ヤン・ガルバレク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤン・ガルバレク
Jan Garbarek
Jan Garbarek Wikipedia.jpg
ベルギー・ハッセルト (2007年)
基本情報
生誕 (1947-03-04) 1947年3月4日(72歳)
出身地  ノルウェー オスロ
ジャンル ジャズ
職業 サックス奏者
担当楽器 ソプラノサックステナーサックスフルート
活動期間 1966年 -
レーベル ECMフライング・ダッチマン
公式サイト www.garbarek.com

ヤン・ガルバレクJan Garbarek 1947年3月4日 - )は、ノルウェーオスロ出身のジャズサクソフォーン奏者。主にソプラノ、テナーサックスを使用し、フルートも演奏する。娘は、シンガーソングライターアンニャ・ガルバレクである。

バイオグラフィ[編集]

1947年、オスロ近郊のミューセンにて、ポーランド人の元・戦争捕虜の父チェスワフ・ガルバレク (Czesław Garbarek) と、農家の娘の母との間に生まれる。

元々は音楽に興味のない少年だったが、14歳の時に偶然ラジオで聴いたジョン・コルトレーンの「Countdown」に衝撃を受け、サックス奏者を目指す。

1960年代末期より、ボボ・ステンソンテリエ・リピダル、アリルド・アンダーセン、ヨン・クリステンセンといった、北欧のミュージシャンらとレコーディングを重ねる。

1970年代後半、キース・ジャレットらとヨーロピアン・クァルテットの活動を行う。

1993年古楽及び現代音楽を得意とする声楽グループ、ヒリヤード・アンサンブルグレゴリオ聖歌をレコーディングしたアルバム『Officium』が大ヒットした。

ECMレコード設立初期より参加しており、現在もレーベルの代表的なミュージシャンの1人として活躍している。

多数の自己名義アルバムを出す他、レーベル内の他奏者とのコラボレーションも多い。また、ECMニューシリーズにも幾つかの作品を残している。

演奏スタイル[編集]

ジョン・コルトレーンに影響を受けサックスを始めたという事もあり、キャリア初期はフリーキーでアヴァンギャルドな演奏が多数見られる。

中期はフリージャズを基調としながらも、耽美的、禁欲的なスタイルが見られるようになる。また、スカンジナビアインド音楽といったエスニック的な要素を取り入れるようになる。

近年はアドリブを極力抑えたミニマルなスタイルである。このスタイルはしばしば、ジャズではなくアンビエントニューエイジと言われることもある。

非常に特徴的な音色を持つ。特に、独特の透明感を持つソプラノ・サックスの音色は他に類を見ない。カーブドソプラノ・サックスを使用している。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

1960年代
  • ヤン・ガルバレク・トリオ&カルテット名義, Til Vigdis (1967年 NJF)
  • 『エソテリック・サークル』 - Esoteric Circle (1969年 Flying Dutchman)
1970年代
1980年代
  • Eventyr(1980年12月録音)(ECM) 1981年
  • Paths, Prints(1981年12月録音)(ECM) 1982年
  • ヤン・ガルバレク・グループ名義, Wayfarer(1983年3月録音)(ECM) 1984年
  • ヤン・ガルバレク・グループ名義, It's OK To Listen To The Gray Voice(1984年12月録音)(ECM) 1985年
  • 『オール・ゾーズ・ボーン・ウィズ・ウィングズ』 - All Those Born With Wings(1986年7月録音)(ECM) 1987年
  • 『レジェンド・オブ・ザ・セブン・ドリ-ムズ』 - Legend Of The Seven Dreams(1988年7月録音)ECM) 1988年
  • アグネス・ビュエン・ガルノスと共同名義, Rosensfole(1988年、1989年録音)(ECM) 1989年
1990年代
2000年代

参加アルバム[編集]

