ヤン=オレ・ジーバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤン=オレ・ジーバース Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Jan-Ole Sievers
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1995-02-16) 1995年2月16日(23歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツ カールスルーエ
身長 188cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC岐阜
ポジション GK
背番号 43
ユース
-2011 ドイツの旗 カールスルーエSC
2011-2013 イングランドの旗 ボルトン・ワンダラーズFC
2013-2014 ドイツの旗 1.FCカイザースラウテルン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2018 ドイツの旗 1.FCカイザースラウテルン II 34 (0)
2017- ドイツの旗 1.FCカイザースラウテルン 11 (0)
2019- 日本の旗 FC岐阜(loan)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年2月15日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヤン=オレ・ジーバースJan-Ole Sievers, 1995年2月16日 - )は、ドイツカールスルーエ出身のサッカー選手JリーグFC岐阜所属。ポジションはゴールキーパー

来歴[編集]

2011年7月に地元カールスルーエSCのアカデミーからイングランドボルトン・ワンダラーズFCへ移籍。2013年には1.FCカイザースラウテルンのU-19チームに加入。2017年2月7日、1.FCカイザースラウテルンとプロ契約を結んだ[1]

2017年10月25日、DFBポカール2017-20182回戦のVfBシュトゥットガルト戦でトップチーム初出場[2]。12月1日、2. ブンデスリーガ1.FCハイデンハイム戦で負傷したマリウス・ミュラーに代わり途中出場、リーグ戦初出場となった[3]

2018年5月、カイザースラウテルンとの契約を2021年まで延長[4]。2018-19シーズンは正ゴールキーパーとして開幕戦を含む7試合に出場。しかし怪我によってウォルフガング・ヘスルにポジションを奪われると、後半戦からはU-19ドイツ代表のレナート・グリルが起用されるようになり、さらに資金難も重なりクラブはジーバースの放出を決断[5]。2019年2月にFC岐阜への期限付き移籍が発表された[6]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
2016-17 カイザースラウテルン ブンデス2部 0 0 - 0 0 0 0
2017-18 4 0 - 1 0 5 0
2018-19 3リーガ 7 0 - 1 0 8 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2019 岐阜 43 J2 -
通算 ドイツ ブンデス2部 4 0 - 1 0 5 0
ドイツ 3リーガ 7 0 - 1 0 8 0
日本 J2 -
総通算 11 0 - 2 0 13 0

脚注[編集]

  1. ^ der-betze-brennt.de: U23-Torwart Sievers erhält Profivertrag bis 2019, 7. Februar 2017, abgerufen am 8. Februar 2018.
  2. ^ 1. FC Kaiserslautern - VfB Stuttgart 1:1 (DFB-Pokal 2017/2018, 2. Round)”. worldfootball.net. HEIM:SPIEL (2017年10月25日). 2017年10月25日閲覧。
  3. ^ kicker.de: Spielanalyse: 1. FC Heidenheim gegen 1. FC Kaiserslautern, 1. Dezember 2017, abgerufen am 8. Februar 2018.
  4. ^ FCK.de: Jan-Ole Sievers bleibt ein Roter Teufel, 4. Mai 2018, abgerufen am 5. Mai 2018.
  5. ^ 岐阜新加入のドイツ人GKが語るJ参戦「素晴らしい国での大冒険が…」”. サッカーキング (2019年2月11日). 2019年2月15日閲覧。
  6. ^ “ヤン‐オレ・ジーバース選手期限付き移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), FC岐阜, (2019年2月15日), https://www.fc-gifu.com/news_information/43221.html 2019年2月15日閲覧。