ヤン・ステナルード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
No image.svg ヤン・ステナルード American football pictogram.svg
Jan Stenerud
refer to caption
2005年
基本情報
ポジション プレースキッカー
生年月日 (1942-11-26) 1942年11月26日(78歳)
出身地  ノルウェー
アーケシュフース県フェッツン
身長 6' 2" =約188cm
体重 187 lb =約84.8kg
経歴
大学 モンタナ州立大学
AFLドラフト 1966年 / 3巡目全体24位
所属歴
1967–1979 カンザスシティ・チーフス
1980–1983 グリーンベイ・パッカーズ
1984–1985 ミネソタ・バイキングス
受賞歴・記録
スーパーボウル制覇(1回)
第4回
プロボウル選出(4回)
1970・1971・1975・1984
オールプロ第1チーム選出(4回)
1970・1971・1974・1984
NFL 通算成績
フィールドゴール 373/558 (66.8%)
最長 55ヤード
エクストラポイント 580/601 (96.5%)
得点 1,699
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

ヤン・ステナルードJan Stenerud1942年11月26日 - )は、ノルウェーアーケシュフース県フェッツン出身のアメリカンフットボールの元選手である。現役時代のポジションはプレースキッカーAFLカンザスシティ・チーフスに入団後、AFLとNFLが合併し、NFL入りした。1967年シーズンから1985年シーズンまで19年間プレーした。ノルウェー出身者として初めてNFLでプレーしたステナルードは、プレースキッカーとして初めてNFL殿堂入りした。

背景[編集]

ステナルードは、ノルウェーアーケシュフース県フェッツンで生まれ、モンタナ州立大学へスキージャンプの奨学生として、留学した[1][2]。1964年の秋、ステナルードは、フットボールスタジアムの階段でスキージャンプのトレーニングのためにランニングをしていたが、クールダウン時に怪我をしていたフットボール選手とボールを蹴っていた。そこを大学のバスケットボールのヘッドコーチが通りかかり、ステナルードの脚力に気づいた。そのヘッドコーチがフットボールのヘッドコーチにステナルードの存在を教え、チームに合流することになった[3][4]

その後のスキーシーズンが終わるとステナルードは1965年の春キャンプからチームに合流し、その後の試合では当時の大学記録となる59ヤードのフィールドゴールを決め、ライバル大学との試合の勝利に貢献した[3][5]。 ステナルードはその年、フットボールとスキージャンプの両方でオールアメリカに選ばれた[6]

プロ生活[編集]

チーフスのリング・オブ・オナーに掲げられている(アローヘッド・スタジアム

ステナルードは、AFLカンザスシティ・チーフスから3巡目指名を受け、プロ入りした。当時は、他のポジションの選手がプレースキッカーを兼任することが通常であり、プレースキッカー専門の選手として入団した初めての選手となった。ステナルードは当時のキック成功率は5割前後だったのに対して、7割を超える成功率で他のキッカーを圧倒した。

1969年、チーフスは合併前最後のAFLチャンピオンとなり、第4回スーパーボウルに出場した。この試合でチーフスが勝利し、スーパーボウル初制覇を果たしたが、この試合でステナルードは、3本のフィールドゴールを決めてチームに貢献した。この内の48ヤードのフィールドゴールは第28回スーパーボウルで記録更新されるまで、24年間最長記録を保持した。

その後、2チームを渡り歩いたステナルードは、1985年シーズン限りで引退した。

ステナルードはチャーリー・ゴゴラック、ピート・ゴゴラック兄弟とともに、プロフットボールでは最初のサッカースタイルのキッカーであった[7]。それまでのプレースキッカーは、ストレートスタイルであるトーキックで蹴っていたのに対して、インステップキックで蹴っていた。

詳細情報[編集]

年度別成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

年度 チーム

試合
出場
フィールドゴール トライ・フォー・ポイント
企図数 成功数 最長
ヤード
成功率 企図数 成功数 成功率
1967 KC 3 14 36 21 54 58.3 45 45 100
1968 14 40 30 52 75 40 39 97.5
1969 14 35 27 54 77.1 38 38 100
1970 14 42 30 55 71.4 26 26 100
1971 14 44 26 54 59.1 32 32 100
1972 14 36 21 50 58.3 32 32 100
1973 14 38 24 47 63.2 23 21 91.3
1974 14 24 17 50 70.8 26 24 92.3
1975 14 32 22 51 68.8 31 30 96.8
1976 14 38 21 52 55.3 33 27 81.8
1977 14 18 8 37 44.4 28 27 96.4
1978 16 30 20 47 66.7 26 25 96.2
1979 16 23 12 46 52.2 29 28 96.6
1980 GB 10 4 5 3 40 60 3 3 100
1981 16 24 22 53 91.7 36 35 97.2
1982 9 18 13 48 72.2 27 25 92.6
1983 16 26 21 48 80.8 52 52 100
1984 MIN 3 16 23 20 54 87 31 30 96.8
1985 16 26 15 49 57.7 43 41 95.3
AFL&NFL:19年 263 558 373 55 66.8 601 580 96.5
  • 太字は自身最高記録

出典[編集]

  1. ^ Montana's Mt. Rushmore of Sports”. ESPN (2009年2月2日). 2019年12月18日閲覧。
  2. ^ Nuanez, Colter (2013年4月25日). “Hometown Hero: Bobcat legend Jan Stenerud honored by MSU, Pro Football Hall of Fame”. Bobcat Nation. 2019年12月18日閲覧。
  3. ^ a b Stenerud to be honored by Hall of Fame in Bozeman Thursday”. Montana State University Athletics (2013年4月19日). 2019年12月18日閲覧。
  4. ^ “Bobcat legend Stenerud to be honored in Bozeman”. Missoulian. Billings Gazette news services ((Montana)). (2013年4月25日). http://missoulian.com/sports/college/montana/bobcat-legend-stenerud-to-be-honored-in-bozeman/article_552141a8-adcc-11e2-a678-001a4bcf887a.html 2014年1月8日閲覧。 
  5. ^ “Montana State, 24-7”. Eugene Register-Guard. Associated Press (Oregon): p. 3B. (1965年11月7日). https://news.google.com/newspapers?id=t_9VAAAAIBAJ&sjid=HuMDAAAAIBAJ&pg=4553%2C1107659 2019年12月18日閲覧。 
  6. ^ Putnam, Pat (November 4, 1968). “Big kick out of a strange game”. Sports Illustrated: 74. https://www.si.com/vault/1968/11/04/550964/big-kick-out-of-a-strange-game. 
  7. ^ Dave Brady (1970年1月12日). “Super Chiefs Shock Vikings, 23-7”. ワシントン・ポスト. 2020年1月28日閲覧。