ヤーブカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ヤーブカ』(ドイツ語: Jabuka)は、ヨハン・シュトラウス2世が作曲した全3幕のオペレッタである。

目次

初演

1894年10月12日アン・デア・ウィーン劇場で初演された。

構成

  • 第1幕
  • 第2幕
  • 第3幕

登場人物

  • ミルコ・フォン・グラディナス:(テノール)
  • ヴァジル・フォン・グラディナス:(テノール)
  • 豪農ミシャ:(バス)
  • イェルカ(ミシャの娘):(ソプラノ)
  • ペトリヤ(イェルカのおば):(メゾ・ソプラノ)
  • バンボラ(工場主):(バリトン)
  • アニータ(工場主の妻):(メゾ・ソプラノ)
  • ヨシュコ(使用人):(テノール)
  • フランコ(警官):(バリトン)
  • スタコロ:(バス)

近年の演奏状況

シュトラウスの多くのオペレッタ同様、長らく上演されることはなかったが、2005年頃から チェコ・ヨハン・シュトラウス協会が中心となり上演された。