004年7月号 - 2005年3月号
  • 恋星(夕凪薫):2004年7月号 - 2007年6月号
  • 恋する花々(佐野タカシ):2005年1月号 - 2006年2月号
  • E-コミュニケーション(えむあ):2005年3月号 - 2005年6月号
  • ツンデレラ荻野眞弓):2005年7月号 - 2007年2月号
  • ゲームしようよ♥(RAYMON):2006年2月 - 2007年1月号
  • 童貞志願(麻生我等):2006年3月号 - 同年12月号
  • サニーサイドアップ♥(ジェームスほたて):2006年4月号 - 2007年7月号
  • ランパラ!(佐野タカシ):2006年5月号 - 2008年4月号
  • ろーぷれ 〜ぬめりの中の小宇宙〜(大見武士):2007年6月号 - 同年11月号
  • 課長透明社員(山田こうすけ):2006年7月号 - 2007年12月号
  • 天使のマシュマロ(ポン貴花田):2006年10月号 - 2010年8月号
  • THE SEX FILES -ニッポン秘宝譚-(前川☆工房):2006年11月号 - 2007年2月号 ※短期集中連載
  • 不純異性交遊(中村卯月):2006年12月号 - 2008年11月号
  • 苺の花嫁(水島空彦):2007年1月号 - ?
  • ブラックナース摩耶(らっこ):2007年2月号 - 2007年4月号 ※短期集中連載
  • エロ漫の星(金平守人):2007年3月号 - 2010年9月号
  • ポエポエ♥(堀博昭):2007年4月号 - 2007年6月号 ※短期集中連載
  • ろーてく 〜輝くぬめりの宇宙へ〜(大見武士):2007年5月号 - 同年11月号
  • 社則違反(RAYMON):2007年6月号 - 2007年2月号 ※短期集中連載
  • 大正ヲトメ花壇(陸乃家鴨):2007年6月号 - 2007年9月号
  • 小麦色キス(夕凪薫):2007年11月号 - 2009年1月号
  • 天然バラエティーCH(睦月のぞみ):2007年10月号 - 2008年10月号
  • オモチャのお姫様(ジェームスほたて):2007年11月号 - 2009年11月号
  • 未確認 幼なじみ(陸乃家鴨):2007年12月号 - 2009年2月号
  • 人妻生態図鑑(THE SEIJI):2008年1月号 - 2009年7月号 ※不定期掲載(全6話)
  • SWEET SKETCH(北河トウタ):2008年1月号 - 2009年12月号
  • 歓迎! 未亡人横丁(えむあ):2008年2月号 - 2008年9月号
  • おねがい♥アンナ先生(松山せいじ):2008年3月号 - 同年10月号
  • ろーまじ 〜我が征くはぬめりの大海〜(大見武士):2008年4月号 - 同年12月号
  • 華名+1 -カナプラスワン-(池上竜矢):2008年5月号 - 2008年8月号
  • SWITCH -スイッチ-(堀博昭):2008年5月号 - 2008年8月号 ※短期集中連載
  • パーペキ! お姉さん(永野あかね):2008年5月 - 2010年9月号
  • ワケあり♥(RAYMON):2008年8月号 - 同年11月号、2009年3月号 - 同年6月号 ※短期集中連載
  • 女子♀の心得!(岸里さとし):2008年11月号 - 2009年1月号
  • 日々是…かがみふみを):2008年11月号 - 2010年1月号
  • 妹♥だ〜りん(堀博昭):2008年11月号 - 2009年10月号
  • 天使庁運命局恋愛課 運命のヒト(すずきみら):2008年12月号 - 2009年3月号
  • 派遣サンタ ユリカ(bee):2008年12月号 - 2009年1月号
  • おねがい♥アンナ先生P(松山せいじ):2008年12月号 - 2009年9月号
  • 大歓迎! 未亡人横丁(えむあ):2009年1月号 - 2009年8月号
  • かてきょ!(佐野タカシ):2009年1月号 - 2009年4月号
  • 神無日の巫女(中村卯月):2009年2月号 - 2010年5月号
  • 殿サマの七本槍(十神真):2009年3月号 - 2010年3月号
  • 月刊 哀川編集長(大見武士):2009年4月号 - 2013年2月号
  • 恋星(夕凪薫):2009年3月号 - 2010年5月号
  • 虹色デイズ(内々けやき):2009年6月号 - 2010年5月号
  • DNA×AND(おおとりりゅうじ):2009年8月 - 同年11月号
  • センセイのエプロン(りゅうき夕海):2009年9月号 - 2010年6月号
  • ニュースのお時間(RAYMON):2009年11月号 - 2010年2月号(外伝2話:2010年7月号、同年8月号)
  • 恋人8号(オジロマコト):2009年11月号 - 2010年6月号
  • 水着120%(雪城よし):2009年12月号 - ※隔月連載だったが2010年10月号を最後に休載

