ヤングライオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヤングライオンYoung Lion)は、新日本プロレスに所属する若手選手の通称であり、おおよそデビュー3年目あたりまでの選手を指す。

概要[編集]

新日本プロレスでデビューし、一定期間この称号が与えられる。同団体のシンボルマークであるライオンにちなみ、この名前がつけられている。試合やトレーニングのかたわら、道場隣接の選手寮に居住しながら掃除・洗濯・炊事などの雑務をこなし、興行時は先輩レスラーの荷物運び、リングや客席の設営・撤収、興行中は選手が脱いだ入場コスチュームの片付け、場外乱闘時の観客の安全確保・誘導などを行う[1]。そのヤングライオンたちのリーグ戦をヤングライオン杯といい、若手エースを目指す選手たちの登竜門として知られている。同杯はヤングライオンの充足率が高い年に開催される。生え抜きでない若手選手は定義域に入らないが、オカダ・カズチカのように入団後再デビューを選択した選手はヤングライオンとなる。

ヤングライオン同士の試合は全力疾走での入場や、エルボードロップキックボディスラムなどの基本技で構成し、最後は逆エビ固めで決着するのが慣例となっており、成長とともに大技やオリジナル技を身につけていく。先輩レスラーとの試合でも、先輩レスラーは実力の違いを見せつけるために、あえてフィニッシュホールドを使用せず、逆エビ固めや繋ぎ技でフィニッシュさせる事が多い。

コスチューム[編集]

試合時は黒色のショートタイツとリングシューズの所謂「ストロングスタイルの象徴」が一般的である。ただし、中西学(アマレス・バルセロナ五輪出場)や中邑真輔(総合格闘技)、高橋裕二郎(アマレス・インカレ出場)など、他格闘技で大きな実績を持つ者に対しては変則的である。

卒業[編集]

ヤングライオンは先述の通り、デビューから約3年までの選手の事を指す。しかし、デビューから3年経てば自動的に昇格するわけではない。多くの場合、海外遠征に行くことで「卒業」と定義されるようである。ただし、キャリアのある再デビュー選手等はこの限りでない。

現在のヤングライオン[編集]

  • アレックス・コグリン(新日本プロレスLA道場)
  • 海野翔太
  • カール・フレドリックス(新日本プロレスLA道場)
  • クラーク・コナーズ(新日本プロレスLA道場)
  • 成田蓮
  • 上村優也
  • 辻陽太

入場曲[編集]

  • DASH[2](北村陽之介)
2016年以降、デビューする選手が統一して使用されている曲。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同様の役割は新日本以外の練習生や新人選手でも見られるが、WWEなど海外団体では興行時の雑務は専門のスタッフが行っている。
  2. ^ RMLabel-prowrestle theme list-