ユウフヨウホウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ユウフヨウホウ
Yu Fuyoho 20040110P1.jpg
2004年1月10日 中山競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1997年3月19日
ラグビーボール
ユウミロク
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 タイヘイ牧場
馬主 (株)アイテツ
調教師 松元茂樹栗東
競走成績
生涯成績 29戦2勝(うち障害競走23戦2勝)
獲得賞金 1億2227万5000円
テンプレートを表示

ユウフヨウホウ日本競走馬2001年中山大障害最低人気で制した。馬名の由来は冠名「ユウ」に「芙蓉峰」。

ラグビーボール、母はカブトヤマ記念優勝馬で優駿牝馬(オークス)2着のユウミロク全兄に長距離重賞3勝のユウセンショウ、半兄に中山グランドジャンプ連覇の名ジャンパーゴーカイ、半弟に障害で落馬6回のマイネルユニバースがいる。

戦績[編集]

デビューは遅く、2000年3月25日中京競馬場で行われた4歳未出走戦。11頭立てで9着に終わるとその後は芝長距離を選んで出走し、計6戦したものの最高が5着と勝ちきれず、半兄ゴーカイの活躍もあってその年の10月にはあっさりと障害入りする。障害デビュー戦は5着に終わるものの徐々に飛越を覚えて4戦目で初勝利。昇級後初戦で3着、2戦目で2着と健闘するが、その後は勝ち馬から大きく離されるレースを続ける。

そして迎えた2001年暮れの中山大障害。10頭立てと少頭数になり、春に中山グランドジャンプ連覇を達成しこのレース2年連続2着の兄ゴーカイが1.8倍の1番人気、東京ハイジャンプ勝ち馬で前走の障害オープンで9馬身差の圧勝したカネトシガバナーが2番人気に推されるなかで、ユウフヨウホウは単勝100倍超の最低人気での出走となる。

レースはスタートからカネトシガバナーが先頭に立つが、3番人気マキハタコンコルドが早々に落馬、4番人気ギフテッドクラウンも大竹柵障害で落馬、カネトシガバナーもハイペースが祟ったのか最終障害で落馬するなど計4頭が落馬する荒れた展開となる。上位人気が次々に競走中止していくなかで、早め先頭に立ったゴーカイの念願の中山大障害優勝なるかと思われたが、最後の直線に賭けたユウフヨウホウが一気に差し切り、ゴーカイに2馬身差をつけて優勝。兄弟での1、2着を達成した。騎乗した今村康成は、初の重賞勝利をJ・GIで果たした。ゴーカイはこのレース3年連続の2着となり、翌年の中山大障害に出走することなくターフを去っている。

ユウフヨウホウは、その後2戦は連続で落馬、それからも掲示板に載ったのは勝ち馬からは5秒離され6頭落馬した2003年阪神スプリングジャンプのみで、2年後の同レースを最後に引退した。結局生涯で勝利したのはわずかに2回、2着も1回だけであり、一発屋であったといえる。

現在は馬術競技馬として名古屋学院大学馬術部に所属。

血統表[編集]

ユウフヨウホウ血統ノーザンダンサー系 / Nearco5×5=6.25%) (血統表の出典)

ラグビーボール
1983 鹿毛
*Nice Dancer
1969 鹿毛
Northern Danser Nearctic
Natalma
Nice Princess Le Beau Prince
Happy Night
Persian Tale
1973 鹿毛
Le Haar Vieux Manoir
Mince Pie
Persian Princess Prince Taj
Esmerald

ユウミロク
1983 黒鹿毛
カツラノハイセイコ
1976 黒鹿毛
ハイセイコー *チャイナロック
ハイユウ
コウイチスタア *ジャヴリン
ミタケ
リュウアコンバツト
1977 黒鹿毛
*インディアナ
Indiana
Sayajirao
Willow Ann
リュウメイン Aggressor
*マイトアンドメイン F-No.19-a
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典