2010年から2013年までの『ヤングコミック』[編集]

以下は2010年1月号から2013年5月号までに開始された作品。

  • 団地妻さんのしあわせ(ジェームスほたて):2010年1月号 - 2010年1月号
  • かてきょん!(佐野タカシ):2010年1月号 - 2010年8月号
  • はかない!(えむあ):2010年2月号 - 2011年7月号
  • 正しい魔術の遊び方(八尋ぽち):2010年2月号 - 2011年8月号
  • 百武さんちの静さん(堀博昭):2010年3月号 - 2010年10月号
  • だいすきっ(月石):2010年4月号 - 2011年3月号
  • 妖あわわ -乙女妖怪艶譚-(赤城シンデン):2010年5月号 - 2010年11月号
  • 愛恋千鳥(ジェームスほたて):2010年5月号 - 2011年8月号
  • 僕がナースになった理由(ムサシマル):2010年7月号 - 2011年2月号
  • 恋する代紋 -修羅椿乱れ華-(炭山文平):2010年9月号 - 2011年3月号
  • 出戻り姫とニート王子(陸乃家鴨):2010年9月号、2011年2月号 - 2011年5月号
  • 薔薇西洋館(中村卯月):2010年9月号 - 2011年12月号
  • かてきゅん♥(佐野タカシ):2010年10月号 - 2011年5月号
  • THE SEX FILES -2nd Season-(前川☆工房):2010年11月号 - 2011年1月号 ※短期集中連載
  • 童貞女子!!(渡辺電機(株)):2010年11月号 - 2012年5月号
  • 大泉さんといっしょ!(かすみりょう):2011年3月号、2011年7月号、2011年11月号
  • おムコの秘書サマ(苺野しずく):2011年3月号 - 2011年6月号
  • 迎撃商店街(堀博昭):2011年3月号 - 2012年9月号
  • 鉄板OL千賀さん(市原和真):2011年4月号 - 2011年7月号、2012年1月号 - 2012年3月号 ※短期集中連載
  • 小悪魔たちがみてた!(昭嶋しゅん):2011年4月号 - 2011年8月号
  • ネトリ×ネトラレ(ポン貴花田):2011年6月号 - 2012年4月号
  • はるか スーツアクト!(宗我部としのり):2011年7月号 - 2012年2月号
  • ナース小雪(眼帯ペンギン):2011年8月号 - 2012年5月号
  • 純情 うさぎ屋酒場(佐野タカシ):2011年8月号 - 2012年12月号
  • ミルクティー スキャンダル(Nagy):2011年9月号 - 2012年7月号 ※隔月連載
  • 新妻のそだて方(ジェームスほたて):2011年11月号 - 2013年5月号
  • なでしこ♥すいむ(東雲龍):2012年2月号 - 2012年8月号
  • ひめくり糸杉柾宏):2011年10月号 - 2012年8月号
  • 唯我独尊 天堂さん!(中村卯月):2012年3月号 - 2013年5月号
  • 戯姉弟(陸乃家鴨):2012年4月号 - 2012年11月号
  • えりこクン、お茶!!(さんりようこ):2012年4月号 - 2013年5月号
  • キミと未来と変態と(稚名はなび):2012年7月号 - 2012年11月号
  • 少女八景(水島空彦):2012年9月号 - 2012年12月
  • ごーるでん ぱんてぃ(騎嶺わさも):2012年9月号 - 2013年4月号
  • あまあま*パフュメ(久遠ミチヨシ):2012年9月号 - 2013年8月号 ※『ヤングコミックチェリー』まで継続
  • ハッピーネガティブマリッジ(甘詰留太):2013年5月号 - 2014年5月号 ※『月刊ヤングキング』から移籍[19] ※『ヤングコミックチェリー』→『ヤングコミック』まで継続
  • パピィラバーズ(甘詰留太):2013年5月号 - 2014年6月号 ※『ヤングキング』から移籍[19] ※『ヤングコミックチェリー』→『ヤングコミック』まで継続

