ユウちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ユウちゃん
貯金リス温度計.JPG
初代ユウちゃんの描かれた温度計
対象
分類 官公庁のマスコットキャラクター
モチーフ シマリス
指定日 1962年11月
指定者 郵政省(現:総務省
性別 男の子
テンプレートを表示

ユウちゃんは、1962年から2007年まで使用されていた郵便貯金マスコットシマリスの男の子をモチーフにしている。

由来[編集]

リスが木の実を集めて蓄え、且つその一部は食べ残され発芽し、森を豊かにすることに貢献する習性が、貯金による蓄え及び財政投融資により社会に福利を還元する郵便貯金の役割と近いことから、リスをマスコットとすることが決定した。

略歴[編集]

初代[編集]

1962年11月、郵政省(当時)職員内の公募により、リスのマスコットが決定。翌1963年8月に、約10万通に及ぶ一般公募により「ユウちゃん」と命名された。この際、アメリカやスウェーデンからリスが送られてくるなど大掛かりな催しが行われた。

2代目[編集]

1990年5月に大幅なモデルチェンジ。新キャラクターデザインはサンリオに発注され、初期のデザインより大幅にデフォルメされたものとなった。この時、妹と両親のキャラクターも設定された。1995年には、ユウちゃん・アイちゃんの祖父母が登場。長らく郵便局内の掲示物やノベルティなどで活躍した。なお、妹に関しては1990年8月に、公募により「アイちゃん」と命名されたが、それ以外のキャラクターの名前は設定されなかった。

広義のサンリオキャラクターと捉えることは出来るが、サンリオピューロランドハーモニーランドに現れることはなかった。

廃止とその後[編集]

2007年10月の郵政民営化により、郵便貯金の商品及びサービスはゆうちょ銀行に事実上引き継がれたが、本キャラクターはゆうちょ銀行に引き継がれることなく廃止された。

2016年から、ゆうちょ銀行の広告に本木雅弘扮する「ゆうちゃん」が登場しており[1]、本項の「ユウちゃん」と名前が似ているが、直接関連はない。

参考文献[編集]

『マスコット物語』 1996年7月18日 綱島理友著、スターツ出版刊 ISBN 9784915901232

脚注[編集]

関連項目[編集]