や行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

や行(やぎょう)とは、日本語五十音図における8番目の行をいう。仮名、()、、()、 で構成され、それぞれ日本語の1音節または1モーラを表す。「い」と「え」は、あ行と重複するので空欄とすることが多いが、10世紀以前にはや行えに独自の発音が存在し平仮名も作られていた。

発音[編集]

「や」「ゆ」「よ」は、子音母音から成り、頭子音の音素は/y/または/j/で表される。これらの頭子音はいずれも母音の「」(硬口蓋接近音[j](IPA))の音を短くした半母音である。「い」「え」は母音のみで、頭子音がない。や、ゆ、よ のローマ字表記は日本式・ヘボン式ともに ya yu yo である。

歴史的仮名遣いでは「やう」「いう」「えう」と書いて、それぞれ「ヨー」「ユー」「ヨー」と読む。また、現代でも「言う」や「行く」のことを「ゆう」「ゆく」と発音することがある。以上のことから、や行はあ行拗音であるとも言える。

「や」「ゆ」「よ」の頭子音が有声であり、また「い」「え」には頭子音がないので、や行の仮名に濁点をつけた濁音は存在しない。

拗音[編集]

や行の 「や」「ゆ」「よ」 は、 を除くい段直音(清音のほか濁音、半濁音を含む)を第1字とする拗音(開拗音)の第2字として使われる。このときは、現代仮名遣いでは小さく 「ゃ」「ゅ」「ょ」 と書く。ただし、海上保安庁巡視船名では、小書きにせずに通常の大きさで書くというルールがあるなど、現代でも小さく書かない例もある。

や行の「え」[編集]

現代の日本語には、[j]と母音「」を組み合わせたや行の「え」に当たる音(外来語の「イェ」)が存在せず、また1文字で表記できる仮名もない。音韻上は、10世紀頃にはすでにあ行・や行の「え」の混同が始まり、両者とも「イェ」のように発音されるようになっていき、江戸期にはあ行の「え」に近い発音に変化した。

仮名については、10世紀以前にあ行・や行の「え」の区別が認識され、別個の文字が作られた。しかし、仮名完成から仮名遣いの確立期には、既に両者の発音上の区別が失われていて、使用上の区別も失われ、単なる異体字として扱われるようになった。明治期には、50音図を埋める目的で、や行の「エ」の片仮名が新たに造字された。現在、や行の「え」の仮名が存在しないのは、戦後の仮名文字の整理によるものである。詳細はや行えの項目を参照。

関連項目[編集]