2013年の『ヤングコミックチェリー』[編集]

以下は2013年6月号から2013年12月号までの『ヤングコミックチェリー』にて開始された作品。

  • 俺とロボ美の7日間(ジェームスほたて):2013年6月号 - 2013年8月号
  • ハナムラさんじゅっさい+(ハナムラ):2013年6月号 - 2013年8月号
  • FET(喜国雅彦):2013年6月号 - 2013年9月号
  • かなり下の方の佐藤ヒロシ(弟)(山野りんりん):2013年6月号 - 2013年9月号
  • 童貞おスナック「三千代」(東陽片岡):2013年6月号 - 2013年9月号
  • バージンコンプレックス(琴葉とこ):2013年6月号 - 2013年9月号
  • ハード・ナード・ダディ -働け!オタク!!-(環望):2013年6月号 - 2013年11月号
  • たわまん(ポン貴花田):2013年6月号 - 2014年5月号
  • 百万畳ラビリンス(たかみち):2013年6月号 - 2015年4月号
  • モテるマンガ(原作 ゆうきゆう、作画 ソウ):2013年6月号 - 2014年8月号、2015年11月号 - 2017年7月号
  • 御社が第一志望です!(さんりようこ):2013年7月号 - 2013年9月号
  • 正しくない恋愛のススメ(東雲龍):2013年7月号 - 2014年1月号
  • さくらデバイス(吉富昭仁):2013年7月号 - 2014年11月号
  • カンタン・キス(六道神士):2013年10月号 - 2014年10月号
  • 夢で逢いましょう(ジェームスほたて):2013年10月号 - 2015年5月号
  • ボクのキレイな人だから(美波リン):2013年11月号 - 2015年12月号
  • 上野カンナの発情研究室(井上よしひさ):2013年12月号 - 2014年10月号
  • 純愛とろとりっぷ(小鳩ねねこ):2013年12月号 - 2015年6月号

2014年以降の『ヤングコミック』[編集]

