ユウミロク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ユウミロク
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1983年3月26日
死没 2017年10月19日(34歳没)
カツラノハイセイコ
リュウアコンバツト
母の父 インディアナ
生国 日本の旗 日本青森県
生産 三浦牧場
馬主 清水勇之助
調教師 田中良平栗東
競走成績
生涯成績 42戦3勝
獲得賞金 1億583万3800円
テンプレートを表示

ユウミロク日本競走馬父内国産馬)。引退後は繁殖牝馬として供用された。

※競走馬時代の馬齢2000年以前に使用された旧表記(数え年)で記述する。

戦績[編集]

抽せん馬[1]1985年6月札幌競馬場の3歳新馬でデビュー。4戦目で勝ちあがると、1986年の牝馬クラシック戦線にも参戦。特に優駿牝馬では9番人気の低評価であったが、その年の牝馬3冠馬であるメジロラモーヌの2着に入る。その後、フレグモーネによる熱発で体調を崩した時期もあったがそこから立ち直り、翌1987年にはカブトヤマ記念を制し、重賞初制覇[2]。その後も長く現役を務めるものの勝利を挙げることができず、1989年小倉大賞典を最後に引退した。

繁殖牝馬時代[編集]

引退後は、タイヘイ牧場にて繁殖牝馬として供用された。産駒はユウセンショウゴーカイユウフヨウホウの3頭の重賞勝ち馬を輩出し優秀な繁殖成績を収めた。 また、ユウセンショウ、ゴーカイが種牡馬になったこともあり、細々とではあるが、その血を父系にも拡げることにもなった。 2008年に繁殖牝馬も引退し、その後は青森県の塚尾勝安牧場で余生を過ごした[3]。2017年10月19日に死亡[4]

競走成績[編集]

血統表[編集]

ユウミロク血統ハイペリオン系 / Nearco5x4・5=12.50% Hyperion5・5(父内)=6.25%) (血統表の出典)

カツラノハイセイコ
1976 黒鹿毛
父の父
ハイセイコー
*チャイナロック Rockefella
May Wong
ハイユウ *カリム
*ダルモーガン
父の母
コウイチスタア
*ジャヴリン Tulyar
Sun Chariot
ミタケ タカクラヤマ
第三スターリングモアノ一

リュウアコンバツト
1977 黒鹿毛
*インディアナ Sayajirao Nearco
Rosy Legend
Willow Ann Solario
Court of Appeal
母の母
リュウメイン
Aggressor Combat
Phaetonia
*マイトアンドメイン Migoli
Northern Hope F-No.19-a
  • 3代母のマイトアンドメインは、本馬の生産者である三浦牧場の三浦一義が英国留学していた際に購入しともに帰国した馬であった[2]


脚注[編集]

  1. ^ 『優駿』1987年12月号、日本中央競馬会、149頁
  2. ^ a b 『優駿』1987年12月号、日本中央競馬会、148頁
  3. ^ ゴーカイの母、ユウミロクが繁殖生活を引退”. netkeiba.com (2008年9月13日). 2017年10月20日閲覧。
  4. ^ 名ジャンパー・ゴーカイの母ユウミロクが死亡、34歳”. netkeiba.com (2017年10月20日). 2017年10月20日閲覧。