  • Jazz Janmboree 1966 (1966年) - ワルシャワでのジャズ・フェスティバル
  • Jazz Moments (1966年 Sonet) - カーリン・クローグ
  • Syner (1967年 Norsk Jazzforum) - エギル・カプスタード・クワイア&オーケストラ
  • Riedaiglia (1967年 Sveriges Radio) - ゲオルグ・リーデル
  • Othello Ballet Suite (1967年 Sonet) - ジョージ・ラッセル英語版オーケストラ
  • Joy (1968年 Sonet) - カーリン・クローグ
  • Bleak House (1968年 Polydor) - テリエ・リピダル
  • Electronic Sonata for Souls Loved By Nature (1969年 Sonet) - ジョージ・ラッセル
  • Briskeby Blues (1969年 Philips) - ヤン・エーリック・ヴォル
  • The Essence Of George Russell (1970年 Sonet) - ジョージ・ラッセル
  • Live At The Studio (1970年 Auto Grip) - Earl Wilson
  • Trip to Pillargui (1970年 Soul Note) - ジョージ・ラッセル・セクステット
  • Listen to the Silence (1971年) - ジョージ・ラッセル
  • From Erope With Jazz (1971年) - オムニバス
  • Terje Rypdal (1971年 ECM) - テリエ・リピダル
  • ビロンギング - Belonging (1974年 ECM) - キース・ジャレット
  • Luminessence (1974年 ECM) - キース・ジャレット
  • Solstice (1974年 ECM) - ラルフ・タウナー
  • Arbour Zena (1975年 ECM) - キース・ジャレット
  • Sound And Shadows (1977年 ECM) - ラルフ・タウナー
  • Deer Wan (1977年 ECM) - ケニー・ホイーラー
  • Ingentings bjeller (1977年 Polydor) - ヤン・エーリック・ヴォル
  • マイソング - My Song (1977年 ECM) - キース・ジャレット
  • Sol Do Meio Dia (1977年 ECM) - エグベルト・ジスモンチ
  • Of Mist And Melting (1977年 ECM) - ビル・コナーズ
  • December Poems (1977年 ECM) - ゲイリー・ピーコック
  • スリーパー - Sleeper (1979年 ECM) - キース・ジャレット
  • パーソナル・マウンテンズ - Personal Mountains (1979年 ECM) - キース・ジャレット
  • サンシャイン・ソング - Nude Ants (1979年 ECM) - キース・ジャレット
  • Voice From The Past Paradigm (1981年 ECM) - ゲイリー・ピーコック
  • Cycles (1981年 ECM) - デヴィッド・ダーリン
  • Vision (1983年 ECM) - L. Shankar
  • Song For Everyone (1984年 ECM) - L. Shankar
  • Chorus (1984年 ECM) - エバーハルト・ウェーバー
  • O melissokomos (1986年 Minos) - エレニ・カラインドルー
  • Making Music (1986年 ECM) - ザーキル・フセイン
  • Guamba (1987年 ECM) - ゲイリー・ピーコック
  • Pan (1988年 Norsk Plateproduksjon) - アルヴェ・テレフセン
  • Herod Atticus (1988年 Minos) - エレニ・カラインドルー
  • Nattjazz 20 År (1988年 Grappa) - ヤン・ガルバレク・グループで参加
  • Alpstein (1991年 ECM) - パウル・ギーガー
  • Living Magic (1991年 CMP) - トリロク・グルトゥ
  • Music For Films (1991年 ECM) - エレニ・カラインドルー
  • Velkommen Inn (1991年 RCA) - アンニャ・ガルバレク
  • Uncharted Land (1992年 EPIC) - ニールス・ヘニング・オルステッド・ペデルセン
  • Caris Mere (1995年 ECM) - ギヤ・カンチェリ
  • Monodia (2002年) - ティグラン・マンスリアンキム・カシュカシャン
  • Universal Syncopations (2003年 ECM) - ミロスラフ・ヴィトウス
  • Svensk Jazzhistoria Vol. 10 Watch out! (2005年 Caprice) - スウェーデンのジャズの歴史をたどるオムニバスシリーズ。1966年録音。
  • Elixir (2007年 ECM) - マリリン・マズール
  • Stages Of A Long Journey (2007年 ECM) - エバーハルト・ウェーバー

脚注[編集]

関連項目[編集]