以下は2014年1月号以降の『ヤングコミック』にて開始された作品。

  • いちばんのこい(桃之助):2014年1月号 - 2014年4月号 ※短期集中連載
  • 十畳二間彼女(大朋めがね):2014年1月号 - 2015年2月号
  • 俺の彼女が×××を期待していて正直困る(秋★枝):2014年1月号 - 2014年7月号
  • ウチのムスメに手を出すな!(環望):2014年2月号 - 2015年6月号
  • えすぱる! 超・能力開発研究部(仮)レポート(五月五日):2014年2月号 - 2019年3月号
  • 隣人たちに捧げる歌曲集(山崎かずま):2014年3月号 - 2015年3月号
  • 壊れていてもかまいませんあらた伊里):2014年6月号 - 2016年5月号
  • 表4子ちゃん(榎本俊二):2014年6月号 - 2015年12月号
  • 彼女が俺を好きな理由(今村陽子):2014年7月号 - 2015年1月号
  • 三十路おとめとモテはたち(甘詰留太):2014年8月号 - 2017年8月号
  • 酩酊すみれさん。(中村モリス):2014年8月号 - 2017年3月号
  • とうめい色糸電話(つきのおまめ):2014年9月号 - 2016年5月号 ※隔月連載
  • ふたりとひとりの恋愛攻略(東雲龍):2014年9月号 - 2016年1月号
  • マンガで分かる肉体改造(原作 ゆうきゆう、作画 ソウ):2014年9月号 - 2015年10月号
  • おかえり、ただいま、また明日(桃月すず):2014年11月号 - 2016年5月号
  • 温泉卓球☆コンパニオンズ!(えむあ):2014年11月号 - 2016年10月号
  • 姉と修羅(小野寺浩二):2014年12月号 - 2015年11月号
  • ララぱらふぃりあ(小乃ヒロキ):2015年5月号 - 2016年10月号
  • 淑女、悪魔につき。(大朋めがね):2015年6月号 - 2016年5月号
  • おとなのオモチャ(花見沢Q太郎):2015年8月号 - 2016年4月号
  • たそがれ橋駅前 おもかげ食堂(ジェームスほたて):2015年8月号 - 2016年10月号
  • こもらしちゃん(ジョポジョリン):2015年9月号 - 2017年8月号
  • 肉女のススメ(小鳩ねねこ):2015年10月号 - 2018年9月号
  • 敏感アイドルと快感ゴースト(クリムゾン):2015年12月号 - 2016年12月号
  • お嬢様とボクのかわいいお姫様(美波リン):2016年2月号 - 2017年3月号
  • ここではないどこかへ ―with me?―(艶々):2016年3月号 - 2016年7月号 ※『ヤングキング』から移籍、あわせて「―with me?―」から改題
  • 死んじゃうくらいの快楽を(東雲龍):2016年4月号 - 2017年12月号
  • 遠藤靖子は夜迷町に隠れてる(FLOWERCHILD):2016年6月号 - 2018年1月号
  • ミエタミエナイセカイ(原作 オクショウ、作画 綾杉つばき):2016年8月号 - 2017年10月号
  • ブラックリリィと白百合ちゃん(鳳まひろ):2016年11月号 - 2018年9月号
  • ポテン・ヒット・ガール(丸顔めめ):2017年1月号 - 2018年11月号
  • グリーングリーン(美波リン):2017年6月号 - 2018年1月号
  • リリィシステム(吉富昭仁):2017年7月号 - 2019年3月号
  • しっくすぱっく!(イコール):2017年9月号 - 2019年1月号
  • ほろ酔い! 物産館ツアーズ(パリッコ):2017年9月号 - 2019年2月号
  • マンガで分かる 愛される心理術(原作 ゆうきゆう、作画 ソウ):2017年9月号 - 2018年3月号
  • キミに最高の人生を(ジェームスほたて):2017年10月号 - 2018年11月号
  • まおう城!キンダーガーデン(高津ケイタ):2017年11月号 - 2019年4月号
  • とどのつまりの有頂天あらた伊里):2018年1月号 - 2019年4月号 ※「マンガDX」へ移籍
  • Only Love Hurts(原案 O.L.H.(a.k.a. 面影ラッキーホール)、漫画 村生ミオ):2018年2月号 - 2019年2月号
  • ミックス。(東雲龍):2018年3月号 - 2018年10月号
  • うちの妹は顔真っ赤。(すおしろ):2018年6月号 - 2019年2月号
  • キミノカオリ(小夏ゆーた):2018年7月号 - 2018年11月号 ※短期集中連載
  • ゆうきゆう式ストレスクリニック(原作 ゆうきゆう、作画 EDO):2018年8月号 - 2019年3月号 ※「マンガDX」へ移籍

連載時期詳細不明[編集]

劇画誌時代[編集]

以下は1967年の創刊から1984年の休刊までに『ヤングコミック』に掲載された作品。「掲載年」「掲載号数」が不明な項目については「?」で表示。

成年漫画誌時代[編集]

以下は1990年のリニューアル創刊後に『ヤングコミック』に掲載された作品。「掲載年」「掲載号数」が不明な項目については「?」で表示。

  • クライマックス(原作 武田正敏、作画 土山しげる):1992年?(※単行本全2巻は1992年3月・同年9月の発売)
  • ちょっとだけよ(山田こうすけ):1992年? - 1997年?(※単行本全8巻は1992年から1997年の発売)
  • 早くちょうだい!!(坂本しゅうじ):1992年? - 1995年?(※単行本全3巻は1992年から1995年の発売)
  • わがままブーケ(かわもりみさき):2000年?
  • えりこクン、お茶!(さんりようこ):2000年? - 2003年?
  • BOMBER GIRL CRASH!にわのまこと):2000年? - ?※不定期連載(※単行本全3巻は2001年11月・2002年11月・2003年10月の発売)
  • 僕だけのアイドル(川本貴裕):2004年4月号 - 2005年?

発行部数[編集]

  • 2011年(2010年10月1日 - 2011年9月30日) - 100,000部(公称部数)[20]
  • 2012年(2011年10月1日 - 2012年9月30日) - 100,000部(公称部数)[21]
  • 2013年(2012年10月1日 - 2013年9月30日) - 080,000部(公称部数)[22]
  • 2014年(2013年10月1日 - 2014年9月30日) - 050,000部(公称部数)[23]

その他[編集]

  • 特別増刊号として『COMICキャラフル』がある(ただし「ヤングキング増刊」扱い)。2006年にvol.1が発行され[24][25]、2007年にVol.2が発行された[26][27][28]
  • 2010年には創刊21周年記念月間として「白い液体が封入された定規」が3号連続で付録。
    • 2010年8月号:天使のマシュマロ - ポン貴花田[29]
    • 2010年9月号:月刊 哀川編集長 - 大見武士[30]
    • 2010年10月号:愛恋千鳥 - ジェームスほたて[31]
  • 2011年には新生活応援記念として「白い液体が封入されたパスケース」が付録。
    • 2011年5月号:月刊 哀川編集長 - 大見武士[32]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「少年画報社 - ヒストリーデータ」参照。
  2. ^ a b 国立国会図書館サーチ - 書誌詳細 - 1967 - ヤングコミック (少年画報社) ※同資料では、1967年の創刊から1984年の休刊(誌名変更)までを「通巻494号」と記載。また、1990年のリニューアル創刊から2013年の5月号までを「通巻1 - 341号」と記載。
  3. ^ 少年画報社 - ヤングコミック 2013年05月号(2013年04月10日 発売)[リンク切れ]
  4. ^ a b 少年画報社 - ヤングコミックチェリー 2013年06月号(2013年05月10日 発売) ※誌名を『ヤングコミックチェリー』に補正。[リンク切れ]
  5. ^ 国立国会図書館サーチ - 書誌詳細 - 2013 - ヤングコミックチェリー (少年画報社) ※同資料では、2013年の6月号から同年12月号までを「通巻342 - 348号」と記載。
  6. ^ a b 少年画報社 - ヤングコミック 2014年01月号(2013年12月10日 発売) ※発売日を「2013年」に補正。[リンク切れ]
  7. ^ 国立国会図書館サーチ - 書誌詳細 - 2013 - ヤングコミック = Young comic (少年画報社) ※同資料では、2014年1月号以降を「通巻349号 - 」と記載(2015年1月3日閲覧)。
  8. ^ 少年画報社 - ヤングコミックチェリー 2013年07月号(2013年06月10日 発売) ※誌名を『ヤングコミックチェリー』に補正。[リンク切れ]
  9. ^ 少年画報社 - ヤングコミックチェリー 2013年08月号(2013年07月10日 発売) ※誌名を『ヤングコミックチェリー』に補正。[リンク切れ]
  10. ^ 少年画報社 - ヤングコミックチェリー 2013年09月号(2013年08月10日 発売) ※誌名を『ヤングコミックチェリー』に補正。[リンク切れ]
  11. ^ 少年画報社 - ヤングコミックチェリー 2013年10月号(2013年09月10日 発売) ※誌名を『ヤングコミックチェリー』に補正。[リンク切れ]
  12. ^ 少年画報社 - ヤングコミックチェリー 2013年11月号(2013年10月10日 発売) ※誌名を『ヤングコミックチェリー』に補正。[リンク切れ]
  13. ^ 少年画報社 - ヤングコミックチェリー 2013年12月号(2013年11月10日 発売) ※誌名を『ヤングコミックチェリー』に補正。[リンク切れ]
  14. ^ 少年画報社 - comics - 5時から本番! 全1巻 桂よしひろ[リンク切れ]
  15. ^ 少年画報社 - comics - 誘う妹 全1巻 東雲龍[リンク切れ]
  16. ^ 少年画報社 - comics - ナカ良くシテね 全1巻 酔花[リンク切れ]
  17. ^ 少年画報社 - comics - あまあま*パフュメ 全1巻 久遠ミチヨシ[リンク切れ]
  18. ^ a b c d e f 岡崎英生『劇画狂時代―「ヤングコミック」の神話』
  19. ^ a b 少年画報社 - ヤングコミック(バックナンバー) - ヤングコミック 2013年05月号(2013年04月10日 発売)ラインナップ[リンク切れ]
  20. ^ 社団法人 日本雑誌協会 - JMPAマガジンデータ - 男性 コミック - 一般社団法人日本雑誌協会(2012年10月14日時点のアーカイブ)
  21. ^ 社団法人 日本雑誌協会 - JMPAマガジンデータ - 男性 コミック - 一般社団法人日本雑誌協会(2013年6月15日時点のアーカイブ)
  22. ^ 社団法人 日本雑誌協会 - JMPAマガジンデータ - 男性 コミック - 一般社団法人日本雑誌協会(2014年2月7日時点のアーカイブ)
  23. ^ 社団法人 日本雑誌協会 - JMPAマガジンデータ - 男性 コミック - 一般社団法人日本雑誌協会(2015年2月5日時点のアーカイブ)
  24. ^ 少年画報社 - ヤングコミック 2006年12月号(2006年11月10日 発売) - データなし(2006年12月1日時点のアーカイブ)
  25. ^ 少年画報社 - special_details - COMICキャラフル 2006/11/22発売 - データなし(2006年12月22日時点のアーカイブ)
  26. ^ 少年画報社 - ヤングコミック 2007年08月号(2007年07月10日 発売) - データなし(2007年9月4日時点のアーカイブ)
  27. ^ 少年画報社 - calendar - 2007年6月(2014年6月14日閲覧)[リンク切れ]
  28. ^ 国立国会図書館サーチ - 書誌詳細 - 2007 - Comicキャラフル (少年画報社) - 国立国会図書館サーチ(2014年6月14日閲覧)
  29. ^ 少年画報社 - ヤングコミック 2010年08月号(2010年07月12日 発売)(2014年6月14日閲覧)[リンク切れ]
  30. ^ 少年画報社 - ヤングコミック 2010年09月号(2010年08月10日 発売)(2014年6月14日閲覧)[リンク切れ]
  31. ^ 少年画報社 - ヤングコミック 2010年10月号(2010年09月10日 発売)(2014年6月14日閲覧)[リンク切れ]
  32. ^ 少年画報社 - ヤングコミック 2011年05月号(2011年04月11日 発売)(2014年6月14日閲覧)[リンク切れ]

参考文献[編集]